データ保護・クライアントバックアップ、OS移行はアクロニスにお任せ

 

 昨今、バックアップ対象のデータも変化し、クラウドへのシフト、エンドポイントデバイスの多様化などが進んでいます。一方で、日々脅威を増すサイバー攻撃への対処、自然災害を想定したDR/BCP対策など企業におけるデータ保護対策の再検討が急務となっています。セミナーではクライアントPCのバックアップ、サーバーOSの移行、仮想環境バックアップを中心に、アクロニス製品の機能を紹介しました。

 

■PCバックアップ用に世界で広く利用されているAcronis Backup 12.5

 2019年8月1日、東京大手町の大手町ファーストスクエアカンファレンスで、アクロニス・ジャパンは「Acronis Backup セミナー データ保護・セキュリティ、クラウドバックアップはアクロニスにお任せ!」を開催しました。

セミナーでは最初に「クライアントバックアップはアクロニスにお任せ!」と題して、アクロニス・ジャパンのパートナー・トレーナーである井本 大貴(いもと だいき)がWindows10への移行計画をどのようにすべきか、また、アクロニスがどのようなソリューションを提供できるかについて講演しました。

 

 

 

CrashPlan users migrate to Acronis

 

日々、250京バイトのデータが創出する現在、ビジネス環境は以前にも増して情報に依存するようになっています。実際、今あるデータの90%は、ここ2年のうちに生成されたものばかりです。このような情報の爆発的増加によってビジネスはさらに成功し、より早く拡大することができますが、そこには複雑さやセキュリティ、コストといった問題も伴います。こうした問題と市場の急速拡大のために、マネージドサービスプロバイダーは現在、データを収集・使用・保存する組織に対し、かつてないレベルの責任を負うようになっています。

 

Acronis acts quickly to counter MDS Vulnerabilities in Intel Processors

 

先般、Intel社のプロセッサに新しいハードウェア脆弱性があることが明らかになりました。これは、CPUの処理速度と性能を向上させる投機的実行におけるセキュリティ欠陥に基づくものです。残念ですが、この最適化には代償が伴ったということです。

Microarchitectural Store Buffer Data(MDS)と呼ばれる一連の脆弱性は、「投機的実行を悪用した攻撃」を可能にします。この攻撃によって、悪意のあるアプリケーションやゲスト仮想マシンは、ロードバッファ、ストアバッファ、ラインフィルバッファなど、CPUのバッファ内に保存されているデータにアクセスできるようになります。そうして、システムの他のセキュリティ制限を回避することができるのです。

CrashPlan by Code42 deletes customer backup history

 

先日、Code42社は、同社のオンラインデータバックアップソリューションである中小企業向けCrashPlanにおいて、幅広いファイルタイプをバックアップの対象外とすることを発表しました。除外対象には、アプリケーションデータ、仮想マシンイメージ、バックアップファイル、システムファイル、クッキー、キャッシュその他が含まれます。(相次ぐファイル除外の対象となるファイルタイプの全リストはこちら

CrashPlanユーザーは、この新たなファイルの除外によって「ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションなど」、特定の種類のファイルしかバックアップや復元ができなくなり、それらを動かすアプリケーション、保護するバックアップファイル、さらに、それらが動作し、テストを行う仮想マシンイメージを、まったく復元することができなくなりました。

 

Cities and government agencies are under attack from RobbinHood

最も広く企業、政府機関、消費者を脅かすマルウェアの1つとして、ランサムウェアは2019年も猛威をふるい続け、ほぼ毎日のように新種が現れています。中でもRobbinHood (原文のまま)と呼ばれる厄介な新種は、つい最近、北米の2都市、ノースカロライナ州グリーンビルとメリーランド州ボルチモアの重要なITシステムをロックし、対応する公共サービスを停止させました。

政府の情報機関はランサムウェアのギャング集団が、最近、地方や地域の行政機関を格好の餌食として積極的に狙うようになっていることを確認しています。というのも都市や郡、州は、できるだけ短いダウンタイムでデータのロックを解除し、構成サービスをオンラインで復帰させたいがために、すぐに高い身代金に応じる可能性が高いからです。

 

WhatsApp gets hacked by spyware

先日Facebookは、人気が急騰している暗号化メッセージサービスWhatsAppで、ユーザーがマルウェア攻撃にさらされる脆弱性を発表しました。攻撃者からの単純な電話によって(応答するかしないかにかかわらず)AndroidとiOSのどちらのスマートフォンにも商用レベルのスパイウェアが埋め込まれ、そのスマートフォンのカメラとマイクロフォンの監視、Eメールとメッセージのスキャン、ユーザーの位置データの盗用が可能になるというものです。

WhatsAppの対応

この脆弱性が明らかにされて間もなく、Facebookのエンジニアたちは消費者向けアプリおよびビジネス向けアプリにパッチを適用し、世界中の15億人にのぼるWhatsAppのユーザーにアプリのアップデート版を提供しました。

発表されたアップデートはこの脆弱性を修正するもので、アプリの以下のバージョンに影響します。

 

Ransomware Continues to Top Cybercrime

 

今日、消費者、企業、公共機関に対する犯罪的なサイバー攻撃がどれだけ蔓延し、破壊的なものになっているかは、技術の専門家でなくともわかります。2019年のマルウェアの脅威で第1位を占めたのはランサムウェアでした。2年前にWannaCry攻撃で世界中の何十万台ものコンピューターに障害をもたらし、はじめて人々に知られるようになったランサムウェアは、現在ではさらに注目を集める存在になっています。最近では 報道番組「60 Minutes」でも別の一連のランサムウェア攻撃を特集しており、その攻撃はアトランタ、ニューアーク、サラソタの地方自治体サービス妨害し、クリーブランド空港およびサンフランシスコ公共交通機関管理センターの業務を停止させました。

 

Acronis banners flying in the historic Fenway Park

 

アクロニスはこれまで15年以上にわたって、新興企業からグローバル企業までのあらゆる規模の組織に革新的な保護を提供しており、データを駆使したプロスポーツおよびモータースポーツ分野の先進的な考えをもつチームも例外ではありません。このようなパートナーシップには、フォーミュラワン、フォーミュラE、英国プレミアリーグサッカー、NASCARのチームも含まれています。

このたびアクロニスは、メジャーリーグベースボール(MLB)の現ワールドシリーズチャンピオンを、先見の明をもつスポーツチームのリストに加えることができました。アクロニスはボストン・レッドソックスによって、サイバー保護のオフィシャルパートナーに選ばれたからです。

5月10日に発表された複数年契約に基づき、アクロニスはデータのレジリエンシーを向上させるための革新的なサイバー保護ソリューションを提供するとともに、舞台裏でも試合中でもレドソックスに恩恵をもたらす、より効率的で安全なワークフローを作り上げていきます。

 

保護ソリューションのホームラン

 

Acronis Now Offers Backup for G Suite and Cryptomining Protection for Businesses

 

新たにリリースされた2つのアップデートにより、アクロニスの企業向けサイバープロテクションの能力は驚異的なレベルに達しました。IT担当者や企業の責任者は、優先すべき他の業務に集中し、データの安全性に関してさらに大きな安心感を得られるようになります。最新のアップデートでは、20を超えるプラットフォームに対するバックアップおよびリカバリサービスに、統合型のG Suite保護を追加しました。さらに、最も増加が著しいマルウェアの1つ、クリプトジャッキングに対する対策も組み込まれています。

それでは、アクロニスのクラウド製品、Acronis Backup ServiceとAcronis Backup Cloudの長所を生かした企業向けサイバープロテクションの能力が、アクロニスによってどれだけ強化されたか詳しく見ていきましょう。

A2 Hosting was shut down by a ransomware attack

 

以前もお伝えしましたが、今の時代、企業が自らサイバープロテクションとディザスタリカバリの戦略を進めていくことが必須です。調査によると、10日以上データにアクセスできなかった企業の93%が、1年以内に破産申請をしているからです。

残念なことに、A2 Hostingの顧客は今、その教訓を厳しい形で学び、A2 Hostingのチームは悪夢のような日々を過ごしました。

2019年4月22日、同社はサービス中断の警告があったことを報告しました。ランサムウェア攻撃により同社のWindowsホスティングサーバの一部が感染し、暗号化されてしまったのです。これだけでも十分なダメージでしたが、攻撃の範囲はそれだけにとどまりませんでした。