2019年の予測

 

2018年を振り返ると、ランサムウェアなど、大きな脅威に対する対策として一部にAI(人工知能)や機械学習(ML)が導入され、マルウェアとの戦いに微かな希望の光が見えました。

しかし、2019年の見通しはあまり明るいとは言えません。悪意のある国家組織やサイバー犯罪者が、混乱を起こして他人の犠牲のもとに利益を得ようと、新たなツールや技術を用意して戦いに備えているからです。

ITセキュリティご担当者の皆さん。2019年のマルウェア対策は、かなり苦難の道のりになりそうです。今から傾向をご説明いたしますので、しっかり気を引き締めてご確認ください!

 

サイバー犯罪に国家組織がますます関与

国民国家が、サイバー戦争を地政学的・経済的競争における費用対効果の高い要素として見るようになってきています。これから数か月のうちに、資金力のあるさまざまな国家情報機関が、敵対する政府とその重要なインフラ(電力、水、通信など)ばかりでなく、それらの国の企業や市民を攻撃する新たなマルウェアを開発するでしょう。

そして、サイバー犯罪者が世の中に混乱を起こし、知的財産を盗み、個人データを破壊して詐欺や強請を行って利益を得ることに、多くの人々が加担し、資金を提供することになるでしょう。そうして引き続き、盗聴と攻撃の罠がチップセットやファームウェア、アプリケーション、コミュニティのソフトウェア開発ハブに組み込まれ、マルウェアがテクノロジーのサプライチェーンに紛れ込むことになるはずです。