サイバー脅威

Cyberthreat update from Acronis CPOCs: Week of February 1, 2021

アクロニスでは常に、お客様のデータに対する危険を監視し、新たに発見された脆弱性への修正プログラムを適用し、お客様が安全でいられるように、警告や推奨事項を発しています。す私たちのグローバルネットワークであるAcronis Cyber Protectionオペレーションセンター(CPOC)は、最新のサイバー脅威をプロアクティブに検知し、それらを防ぐために、24時間体制で監視をしています。

この取り組みの一環として、大企業へのランサムウェア攻撃や、ビジネスアプリケーションのセキュリティ上の変更など、デジタル環境における最新の脅威情報を動画でお知らせする活動を行っています。最新のニュース速報と分析の一部を以下でご紹介します。
 

Cyberthreat update from Acronis CPOCs: Week of January 25, 2021

アクロニスでは常に、お客様のデータに対する危険を監視し、新たに発見された脆弱性への修正プログラムを適用し、お客様が安全でいられるように、警告や推奨事項を発しています。す私たちのグローバルネットワークであるAcronis Cyber Protectionオペレーションセンター(CPOC)は、最新のサイバー脅威をプロアクティブに検知し、それらを防ぐために、24時間体制で監視をしています。

この取り組みの一環として、大企業へのランサムウェア攻撃や、ビジネスアプリケーションのセキュリティ上の変更など、デジタル環境における最新の脅威情報を動画でお知らせする活動を行っています。最新のニュース速報と分析の一部を以下でご紹介します。
 

Cyberthreat update from Acronis CPOCs: Week of January 18, 2021

アクロニスでは常に、お客様のデータに対する危険を監視し、新たに発見された脆弱性への修正プログラムを適用し、お客様が安全でいられるように、警告や推奨事項を発しています。す私たちのグローバルネットワークであるAcronis Cyber Protectionオペレーションセンター(CPOC)は、最新のサイバー脅威をプロアクティブに検知し、それらを防ぐために、24時間体制で監視をしています。

この取り組みの一環として、大企業へのランサムウェア攻撃や、ビジネスアプリケーションのセキュリティ上の変更など、デジタル環境における最新の脅威情報を動画でお知らせする活動を行っています。最新のニュース速報と分析の一部を以下でご紹介します。

Cyberthreat update from Acronis CPOCs: Week of January 11, 2021

アクロニスでは常に、お客様のデータに対する危険を監視し、新たに発見された脆弱性への修正プログラムを適用し、お客様が安全でいられるように、警告や推奨事項を発しています。す私たちのグローバルネットワークであるAcronis Cyber Protectionオペレーションセンター(CPOC)は、最新のサイバー脅威をプロアクティブに検知し、それらを防ぐために、24時間体制で監視をしています。

 

この取り組みの一環として、大企業へのランサムウェア攻撃や、ビジネスアプリケーションのセキュリティ上の変更など、デジタル環境における最新の脅威情報を動画でお知らせする活動を行っています。最新のニュース速報と分析の一部を以下でご紹介します。

 

Cyberthreat update from Acronis CPOCs: Week of December 14, 2020

アクロニスでは常に、お客様のデータに対する危険を監視する取り組みや、アップデートをデプロイして新たに発見された脆弱性に対応するために更新を実行し、さらに、お客様の安全を守るために、注意喚起や推奨事項をお知らせしたりする取り組みを行っています。私たちのグローバルネットワーク、アクロニス サイバープロテクション オペレーションセンター(CPOC)は、最新のサイバー脅威をプロアクティブに検知し、それらを防ぐために、24時間体制で取り組んでいます。

この取り組みの一環として、政府施設へのランサムウェア攻撃や、利用者の多いビジネスアプリケーションに存在する新しい脆弱性など、デジタル環境における最新の危険情報を動画でお知らせする活動を行っています。最新のニュース速報と分析を以下でご紹介します。

 

Acronis Cyberthreats Report: 2021 will be the “Year of Extortion”

「歴史から学ばない者は、それを繰り返す運命にある」。こんな言葉がありますが、2020年を繰り返したい人などおそらく一人もいないでしょう。そこで、2020年も終わりを迎えるにあたり、当社のグローバルネットワークであるAcronis Cyber Protectionオペレーションセンター(CPOC)の専門家らが、ここ1年で調査したことや発見したこと、観測したことを、『Acronis Cyberthreats Report 2020(アクロニス サイバー脅威レポート2020年度版)』にまとめました。

アクロニスのお客様とパートナーの皆様に最新情報をお届けすることを目的とした本レポートは、サイバー脅威を24時間365日体制で監視・調査するCPOCによって収集された攻撃や脅威のデータに対する分析に基づいて作成されています。マルウェアのデータは、世界各地の10万を超える一意のエンドポイントで収集されたものです。

レポートの全文では、2020年に多く確認されたセキュリティや脅威の傾向に関する詳細な洞察や、マルウェアファミリーの評価、危険度が高いランサムウェアグループについて説明し、最も成功した攻撃のきっかけとなった脆弱性についても特定しています。

 

Acronis CPOC cyberthreat updates

アクロニスは常に、お客様のデータに対する危険を監視し、新たに発見された脆弱性への修正プログラムを適用し、お客様が安全でいられるように、警告や推奨事項を発しています。脅威の状況は絶えず変化しているため、私たちのグローバルネットワークであるAcronis Cyber Protectionオペレーションセンター(CPOC)は、24時間体制で監視し、マルウェアやウイルス、クリプトジャッキングを事前に検知して、それらの不正プログラムからお客様のデータを保護します。

デジタルの世界での危険についてお客様に情報を伝える取り組みとして、今回、アクロニスのYouTubeチャンネルが加わりました。CPOCが直接、最新の脅威を要約してお伝えする新たな動画シリーズを立ち上げています。

最近あったニュース速報と分析動画の一部を以下でご紹介します(動画は英語のみとなります)。

「知識は力なり」という格言があります。企業は時流に合った的確な対応を行うために、経営に必要な様々な情報を収集し、それを「知識」として活用することが必要です。例えば、データ保護というテーマであれば、その動向、セキュリティ関連技術、サイバー脅威などについての最新情報を、常に意識して把握しておくべきでしょう。その理由は、企業がこれらの情報を経営に必要な「知識」として活用できるかどうかが、企業の存続そのものに関わってくるからです。

ITサービスを提供する立場となると、その重要性は更に増してきます。その理由は、サービスプロバイダーの責務が、クライアントの事業を継続させるために、常に最良のITソリューションを提供する立場にあるためです。これは、サービスレベル契約(SLA)の一つの要件としても挙げられています。

残念ながら、予算や人材、時間的な制約、あるいは新型コロナウイルス「Covid-19」のような不可避の世界的脅威など、私たちの周りには常に、業務最適化や持続的経営の実現に役立てるための情報を入手する際の阻害要因があります。

この度、アクロニスは初めての取り組みとして、無料かつ移動不要のAcronis Cyber Protection Virtual Conferenceを開催します。このバーチャルカンファレンスは、2拠点(第一回目:3月26日北米、第2回目:4月8日欧州)で開催され、ITリーダーや経験豊富なサービスプロバイダーのグループが参加し、その場で、実用的ですぐに実施できる知識を提供し、共有するイベントです。

 

 

世の中の変革のスピードが日々加速化するこの状況下、ITプロフェッショナルは、あらゆる物事に対する、サイバー攻撃の脅威の進化も更に加速化していることを実感しています。一方、企業の課題は、従業員の生産性の向上、企業収益の向上、および高い顧客満足度の維持しつつも、サイバー攻撃による経済的および社会的ダメージから組織や顧客を保護することにあります。

このことを念頭に置き、2020年以降に起こりうる変化として、次のような10件の事象を予測をすることとします。

 

1. AI/MLを活用した、ITオペレーションとサイバーセキュリティの変化

IDCは、2023年までに人工知能(AI)システムの年間成長率は、28.4%まで成長することを予測しています。今後、サイバー犯罪者によるAIを利用したサイバー攻撃の脅威はますます増加傾向であることを見据え、企業や組織はこの脅威に対するAIベースのサイバーセキュリティ・ソリューションの導入は必要不可欠となり、ここ数年が特に重要な時期であるとされています。またAIベースのソリューションの構築には、そのトレーニングモデルの安全性を確保しながら、論理的に設計する必要性があります。

AIOps(AIを活用した運用)やAISecOps(AIを活用したセキュリティ運用)の時代はすでに始まっており、先進的なITチームやサービスプロバイダーは、顧客や自社内のサイバープロテクションの導入を推進しています。

 

2. 組織の意思決定とデータ操作