#CyberFit

MSPs: Start the new year off with time-saving improvements

2020年に学んだことがひとつあるとすれば、それは、時間は貴重だということです。特に、顧客全員の満足度と生産性、保護を常に維持しようとしている場合はなおさらです。マネージドサービスプロバイダー(MSP)には、厄介なプラットフォームやソリューションに時間を割くような暇はありません。信頼性が高く、作業を効率化してくれるテクノロジーなら、新たな問題にも対応することができますし、夕飯に間に合うように帰宅することだってできるかもしれません。

アクロニスは、パートナーとして、MSPの皆様が顧客のサポートに費やす時間を最大限に活用できるよう支援したいと考えています。そこで、Acronis Cyber Cloudの1月リリースでは、いくつかの歓迎すべきUXの改善に加えて、時間節約機能もいくつか実装しています。

MSPの時間と労力を節約

アクロニスのサービスプロバイダー向けプラットフォームの新たなアップデートには、時間節約のウィジェットや機能のほか、必要な情報をユーザーがより素早く取得できるように設計されたディスプレイなどが含まれます。

今回の機能強化によって次のことが可能になり、皆様の負担軽減につながります。

Highlights from Day 2

Acronis Global Cyber Summit 2020が正式に閉幕しました。アクロニス初のハイブリッドオンラインカンファレンスには、世界中から9,000名を超える登録があり、参加者は、70名以上の業界のエキスパートやソートリーダーから、サイバープロテクションの利点を学ぶために集まりました。

2020年のSummit最終日には、さまざまなトピックで有益な情報が共有され、議論が繰り広げられました。プロスポーツチームが直面しているサイバーセキュリティの問題から、サービスプロバイダが効率と収益性を上げるために採用すべきベストプラクティスまで、あらゆることが議題となりました。

2日目のセッション全部を視聴することはできなかった、という人にもチャンスが残されています。この記事で本日のハイライトをいくつか紹介するので、#AcronisCyberSummitの2日目に何が行われたのか、これを読めば一目瞭然です。さらに、アクロニスはITに関わるすべての人にサイバープロテクションへの取り組みについて知ってほしいと考えており、その一環として、Summitの全コンテンツをオンデマンドで公開し、参加者がイベント後にもう一度視聴したり、他の人と共有したりできるようにします。

Highlights from Day 1

10月20日、Acronis Global Cyber Summit 2020のメインプログラムが開始されました。大勢の参加者が世界中のエキスパートやソートリーダーとつながり、参加者しか手に入れることのできない貴重な情報やアドバイス、ネットワーキングの機会を得ました。

1日目のセッション全部を視聴することはできなかった、という人にもチャンスが残されています。この記事で1日目のハイライトをいくつか紹介するため#AcronisCyberSummitの1日目にどのようなセッションが開催されたのか、これを読めば一目瞭然です。また、アクロニスはITに関わるすべての人にサイバープロテクションへの取り組みについて知ってほしいと考えており、その一環として、Summitの全コンテンツをオンデマンドで公開し、参加者がイベント後にもう一度視聴したり、他の人と共有したりできるようにしています。

1日目のハイライトとなった場面の映像を見るには、セッション名または登壇者名をクリックしてください。

翌日にどのようなセッションが行われたか興味をお持ちですか?最終日のイベントもオンデマンドで公開をしていますので、ご覧ください。

A look ahead at Day 2 of #AcronisCyberSummit

Acronis Global Cyber Summit 2020では、インサイトやアクション項目が続々と共有されています。初日となる10月19日(月)には充実したトレーニングおよび認定セッションが開催され、素晴らしいキックオフが行われました。そしてこのサミットの最終日にも、刺激的で有益なプログラムが提供されました。

最終日には、全般的なセッション、トラックを絞り込んだプログラム、参加者に丁寧な指導ができるよう人数を限定したワークショップなど、数多くのプログラムが提供されました。

このページでは、最終日のハイライトを簡単に紹介させていただきます。詳細については、サミット予定表ページをご覧ください。また各セッションの情報や特別ゲストへのインタビューについては、Cyber Summit News Liveをご覧ください。

2020 Acronis #CyberFit Partners Awards

アクロニスコミュニティが本当の意味で特別であること。それは、先週開催されたAcronis Global Cyber Summitの出席者が証明してくれるでしょう。当社は、有益な情報や実際的な戦略、優れたソリューションを共有するために積極的に活動していますが、その成功は、パートナーの皆様の成功の上に成り立っています。

今年で2回目となるこのサミットでは、サイバープロテクションに関するメッセージを広める上で、素晴らしい、また卓越した貢献をされた、世界中の優秀な販売代理店、サービスプロバイダー、VAR(Value-Added Reseller:付加価値再販業者)、ISV企業、OEM企業の皆様を表彰します。

初日のキーノートでは、アクロニスの創業者であり、CEOを務めるSerguei Beloussovより、本年度のAcronis #CyberFit Partners Awardsの受賞企業を発表しました。本年度のサミットはオンラインで開催されたため、昨年のように表彰セレモニーを開催することはできませんが、それでも受賞企業の取り組みをこうして公開することには重要な意味があると、当社は考えています。

31% of companies are attacked by cybercriminals every day

6か月前、新型コロナウイルス感染症の大流行を受け、世界中の組織で、ビジネス運営が劇的に変化しました。リモートワークの開始とともに、あらゆるオフィスから突如、従業員がいなくなりました。ITチームはリモートへの移行を進める上で、新しいサイバーセキュリティの必要性、企業ネットワークへの新規デバイスの接続、プライバシーに関する新たな懸念、その他すべてから新たに生じる予算上の問題、といったさまざまな課題に直面しました。

Introducing Acronis Cyber Backup SCS Hardened Edition

現在、あらゆる組織にとって、データ侵害やデータ損失が深刻な問題となっています。特に機密性の高い情報を取り扱う、国家安全保障(軍・防衛など)、製造業、金融サービスなどの分野の組織にとって、不正侵入やデータ侵害はあるまじき事態であり、発生を未然に防ぐことが極めて重要な課題になっています。これらの分野では多くの組織が、高水準のデータプライバシーとセキュリティを確保するために、他のネットワーク、パブリックインターネット、および統合サービスやオンラインサービスへのアウトバウンド接続から物理的に隔離することで、環境内の攻撃対象領域を削減する「ハードニングされた」エアギャップネットワークを利用しています。

その一方で、残念ながらこの隔離によって、機密性の高い情報を扱う組織が日常業務に利用できるソリューションが限定されるという事態が生じています。このギャップを解消して、不必要に複雑さを増すことなくミッションクリティカルな資産とデータを保護するために、アクロニスは、Acronis Cyber Backup SCS 強化型エディションを発表しました。

AV-TEST examines Acronis True Image 2021 integrated antimalware

アクロニスが、信頼できるバックアップと効果的なサイバーセキュリティとの統合というサイバープロテクションのコンセプトを創り上げた理由は、バックアップソフトウェアの破壊やバックアップエージェントの無効化、そしてバックアップファイルの改ざんに始まるより高度な攻撃をハッカーが繰り出す様子を目の当たりにしたためです。

マルウェア対策機能のないバックアップはもはや不十分であることが分かりました。なぜなら、それではデータの保護を維持できないからです。

同時に、統合されたバックアップ機能を備えていないサイバーセキュリティソリューションも十分ではありません。なぜなら、それでは攻撃を受けた後にユーザーが復元を行う手助けができないからです。しかし、統合型のマルウェア対策はその他のソリューションと同様に、適切だと見なされる前にサイバー攻撃を実際に阻止しなければならないことは言うまでもありません。

 

Acronis True Image 2021: The first complete personal cyber protection solution

今日のデジタル世界では、さまざまな理由でデータを失う可能性があります。必要なデータが誤操作によって削除されるかもしれません。ハードドライブが故障する可能性もあります。そして最近では、通常、バックアップを標的とする攻撃から始まるために復元する方法がなくなるという、果てしない多数のマルウェアの脅威があります。これまでは、そのすべてに対応する単一のソリューションはありませんでした。

Acronis True Image 2021の発売ですべてが変わります。なぜなら、新しいAcronis True Imageでは、高度なサイバーセキュリティ機能がアクロニスの最高の個人向けバックアップと統合されるからです。

その結果が、世界初の包括的な個人向けサイバープロテクションソリューションです。データとデバイスのセキュリティを大幅に向上させながら、保護の管理を容易にし、より手頃な価格になったソリューションです。

Acronis Cyber Cloud - July updates

アクロニスはAcronis Cyber Cloudプラットフォームのリリース周期について、大規模なバージョンベースのリリースを廃止して、新たにMSPサービスプラットフォームに対して月1回アップデートを提供する形に切り替えました。Acronis Cyber Protect Cloudの提供が開始された9.0リリース以降、すでに2回の製品アップデートを実施し、この7月リリースは3回目のアップデートとなります。このような迅速なアップデートで需要が大きいサイバープロテクション機能を多く提供することによって、ユーザーが保護された状態を保ちながらリモートワークに適用できるようにしてきました。

アクロニスは今後、頻度を上げてより小規模な製品アップデートを提供していきます。このアプローチによって、アップデート毎の変更箇所は少なくなり、学習と実装が容易になるため、より早く、より簡単に新機能を採用できるようになります。計画と開発のサイクルが短縮化されるため、現在起きている業務環境の変化にアクロニスがすばやく対処して、最も需要が大きい機能やイノベーションをアクロニス製品で毎月提供できるようになります。