レーシングカーのパワーユニットの変更は、決して珍しいことではありません。スクーデリア・トロ・ロッソは、3年連続でパワーユニットの交換をています。昨年はフェラーリを使用し、今年はルノーです。来年のパワーユニットは日本から来ます。ファエンツァにベースを置くチームはつい先日、ホンダと新しい契約を結びました。そしてスクーデリア・トロ・ ロッソチームプリンシパルでもあるフランツ・トストのコメントにもありますように、トロ・ロッソは、「設計面だけでなく、協力関係からも多くを得ることができる」と期待しています。

メディアではニュースの議論が行われていますが、Acronisは、スクーデリア・トロ・ロッソのIT部門責任者Raffaele Boschetti (ラファエル ボスケッティ)氏と対談し、新しいエンジンサプライヤの準備についてお話をうかがいましたのでご紹介いたします。

Instagramにアップした写真を、手元に残しておきたい!! 
​こういったお客様の声にお応えして今年9月に発表した「Acronis True Image 2018」はInstagramのバックアップに対応しました。

InstagramやFacebookのバックアップに対応したAcronis True Image 2018を使ってバックアップを啓蒙するキャンペーン「冬の思い出は、おしゃれに撮って残そう、セルフィーをもっとアートに撮れるCASIO EXILIM EX-FR100L WEが当たるソーシャルメディアキャンペーン」を開催いたします。



アクロニスの企業向けバックアップソリューションのAcronis Backup 12.5、個人向けバックアップソフトAcronis True Image 2018ではランサムウェア対策機能のAcronis Active Protectionが利用できます。
この機能が2017年9月に発売した個人向けのバックアップソフトAcronis True Image 2018ではAcronis Active Protection 2.0に進化しました。
どのように進化したのか、利用できる環境も含めて解説します。

モータースポーツのデータは、機密性が高く、保護する必要があります。スクーデリア・トロ・ロッソは、データ漏えいを防止しつつ、任意のデバイスからアクセスできるシンプルな方法を必要としていまし た。データは極めて価値の高いものでもあり、チームのパフォーマンスや成功はデータの安全性と整合性に依存しています。スクーデリア・トロ・ロッソは、データを完全に管理しながらも、チームエンジニアや外部関係者と共有し、必要に応じてリモートで消去できるソリューションを必要としていました。
今回は、アクロニスの包括的、セキュアなエンタープライズファイル共有ソリューション「Acronis Files Advanced」の事例を紹介いたします。



Acronis True Image 2018ではmacOS向けの機能が強化されました。
macOSを使い慣れた方には簡単にインストールできると思いますが、今回の機能強化に合わせて初めて利用する方にもわかるように、インストール方法を解説します。

スクーデリア・トロ・ロッソは、ドライバーの カルロス・サインツは、鈴鹿パドックに日差しが差し込む中、日本グランプリを終えて別れを告げました。

個人向けバックアップソフトAcronis True Imageはパソコンのデータをバックアップ出来るだけで無く、スマートフォンやソーシャルメディアのバックアップにも対応しています。
2017年9月にリリースしたAcronis True Image 2018は前バージョンのFacebookに続き、Instagramのバックアップにも対応しました。
今回は、Instagramのバックアップ方法についてご紹介いたします。

Acronis True Image 2018は様々な新機能、改良点を搭載して登場しました。
ランサムウェア対策のAcronis Active Protectionの強化、Mac対応強化、SNSバックアップでのInstagram対応など、多くの新機能・機能強化点があります。
その強化点の中でもユーザーの皆様にデータの保護状態がよくわかるようになった改良点を紹介します。
 

アクロニスとルノー・スポール レーシングは、パリで革新的な技術提携を発表しました。アクロニスは、ルノー・スポール レーシングのITインフラに対しAIベースのクラウド型ストレージ、バックアップ、およびランサムウェア対策のソリューションを提供します。

データ保護は、使用するプラットフォームに関係なく重要です。
Acronis True Image 2018の発売は、Windowsユーザー様からの大きな期待と注目はもちろんですが、Macユーザー様にも注目いただける機能を提供できることはさらに重要だと考えています。
今回は、Macユーザー様のための、Macユーザー様のための機能をご紹介したいと思います。