ディザスタリカバリ

Cyberthreat update from Acronis CPOCs: Week of January 25, 2021

アクロニスでは常に、お客様のデータに対する危険を監視し、新たに発見された脆弱性への修正プログラムを適用し、お客様が安全でいられるように、警告や推奨事項を発しています。す私たちのグローバルネットワークであるAcronis Cyber Protectionオペレーションセンター(CPOC)は、最新のサイバー脅威をプロアクティブに検知し、それらを防ぐために、24時間体制で監視をしています。

この取り組みの一環として、大企業へのランサムウェア攻撃や、ビジネスアプリケーションのセキュリティ上の変更など、デジタル環境における最新の脅威情報を動画でお知らせする活動を行っています。最新のニュース速報と分析の一部を以下でご紹介します。
 

Cyberthreat update from Acronis CPOCs: Week of January 18, 2021

アクロニスでは常に、お客様のデータに対する危険を監視し、新たに発見された脆弱性への修正プログラムを適用し、お客様が安全でいられるように、警告や推奨事項を発しています。す私たちのグローバルネットワークであるAcronis Cyber Protectionオペレーションセンター(CPOC)は、最新のサイバー脅威をプロアクティブに検知し、それらを防ぐために、24時間体制で監視をしています。

この取り組みの一環として、大企業へのランサムウェア攻撃や、ビジネスアプリケーションのセキュリティ上の変更など、デジタル環境における最新の脅威情報を動画でお知らせする活動を行っています。最新のニュース速報と分析の一部を以下でご紹介します。

Cyberthreat update from Acronis CPOCs: Week of January 11, 2021

アクロニスでは常に、お客様のデータに対する危険を監視し、新たに発見された脆弱性への修正プログラムを適用し、お客様が安全でいられるように、警告や推奨事項を発しています。す私たちのグローバルネットワークであるAcronis Cyber Protectionオペレーションセンター(CPOC)は、最新のサイバー脅威をプロアクティブに検知し、それらを防ぐために、24時間体制で監視をしています。

 

この取り組みの一環として、大企業へのランサムウェア攻撃や、ビジネスアプリケーションのセキュリティ上の変更など、デジタル環境における最新の脅威情報を動画でお知らせする活動を行っています。最新のニュース速報と分析の一部を以下でご紹介します。

 

 

2019年5月8日(水)~10日(金)、東京ビッグサイト西展示棟で「第21回データストレージEXPO(2019 Japan IT Week春 後期)」が開催されました。このイベントにアクロニスはニューテックと共同で出展、「Newtech Cloud powered by Acronis」を展示しました。ニューテックは1982年の創業以来、RAIDコントローラーの自社開発など企業向けの高信頼性ストレージ製品を開発・販売してきた企業です。アクロニスは2019年4月、同社とサービスプロバイダー契約を締結、Acronis Cyber Cloudを活用したクラウドバックアップシステム「Newtech Cloud powered by Acronis」の提供を5月から開始しました。

展示ブースでは、ニューテックのストレージ製品の他、Newtech Cloudのコーナーも設けられ、簡単で効率的、セキュアなクラウド型バックアップの仕組みを紹介しました。また、アクロニスとニューテックの担当者がブースプレゼンテーションを行いました。

最初にデータの管理に焦点を当てて話したのがアクロニス セールスエンジニア マネージャーの佐藤匡史です。佐藤は「デジタル化が進む中で、重要になっているのがデータの活用です。世界の精密なデジタル化は膨大なデータを生み出します」と語りました。そこで問題になるのが企業は複数のクラウドサービスを使い、個人もスマートフォンで複数のクラウドにアクセスすることで、データが散在し、それ自身での統一管理が難しくなることです。