2020年1月28日の東京での開催を皮切りに、2月12日に大阪、そして2月13日には名古屋で行われた「アクロニス全国キャラバン2020」。

おかげ様をもちまして、各会場においては大勢の皆様にご参集頂き、ご好評のうちに終了させて頂きました。ここに御礼のことばと共にご報告申し上げます。

そして次の会場は、杜の都「仙台」へ!

この地でも、アクロニス製品の最新情報、クラウドソリューション、更に新規テクノロジーやソリューションをご紹介させて頂く所存です。

東北地方の皆様、この機会を是非、お見逃しなく!

開催概要は次の通りです。

◆開催日程:
2020年4月23日(木)14:00~17:30(受付開始:13:30)

◆場所:
トラストシティカンファレンス・仙台 Room2+3
 宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー5階
 アクセス⇒ https://bit.ly/2uHR9ww

◆参加費用:
無料(事前登録制)

◆対象:
*アクロニス製品のお取り扱い販売店様、SIer様、サービスプロバイダー様
*アクロニス製品のお取り扱いをご検討中の販売店様、SIer様、サービスプロバイダー様

詳細・お申し込みはこちら⇒ https://bit.ly/2SxSVcm

 

世の中の変革のスピードが日々加速化するこの状況下、ITプロフェッショナルは、あらゆる物事に対する、サイバー攻撃の脅威の進化も更に加速化していることを実感しています。一方、企業の課題は、従業員の生産性の向上、企業収益の向上、および高い顧客満足度の維持しつつも、サイバー攻撃による経済的および社会的ダメージから組織や顧客を保護することにあります。

このことを念頭に置き、2020年以降に起こりうる変化として、次のような10件の事象を予測をすることとします。

 

1. AI/MLを活用した、ITオペレーションとサイバーセキュリティの変化

IDCは、2023年までに人工知能(AI)システムの年間成長率は、28.4%まで成長することを予測しています。今後、サイバー犯罪者によるAIを利用したサイバー攻撃の脅威はますます増加傾向であることを見据え、企業や組織はこの脅威に対するAIベースのサイバーセキュリティ・ソリューションの導入は必要不可欠となり、ここ数年が特に重要な時期であるとされています。またAIベースのソリューションの構築には、そのトレーニングモデルの安全性を確保しながら、論理的に設計する必要性があります。

AIOps(AIを活用した運用)やAISecOps(AIを活用したセキュリティ運用)の時代はすでに始まっており、先進的なITチームやサービスプロバイダーは、顧客や自社内のサイバープロテクションの導入を推進しています。

 

2. 組織の意思決定とデータ操作

​​

Acronis DRaaS Earns Gartner Peer Insights Customers' Choice

高い顧客満足を得ることは、業種業界を問わず、ビジネス推進への最重要事項とされています。理由はその結果が、企業の業績や評判、さらには、オンライン上の「口コミ」へと波及していくからです。今回アクロニスは、2019年10月に発表されたGartner Peer Insightsの、Disaster Recovery as a Service(DRaaS)製品部門で、Customers’ Choiceに選出されました。

さらに、「お客様の声」を集めたGartnerの「Voice of Customer」レポートでは、アクロニスはレポート上にプロファイリングされた全企業の中で唯一、Customers’ Choice Quadrantに選ばれています。(Gartnerレポートのダウンロードはこちら)。

今回、アクロニスのソリューションが実際に顧客から認められたというこの事実は、本年度6月のGartnerレポート上で、Magic Quadrant for Disaster Recovery as a Serviceには含まれていなかったことを考えると特筆すべきこと、と言えます。

 

各位

 

前略 令和元年台風19号の被害は、14都県390市区町村に災害救助法が適用されるなど、広域かつ甚大な被害をもたらしました。この度の災害で被災された皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。

 

アクロニス・ジャパンでは、台風19号の被害に遭われたアクロニス製品をご愛用頂いているお客様へ、Acronis Backup、Acronis True Image、アクロニスブータブルメディアを活用したシステム及びデータ復元方法の簡易ガイド(「令和災害用ブータブルメディア復元ガイド」)を作成致しました。

本内容をご一読頂き、災害復旧の一助としてお役立て頂ければ幸いです。

 

また、アクロニス製品のシステム復旧方法について、ご不明な点などがございましたら、弊社セールスインフォメーションセンター(下記ご参照)までお問い合わせください。

 

あらゆるモノ・コトのデジタル化が急速に進み、データ管理もクラウドの時代が到来している。このような状況下、SIerはどのように差別化を図っていけばよいのか。10月24日に東京で行われた「アクロニス・ジャパン 新クラウドパートナープログラム発表会」では、アクロニスが提案する「ユーザーに響く、競合との差別化を可能にするクラウドデータサービス」と称し、新規クラウドパートナープログラムを発表。また、アクロニスのビジネスパートナーとして4年余り、Acronis Backup Cloudを活用しクラウドバックアップサービスを展開している株式会社アイネットの高橋 信之様が活用事例を紹介した。

 

■クラウドを活用して、新たな事業領域で差別化を図る
2019年10月24日、東京・品川で、「アクロニス・ジャパン株式会社主催 新クラウドパートナープログラム発表会」が開催された。まず始めに、「ご挨拶 アクロニスのクラウド戦略 パートナー様と一緒に創るこれからの10年」と題し、アクロニス・ジャパン株式会社 代表取締役社長 嘉規 邦伸が講演した。嘉規は「アクロニス・ジャパンの今後のビジネスを推進するにあたり、これまでIT業界で培ってまいりました知見と経験を活かしながら、パートナーの皆様と一緒にクラウド戦略を進めていきます」と挨拶を述べるとともに、パートナー企業と協働でビジネスを遂行していくことを強調した。アクロニスはサイバープロテクションのグローバルリーダーとして、世界18ヵ国に30以上の拠点を持ち、145ヵ国5万社以上のパートナーとビジネスを推進。近時、英国のプロサッカークラブであるマンチェスター・シティFCとは、データバックアップとストレージ機能強化のための戦略的パートナーシップを締結。さらに、本年度9月にはゴールドマンサックスから、1億4700万(約159億円)ドルの投資を受けたことを発表した。

平素はアクロニス製品をご愛顧頂き、誠に有難うございます。

この度、Windows、Linux及びMac、仮想環境、クラウド環境、モバイル環境の統合バックアップを実現する、企業向けバックアップソフトウェア製品である「Acronis Backup」の製品名称を「Acronis Cyber Backup 12.5」に変更させて頂くことをお知らせ致します。なお、今回の変更は製品名称のみで製品仕様及びライセンス、価格等の変更はございません。

また、今回の製品名称の変更に伴い、「ライセンス証書(License Certification)」、「納品書(Delivery Note)」、及びアクロニスアカウント内の製品名称表記の変更をまず行い、Acronis.com、アクロニスパートナポータル、その他の資料などを順次変更してまいります。全ての変更が完了するまでにお時間を頂戴致しますことをご了承ください。

引き続き「Acronis Cyber Backup」を、何卒よろしくお願い申しあげます。

― 記 -

変更対象となる製品一覧:

  • Acronis Backup Advanced 12.5(旧)- Acronis Cyber Backup Advanced 12.5(新)※パーペチャルライセンス
  • Acronis Backup Standard 12.5(旧)- Acronis Cyber Backup Standard 12.5(新)※パーペチャルライセンス
  • Acronis Backup Advanced (旧) - Acronis Cyber Backup Advanced (新)  ※サブスクリプションライセンス
  • Acronis Backup Standard (旧)  - Acronis Cyber Backup Standard (新) ※サブスクリプションライセンス

 

iOS 13 upgrade - back up before you update

2019年9月を迎え、Appleが新しいiPhoneをリリースする時期がまたやってきました。熱心なファンはiPhone 11のリリース日である9月10日を待ちきれない様子です。

新製品の発売にはいつも心躍らされますが、カリフォルニア州クパチーノにあるApple社の社員は特に、月替わりを嬉しく感じたことでしょう。なぜならば、8月にニュースの見出しを賑わせたセキュリティ関連の問題ではなく、新製品の発売について言及できるのですから。これまで、iPhoneの情報漏えい問題や、Siriを使用することに伴う盗聴問題などが発覚する中で、強固なセキュリティを売り物にするApple社が、ようやく新製品として今回リリースされるiOSに話題をフォーカスできるようになりました。このiOSは、課題であったセキュリティ面の脆弱性が解消され、発売開始されることとなります。

iOS 13の公式リリースは間もなくであると推測されますが、アップグレードする前に必ず思い出していただきたいのは、専門家の誰もが言及するiOS 12デバイスのデータをバックアップした後でシステムアップグレードを実行することです。

 

iOS 13に期待できること

 

Ransomware takes down airplane parts manufacturer ASCO

 

先般、ベルギーの大手航空機部品メーカーASCO社は、再度、ランサムウェアの標的となり大きな打撃を受けました。同社の製造ラインは1週間以上停止し、現在も再開の見通しが立っていません。このインシデントにより、1,000名余の従業員は有給扱いで自宅待機。同社はマルウェア攻撃による機能停止状態の基幹システムを速やかに回復させるべく、復旧作業を行っています。

残念ながら、マルウェアの脅威への対策が不十分な企業のほとんどが、ASCO社と同じ運命を辿っています。今回のインシデントは、サイバー犯罪者とその被害者との間で行われる争議としてよく見られる傾向を色濃く反映しています。

ランサムウェア対策は企業のセキュリティ対策の最重要課題

―アクロニス・ジャパンの新戦略とそれを支えるソリューションを紹介

 

2019年7月26日に開催されたAcronis #CyberFit Dayの第2部はパートナー様向けのカンファレンスとなりました。新しく代表取締役に就任した嘉規 邦伸がアクロニス・ジャパンの新しい戦略について講演をした他に、3名のスピーカーから、それを支えるAcronisのサイバー・プロテクション・ソリューションと新しくリリースされるAcronis Cyber Cloud 8.0と製品のロードマップを紹介しました。

 

■3本の柱でパートナーを拡大、ビジネスの成長を図る

 

第2部では、まず初めに、6月1日付でアクロニス・ジャパンの代表取締役に就任した嘉規 邦伸が「アクロニス・ジャパンの新戦略」と題して講演しました。嘉規は「前職のBox Japanのパートナー事業責任者で、パートナープログラムをゼロから立ち上げました。アクロニスでも、同じようにパートナーを増やしていきたいと考えています」と述べました。アクロニス・ジャパンは、プラットフォームの提供、エコシステムの構築、クラウドシフトの加速の3つをビジネス戦略の柱として、様々なソリューションを提供できるパートナーを増やしていく考えです。

 

図1.新しいビジネス戦略の3本の柱

 

Acronis #CyberFit Day開催

―マンチェスター・シティとのパートナーシップをご紹介

 

 アクロニス・ジャパンは7月26日(金)に、Acronis #CyberFit Dayを開催しました。イベントではアクロニス・ジャパン 代表取締役 嘉規 邦伸が挨拶、アクロニスの創設者で最高経営責任者のセルゲイ・ベロウゾフが基調講演を行いました。さらに、マンチェスター・シティが所属するシティ・フットボール・グループ APACパートナーシップ担当VPディレクターのステファン・シエプリク氏から、アクロニスとマンチェスター・シティのデータバックアップおよびストレージパートナーシップの内容についてご紹介をいただいた他に、マンチェスター・シティの選手もスペシャルゲストとしてご登壇いただきました。

 

■使命はデジタル世界のためのサイバープロテクションの提供

冒頭、アクロニス・ジャパン代表取締役 嘉規 邦伸が「この9月でアクロニス・ジャパンは10周年、昨年、本社は15周年を迎えました。アクロニスは本業以外にスポーツチームやF1チームの技術支援、十分な教育を受けることができていない地域への学校建設などもサポートしています」と挨拶しました。