現在利用されているほとんどの機器で長期的にアップデートの確認が必要なセキュリティ関連の問題が2017年後半にいくつかありました。
今回は、2017年10月に問題が公表されたほとんどのインターネットに接続して使用する機器で対象となるWi-Fiの脆弱性KRACKについてまとめます。



Acronis Active Protection™ (アクロニス アクティブ プロテクション)は、ランサムウェアの分析技術を使用してシステム上の不規則なプロセスを監視および停止する高度なテクノロジーです。仮に、ランサムウェアが何らかの形であなたのアンチウイルス対策をすり抜けてファイルの暗号化を開始したら、Acronis Active Protection™は、不正な暗号化を検出し、それをすぐに停止させます。さらに、自動的にバックアップがとっていれば最新のバージョンにファイルを復元します。
今回は、この機械学習の仕組みをご紹介いたします。

Acronis True Image 2018 Update2 改善点

先日もご紹介しましたが、Acronis True Image 2018のUpdate 2をリリースしました。
今回は、Acronis True Image 2018 Update 2の「ユーザーエクスペリエンスの強化」、ブートメディアの作成時の機能拡張」、「モバイルデータの安全」などの改善点をご紹介いたします。

Acronisの創設者兼CEOの Serguei Beloussovはミャンマーを訪れ、首都Naypyidaw (ネピドー)の約200km北にある小さな教会、AtaのKyauk Padaung Townshipで新しい小学校を開校ました。この開校を祝うために村中の方々が集まり、民族衣装や風船やダンスなどとともに地元の子供達の興奮と新たな希望で一日を満たしました。

この学校はAcronisによって構築された最初の小学校ですが、弊社によってサポートされた最初の教育プロジェクトではありません。Acronisは世界中の多くの場所で教育、科学、技術を積極的に支援しています。

個人向けバックアップソフトAcronis True Image 2018のアップデート版が2017年11月24日付で公開されています。
アップデートの概要と、アップデート方法について解説します。

今回のアップデートで、Acronis True Image 2018のWindows版のビルド番号は10410、Mac版のビルド番号は10440となります。
現在使用しているAcronis True Imageのバージョンやビルド番号は、使用しているAcronis True Imageを起動し、人のマークのアイコンをクリックして確認します。

 

アクロニスでは個人向けバックアップソフトのAcronis True Image 2018の発売を記念した様々なキャンペーンを展開中です。
この冬も、撮影に関連したキャンペーンを展開中です。 
現在実施中のキャンペーンは「冬の思い出は、おしゃれに撮って残そう、セルフィーをもっとアートに撮れるCASIO EXILIM EX-FR100L WEが当たるソーシャルメディアキャンペーン」です。
本体部分とカメラ部分が分離でき、アートなセルフィーを楽しめると話題のカシオのEX-FR100Lが プレゼントされるバックアップキャンペーンです。

Acronis True Image 2018は、パソコンのバックアップだけでなく、iPhoneやAndroidのスマートフォンのデータをバックアップする事も可能です。
この機能で特に注目なのが、パソコンを持っていないユーザーでも、スマートフォンのデータをアクロニスのクラウドへデータを直接バックアップ出来るという機能です。
今回は、パソコンなしでもバックアップする方法をご紹介いたします。

ロッキーによる攻撃



Lockyは、最も広く拡散しそして活発に活動している悪意のあるランサムウェアのうちの1つです。これは数日前に登場した最新の脅威です。Microsoft’s Dynamic Data Exchange (DDE)を利用しているMicrosoft Wordマクロを含むスパムメールによって、Necursボットネットから配信されています。DDEは共有メモリとデータを使用してMS Officeファイルの電子転送を処理するWindowsの機能です。 
今回は、この新しいLockyについてご紹介します。



ディザスタリカバリ(災害復旧)サービスのバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャであるマーク・ジェイムソンは、世界中のパートナー様やお客様に対し、Acronis Disaster Recoveryソリューションによるビジネスを成長及びデータ保護を提唱し続けています。マークは、nScaled、SunGard Availability Services、Unisys、IBMなどの企業で災害復旧およびIT市場で30年以上の経験を積んでまいりました。
 
Acronisは、サービスプロバイダー様のユーザーでもあるお客様に対し、災害復旧サービス(Acronis Disaster Recovery Service)を提供可能にした、「Acronis Disaster Recovery Cloud」のサービスを発表しました。サービスプロバイダー様を通じて提供される「Acronis Backup Cloud」を利用するお客様にとって、なぜ「Acronis Disaster Recovery Cloud」もまた提供する必要があるのか。今回はその必要性をご紹介いたします。
 


 
2017年のFormula1シーズンは終盤になりました。残り2レースを迎え、チームプリンシパルでもあるフランツ・トストにこれまでのチームの統括並びに来シーズンに向けてのゴールをインタビューしました。