Acronis(アクロニス):データ バックアップと障害復旧を実現するバックアップ ソフトウェア
カスタマーサポート

カスタマーサービスとサポート

よくある質問:


質問:アクロニスでは、どういったサポートが用意されていますか。

答え:以下のいずれかのオプションを選択することができます。

購入直後30日間の無料サポート(個人および個人事業向け製品のみ): 個人および個人事業向け製品を購入した場合、購入後30日間は標準サポートを利用できます (未登録のプロダクトキーにつきましては、アクティブ化後30日間を無償サポート期間とさせていただきます。)。サポートには、チャットおよび電子メールによるサポートが含まれます。http://www.acronis.co.jp/support/contact-us.htmlにアクセスし、依頼のタイプと製品名(該当する場合)を選択してください。その後、連絡先情報とサポートオプションが表示されます。

インシデントごとのお支払い(Home製品のみ): 個人および個人事業向け製品を購入した場合やAcronis Advantage StandardまたはPremierに登録していない場合は、単一インシデントのサポートを購入できます。依頼のタイプを選択して登録済み製品を選択し、[Buy Pay Per Incident(インシデントごとのお支払いの購入)] をクリックすると、http://www.acronis.co.jp/support/contact-us.htmlから障害ごとのお支払いを購入できます。インシデントごとのお支払いを購入すると、電話サポートおよび優先チャット/電子メールサポートを利用することができます。インシデントごとのお支払いサポートは、1つのサポートケースが終了するまで有効であり、1インシデントにつき約2,000円(20ドル)がかかります。

Acronis Advantageプログラム:すべてのアクロニスの企業・法人向け製品はAcronis Advantageプログラムの一部として購入後1年間のサポートが含まれています。購入後1年間は、Acronis AdvantageのWebページで説明されているオプションでサポートを受けることができます。サポートプログラムの期限が切れた場合、サポートプログラムを更新することで、引き続きサポートとアップグレード保護を受けることができます。

ナレッジベース: それぞれのインシデントに対するサポートの購入や、Acronis Advantageプログラムの契約をご希望されないお客様は、問題解決のためにナレッジベースを利用することができます。さらに、ユーザーのための掲示板(http://forum.acronis.com)で他のアクロニスユーザーからのサポートを受けたり、他のユーザーが投稿したベストプラクティスを活用することで、さらに製品についての情報を得ることができます。

上に移動


質問:アクロニスは無償サポートを提供していますか。

答え:はい。アクロニスでは、個人および個人事業向け製品に対して、製品購入後30日間、保証を提供しています。アクロニスは試用期間中のお客様に対して購入前テクニカルサポートを無償で提供しています。また購入後の登録やプロダクトキーに関するサポートも、プロダクトキーを新規で発行しなければならない場合を除き無償で提供しています。

上に移動


質問:Acronis Advantageサポートプログラムとは何ですか。

答え:Acronis Advantageサポートプログラムは、アクロニス独自の柔軟なサポートサービスを提供するために設計された、マルチレベルサブスクリプション型のサポートおよび保守プログラムです。

次の2つのサポートおよびメンテナンスサブスクリプションプランとインシデントごとのお支払いオプションが用意されています。

  • Acronisアドバンテージスタンダード - 月曜日から金曜日の平日のみ12時間対応、午前8時~午後8時(中央ヨーロッパ標準時)の間、担当のサポート担当者が電話、チャット、電子メールによるサポートサービスを行います。重大なシステムエラーが発生した場合は、サポート担当者が1営業日以内に対応します。
  • 障害ごとのお支払い (Home製品のみ) - アクロニス専任サポート担当者によるサポートをインシデント単位で購入できる、個人および個人事業向け製品をお使いのお客様向けの拡張プログラムです。

※営業時間外は英語での電話またはチャットサポートとなりますのでご注意ください。

有償のサポート以外にも、アクロニスでは無償のセルフサービスオプションをご用意しております。

  • オンライントラブルシュート - エンドユーザーが必要な情報を見つけ問題を解決するために、情報ナレッジベースにすばやくアクセスできるようにデザインされたWebベースツールです。
  • ナレッジベース - アクロニスナレッジベースは既存の問題、よくある質問やアクロニス製品の使用方法および問題解決方法の詳細な手順を蓄積した膨大な量のリポジトリです。

上に移動


質問:Acronis True Image Homeユーザーが利用できるサポートオプションを教えてください。

答え:アクロニスの個人および個人事業向け製品のユーザーは、以下のオプションを利用できます。

  1. 個人および個人事業向け製品を購入した場合、購入後30日間は、標準サポートサービスを利用できます(ライブチャットおよび電子メールサポート)。
  2. インシデントごとのお支払いオプションによってサポートを購入してください。インシデントごとのお支払いサポートの価格は、約2,000円(20ドル)です(ライブチャット、電話、および優先電子メールサポート)。
  3. また、リカバリに関する保証サポートを提供しています。バックアップアーカイブからデータの復元ができない場合は無償でサポートを受けることができます。

利用可能なサポートオプションを受けるにはhttp://www.acronis.co.jp/support/をクリックし、「お問い合わせ」ページからお問い合わせの内容をお選びください。試用版および製品版のアクロニスソフトウェアのサポートを利用するには、アクロニスのWebアカウントにログインし、登録済みの製品を選択する必要があります。その後、連絡先情報とサポートオプションが表示されます。

上に移動


質問:以前のバージョンのアクロニス製品を使用しています。どうすればサポートを利用できますか。

答え:アクロニスでは、最新バージョンと1つ前のバージョンをサポートしています(例えば、Acronis True Image 2016とAcronis True Image 2015をサポート)。各製品の最新バージョンは、http://www.acronis.co.jpの製品ページでご覧ください。以前のバージョンについては、アクロニスナレッジベース(http://kb.acronis.com)を利用するか、アクロニスのフォーラム(http://forum.acronis.com/)でスレッドを参照したり作成したりすることで、有益な記事や解決方法、ヒントなどを見つけられる場合があります。

上に移動


質問:Acronis Advantageプログラムに付属するオプションを教えてください。

答え:一般に、アクロニスソフトウェア機能のすべての機能をサポートしています。さらに、Acronis Universal Restoreを使用して異なるハードウェアに復元したWindowsシステムが起動しない場合など、システム障害の原因がAcronis製品であると判明した場合も対象としています。ただし、以下のオプションはAcronis Acronis Advantageサポートプログラムに含まれないことに注意してください。

  • サードパーティ製品のサポート
  • ネットワークの問題に関する相談
  • ユーザーおよびセキュリティ管理
  • セキュリティに関する評価または提案
  • アーキテクチャ設計

上に移動


質問:サポートはいつから開始しますか。

答え:アクロニスオンラインストア(Cleverbridgeが運営)にて製品を購入いただいた場合は、サポート期間は購入日からはじまります。

小売店で購入したパッケージ版製品(個人および個人事業向け製品および企業・法人向け製品)の場合は、資格をアクティブ化するためにプロダクトキーを登録する必要があります。プロダクトキーは http://www.acronis.co.jp/my/productsにてご登録いただけます。

追加の購入証明が必要になる場合があります。

上に移動


質問:サポートサブスクリプションの期限が切れました。どのようなオプションがありますか。

答え:アクロニス企業・法人向け製品をお持ちのお客様は、Acronis Advantageプログラムサブスクリプションをアクロニスセールスまたはアクロニスパートナーを通じて更新することができます。

個人および個人事業向け製品ユーザーはインシデントごとのサポートを購入するか、http://www.acronis.co.jp/support/にてセルフサービスオプションをご利用いただけます。

上に移動


質問:Acronisアドバンテージプレミアからスタンダードにダウングレードできますか。

答え:はい、サポートプログラムの更新時に可能です。更新の際に、お客様のご希望のレベルのサービスへと変更が可能です。

上に移動


質問:Acronis Advantageプログラムに対して製品とは別のライセンスやプロダクトキーが発行されますか。

答え:Acronis Advantageプログラムに対しては、製品とは別のプロダクトキーは必要ありません。ただし、アクロニス企業・法人向け製品の更新期限を延長するためにはAcronis Advantageプログラムの更新をお申込みいただく必要があります。更新後のサポートプログラムのアップグレードに関する情報をご覧ください。

上に移動


質問:「インシデント」の定義は何ですか。

答え:アクロニスはインシデントを、スコープが限定された技術的な問題と定義します。

上に移動


質問:同じ質問の件で再度アクロニスに連絡する場合、前回のやりとりを参照する方法を教えてください。

答え:すべてのサポート依頼は、アクロニスの社内追跡システム/CRMに記録されています。各サポート依頼には、「ケースナンバー」と呼ばれる固有の識別番号が付けられます。問題が解決するまで、2回目以降のサポートに関するすべてのやりとりでは、この「ケースナンバー」を問われる場合があります。

上に移動


質問:重大度には、どのようなレベルがありますか。

答え:重大度A、B、C、Dの4つのレベルがあります。

重大度レベルA:ビジネス業務に影響を与える深刻な問題。このカテゴリはビジネス業務に大幅に支障をきたす問題を含みます。バックアップの作成、バックアップのリカバリ、バックアップのベリファイ、デプロイ、ディスク管理、製品インストールの失敗、システムの起動不可/クラッシュ、システムパフォーマンスの大幅な低下など、バックアップシステムがダウンしたり、重要な側面で正常に動作しなくなったりしており、バックアップの中核機能が阻害されている状態です。

重大度レベルB:早急に対処しなければならないがビジネス業務には影響していない問題: 接続、集中管理、スケジューラ、起動管理、クローン作成の問題、ブータブルメディア/Secure Zone/格納域の作成、バックアップの前後に実行する操作の失敗など、重要な製品機能が動作しなくなっている状態です。

重大度レベルC:さほど優先度が高くない問題: 製品パフォーマンスの低下、ログ機能のエラー、マニュアルに記載されていない動作、通知の失敗など、製品機能に問題があるものの大半の動作が継続している状態です。

重大度レベルD:比較的軽度の問題: 製品の機能には影響がありません。カスタマーサービス、販売前説明、Webサイト関連の疑問、ささいな操作性、GUIの問題、使用方法に関する質問、製品情報(機能、要件、セットアップなど)の要求などです。

上に移動


質問:サポート依頼を提出した直後に、その依頼はどのように処理されますか。

答え:すべてのサポート依頼は、アクロニスの社内追跡システムに記録されます。特定のコンピュータの特定の問題を対象とする各依頼には、固有の識別番号(「ケースナンバー」)が付けられます。サポート依頼を提出した後、Acronisカスタマーサービスからケースナンバーが記された自動電子メールが送られてきます。

2つの問題を報告すると、サービスのレベルを向上させ、依頼をより効率的に追跡するために、2つの個別のケースが作成されることに注意してください。すでにサポートを依頼した問題に関して追加の支援を受けるためにサポートに連絡する場合は、必ず「ケースナンバー」を提示してください。アクロニスから送信した電子メールに返信する場合は、件名のフィールドを変更しないでください。この件名には依頼の識別情報が含まれており、件名によってアクロニスは既存のケースに経緯を追加することができます。

上に移動


質問:サポート満足度に関するフィードバックを行う方法を教えてください。

答え:http://www.acronis.co.jp/support/feedback.htmlの専用フィードバックページでは、アクロニス製品およびサービスに関するご意見・ご要望を入力いただけます。お客様からのご意見・ご要望をご入力いただけます。提案、苦情、謝意、賛辞など、アクロニスでは、受け取ったフィードバックのすべてを「カスタマリスニングシステム」と呼ばれる社内システムに記録しています。すべてのコメントに対して個別の対応はしていませんが、定期的にフィードバックの確認と分析を行っており、その内容を業務に反映させています。このように、アクロニスは提供する製品とサービスに対して、全体的な顧客満足度を継続的に改善し、向上させることに常に重点を置いています。

上に移動


質問:簡単な質問をする場合、または問題が数分で解決した場合でも、料金は発生しますか。

答え:カスタマサービスに関する質問(ダウンロードの方法、Webサイトや個人アカウントに関する問題、プロダクトキーの照会)については、平日のみ12時間対応の電子メールおよびライブチャットで問い合わせることができます。このサービスに追加コストはかかりません。

すべての技術的なお問い合わせやテクニカルサポートには有効なサポートプログラムが必要となります。

各オプションの詳細については、http://www.acronis.co.jp/support/advantage.htmlをご覧ください。

上に移動


質問:追加のサポートを依頼する必要が生じた場合、同じサポート担当者に連絡することはできますか。

答え:サポート担当者のスケジュールによっては、同じ担当者に連絡できる場合があります。スケジュールが合わずに連絡がとれない場合は、別のサポート担当者がケースステータスを確認し、継続してサポートいたします。すべてのサポート依頼は、アクロニスの社内追跡システム/CRMに記録されています。各サポート依頼には、「ケースナンバー」と呼ばれる固有の識別番号が付けられます。すでにサポートを依頼した問題に関してアクロニスのカスタマーサービスに連絡する場合は、必ずケースナンバーを提示してください。

上に移動


質問:Maxtor MaxBlast 5やSeagate DiscWizard など、OEM製品のサポートを受けることはできますか。

答え:OEM製品はアクロニスの技術に基づいています。これらはAcronis True Imageに比べ機能が制限されており、通常はHDDやその他のハードウェアにバンドルされた状態で販売されています。OEM製品のサポートについては、該当するOEM製品のメーカーにお問い合わせください。OEM製品に関しては、アクロニスナレッジベースによるサポートのみ提供しています。

上に移動


質問:メンテナンス中の企業・法人向け製品に対してどのようにアップグレードを受けることができますか。

答え:アクロニスのWebサイトからお客様のアカウントにログインし、「登録済み製品とダウンロード」に進みます。アップグレードする製品を選び、「アップグレード」タブをクリックします。利用可能な製品を選び、「無料アップグレード」ボタンをクリックします。アップグレードのプロダクトキーは自動的にお客様のアカウントに登録されます。Acronis Backup & Recovery 11.5への詳細なアップグレード手順については以下のナレッジベースの記事をご覧ください。http://kb.acronis.com/content/21364

無料アップグレードを受けるには、お客様のサポートプログラムが有効である必要があります。期限が切れている場合は、無料アップグレードをご利用いただけません。

上に移動


アクロニスのライセンスに関するよくある質問


質問:一般的なライセンスポリシーを教えてください。どうすれば必要なライセンスの数を計算できますか。

答え:アクロニスのライセンスポリシーは、製品をインストールするオペレーティングシステムインスタンスの数に基づいています。例えば、2台の物理コンピュータと1つの仮想コンピュータについて、バックアップ、復元、デプロイ、またはディスク管理操作を実行する場合で、それぞれのマシンに1つずつオペレーティングシステムがインストールされている場合には、アクロニス製品の3つのライセンスが必要です。インストールすべき製品は、インストールされているOSに依存します。例外が3つあります。

  1. Acronis Backup Advanced for VMware、Acronis Backup Advanced for Hyper-V、Acronis Backup Advanced for Citrix XenServer、Acronis Backup Advanced for RHEV、Acronis Backup Advanced for Oracle VMは単一のライセンスを使用して、1台の物理ホストとそのホスト上にある無制限の数の仮想コンピュータを(制限はお使いのマシンのシステム構成によります)バックアップできます。
  2. Acronis Backup for VMwareは「CPU」ごとにライセンスが発行されます。
  3. Acronis Snap Deploy®:コンピュータライセンスを使用すると、そのコンピュータ上で無制限のデプロイが可能です。Acronis Snap Deploy配置ライセンスの場合、各ターゲットコンピュータそれぞれにライセンスが必要です。配置ライセンスはデプロイ後、再利用できません。

上に移動


質問:1台のサーバーをローカルで管理し、2台のサーバーをリモートで管理するために必要Acronis Backup Advanced for Windows Serverのライセンスの数を教えてください。

答え:この場合は、Acronis Backup Advanced for Windows Serverの3つのライセンスが必要です。

上に移動


質問:サーバーが仮想環境にある場合に必要なライセンスの数を教えてください。

答え:ライセンスのタイプによって異なります。Acronis Backup Advanced for VMware、Acronis Backup Advanced for Hyper-V、Acronis Backup Advanced for Citrix XenServer、Acronis Backup Advanced for RHEV、Acronis Backup Advanced for Oracle VMは単一のライセンスを使用して、1台の物理ホスト上にある無制限の数の仮想コンピュータをバックアップできます。Acronis Backup for VMwareは「ホストCPU」ごとにライセンスされており、1台の物理ホストとそのホスト上にある無制限の数の仮想コンピュータを(制限はお使いのマシンのシステム構成によります)バックアップできます。Acronis Backupのその他のエディションでは、1つの仮想コンピュータにつき1つのライセンスが必要です。

上に移動


質問:1台のコンピュータに2つ(またはそれ以上)のオペレーティングシステムをインストールしている場合に必要なAcronis Backupのライセンスの数を教えてください。

答え:Acronis Backupをインストールする各オペレーションシステムに1つのライセンスが必要です。Acronis Backupを1台のコンピュータ上の各オペレーションシステムにインストールする場合、オペレーションシステムの数によって2つ(またはそれ以上)のライセンスが必要となります。なお、コンピュータ上に複数あるオペレーションシステムのうち1つのオペレーションシステムのみにAcronis Backupをインストールした場合でも、コンピュータ全体のバックアップが可能です。

上に移動


質問:Acronisブータブルレスキューメディアを実行するためにライセンスが必要ですか。

答え:はい。この製品をオペレーティングシステムから実行するコンピュータごとに、またはレスキューメディアから起動するコンピュータごとに、1つのライセンスが必要です。

上に移動


質問:Acronis True Image Home製品をビジネス環境で使用することはできますか。

答え:ライセンスについては、ビジネス環境でもAcronis True Image Homeを使用できます。ただし、お勧めはしていません。アクロニスの企業・法人向け製品は、集中管理やリモート管理、ボリュームシャドウコピーのサポート、テープデバイスのサポートなど、ビジネスニーズに対応できるように機能が拡張されています。

上に移動


質問:Acronis Snap Deploy管理エージェントは、インストール(配置ではない)のためにライセンスが必要ですか。

答え:はい。Acronis Snap Deploy管理エージェントをインストールするには、ライセンスが必要です。配置の際にライセンスがすでに割り当てられている場合、同じライセンスが使用されます。

上に移動


質問:すでに所有しているアクロニス製品を別のPCまたはワークステーションにインストールできますか。

答え:元のシステムが廃棄されており、使用していないことが書面で示される場合、既存のライセンスを使用して、ソフトウェアを別のPCまたはワークステーションにインストールすることができます。

上に移動


質問:ライセンスが必要なAcronis Snap Deployのコンポーネントを教えてください。

答え:Acronis Snap Deployは、次の操作を実行する場合、コンピュータ当たり1つのライセンスを必要とします。

  • Acronis Snap Deploy管理エージェントのインストール
  • マスターイメージの配置(ターゲットコンピュータ当たり1つのライセンス)

上に移動


質問:ライセンスが必要なAcronis Backupのコンポーネントを教えてください。

答え:次のコンポーネントにはライセンスが必要です。

  1. Acronisエージェントfor Windows、エージェントfor Linux、エージェントfor ESX/ESXi、エージェントfor Hyper-V
  2. Acronisエージェントfor Exchange、エージェントfor SQL
  3. Acronisブータブルコンポーネントおよびレスキューメディアビルダ

上に移動


質問:Acronis Universal Restore/Universal DeployおよびDeduplicationには個別のライセンスが必要ですか。

答え:アップグレード3以上(ビルド38573)では、Acronis Backup にUniversal Restore 機能が含まれており、Acronis Backup AdvancedライセンスにはUniversal RestoreおよびDeduplication機能が含まれています。

以前のバージョンの製品の場合、Acronis Universal Deploy、Acronis Universal Restore、およびDeduplicationはアドオンであり、個別のライセンスが必要です。これらのインストールの際には本体製品のライセンスも必要です。Acronis Universal Deployはアドオンであり、個別のライセンスが必要です。インストールの際には本体製品のライセンスも必要です。

上に移動


質問:サポート契約なしで、アクロニスの企業・法人向け製品を購入できますか。

答え:いいえ。2009年3月2日以降、アクロニスのすべての企業・法人向け製品には、1年間のAcronis Advantageサポートが付いています。

上に移動


質問:ソフトウェアのコピーを作成できますか。

答え:保管用に、ソフトウェアのコピーを1つ作成することができます。

上に移動


質問:現在のライセンスを、異なる製品や、同じ製品の異なる言語バージョンと交換できますか。

答え:はい、可能です。変更を依頼するには、アクロニスサポート窓口にお問い合わせください。ただし、場合によっては追加料金が発生します。詳細については、サービス取り扱い手数料に関する記事(http://kb.acronis.com/content/14747)をご覧ください。

アクロニス製品の最新版は、同じシリアル番号を使って別の言語でインストールすることもできます。詳細については、以下のナレッジベースの記事をご覧ください。http://kb.acronis.com/content/30316

上に移動


サポートFAQを使用する方法

Acronisカスタマーサービスでは、各アクロニス製品について、最高の技術サポートを確実に提供したいと考えています。しかし、問題を早く解決できるかどうかは、正確な情報がどれくらい提供されるかに大きく依存します。より多くの情報が得られれば、より正確かつ適切に対応することができます。

Acronisカスタマーサービスの活動を理解するためにもこれらを考慮に入れ、アクロニスのサポート担当者による正確かつ迅速な対応を可能にするために役立ててください。


質問:アクロニスのサポートリソースにアクセスする方法を教えてください。

答え:

a.http://www.acronis.co.jp/support/にアクセスします。

b.カスタマーサービス&サポートページでは、質問または問題を素早く解決する情報をアクロニスナレッジベースから検索できる [ソリューションの検索] ボックスが表示されます。

c.[一般的なトピック] には、現在の製品アラートに関する最新情報が表示されます。

d.メインセルフサービスメニューには、一般的な質問に対する回答のリストが示されます。このメニューには、次のセクションがあります。

購入前の質問

製品登録&アカウント

インストール&セットアップ

使い方&トラブルシュート

各種ダウンロード&ドキュメント

アップデート、アップグレード、更新

f.f. サポートが必要な場合は、右列の[サポートへのお問い合わせ]ボタンをクリックしてください。

上に移動


質問:アカウントの作成方法を教えてください。

答え:アクロニスのアカウントを所有している場合で、www.acronis.co.jpページにいる場合は、[ユーザーログイン]タブをクリックし、[お客様のアカウントにログイン]ボックス内の[登録電子メールアドレス][パスワード]を入力してログインします。

アカウントを所有していない場合は、アカウントを作成する必要があります。アカウントを作成するには、下にスクロールして[登録]をセクションに進んでいただくか、または以下のリンクをクリックしますwww.acronis.co.jp/my/#registration

a.必要な情報(姓、名、電子メール、国、パスワード、パスワードの確認)を入力します。

b.その後、アカウント作成確認リンクが示された電子メールが届きます。

c.リンクをクリックしてアカウント作成を確認してください。

上に移動


質問:製品の登録方法を教えてください。

詳細については、次の動画をご覧ください。

答え:アクロニス製品のプロダクトキーを登録するには、製品を登録するアカウントにログインしてください。

アカウントにログインし、画面の左側にある[製品登録]オプションをクリックします。

登録ボックスが表示されます。ここではアクロニス製品のプロダクトキーをコピーして貼り付けることができます。

ボックスにキーを貼り付け、[登録]ボタンを押すだけで、登録プロセスは完了です。

キーが正常に登録されたことを示すメッセージが表示され、[登録済み製品とダウンロード]セクションで確認できるようになります。

上に移動


質問:電子メールで問い合わせる方法を教えてください。

答え:技術的な問題/質問がある場合は、問題が発生している製品の有効なサポートサブスクリプションがあるかどうかを確認します[登録済み製品とダウンロード]セクションで、登録済みの製品を展開し、[サポート]タブでサポートサブスクリプションの[有効期限]を確認してください。

サポートサブスクリプションの詳細については、次のWebページをご覧ください。

http://www.acronis.co.jp/support/advantage.html

カスタマサービス、試用または購入前の問題/質問の場合は、サポートを無償で利用できます。

電子メールでのお問い合わせには、次の手順を実行してください。

1) www.acronis.co.jpにアクセスします。

2) アカウントを使用してログインしていることを確認します。ログインしていない場合は、[ユーザーログイン]タブをクリックし、アカウントを使用してログインしてください。アカウントを持っていない場合は、アカウントを作成してください。

3) Webページの上部にある[サポート]タブをクリックします。

4) [カスタマサービスとサポート]ページで、[お問い合わせ]をクリックします。

5) ステップ1で、[技術的な問題/質問] -> [試用版を使用しています。]/[製品版を使用しています。]/[I am using Online backup service] -> [登録製品を選択]の順に選択します。ログインしていない場合は、このステップでログインを求められます。

6) [電子メール]セクションで、[今すぐ電子メールを送る]を押します。

7) Webフォームの必要なすべてのフィールド([First Name]、[Last Name]、[E-mail]、[Phone]、[Country]、[Serial Number]、[Case Reason]、[Severity]、[Title of a request]、[Question]など)に情報を入力します。

問題に関する説明を詳しく入力してください。

提供される情報が多いほど、より適切に対応できます。アクロニスのサポート担当者が問題を解決できるかどうかは、特定のエラーメッセージだけでなく、問題が発生した条件や状況を理解できるかどうかに依存します。

もっとも良い方法は、次のとおりです。

1:作業環境(問題に関係しているコンピュータの数、それらにインストールされているオペレーティングシステム、インストールされているアクロニス製品およびコンポーネント)を説明してください。

2:エラーメッセージがある場合はその内容を教えてください。スクリーンショットの送信をお願いします。

3:問題の発生に関係しているすべての操作を、順番に説明してください。あまり関係のなさそうなところから最後まで、すべて説明してください。どのような情報でも役に立ち、迅速な問題解決につながります。赤色の星印が付いているすべてのフィールドに入力してください。

8) [Submit]ボタンをクリックします。

[Submit]をクリックすると、ただちにケースが作成され、ケースナンバーを通知する電子メールが届きます。電子メールの受信ボックスを確認してください。

アクロニスサポートセンターは、適時応答します。このため、重複するケースを作成する必要はありません。重複するケースが作成されると、応答に時間がかかるようになる場合があります。ご協力いただきましてありがとうございました

上に移動


質問:ライブチャットサービスを利用する方法を教えてください。

答え:技術的な問題/質問がある場合は、問題が発生している製品の有効なサポートサブスクリプションがあるかどうかを確認します[登録済み製品とダウンロード]セクションで、登録済みの製品を展開し、[サポート]タブでサポートサブスクリプションの[有効期限]を確認してください。

サポートサブスクリプションの詳細については、次のWebページをご覧ください。

http://www.acronis.co.jp/support/advantage.html

カスタマサービス、試用または購入前の問題/質問の場合は、サポートを無償で利用できます。

アクロニスのサポートのライブチャットを利用するには、次の手順を実行してください。

1) www.acronis.co.jpにアクセスします。

2) アカウントを使用してログインしていることを確認します。ログインしていない場合は、[ユーザーログイン]タブをクリックし、アカウントを使用してログインしてください。アカウントを持っていない場合は、アカウントを作成してください。

3) Webページの上部にある[サポート]タブをクリックします。

4) [カスタマサービスとサポート]ページで、[お問い合わせ]をクリックします。

5) ステップ1で、[技術的な問題/質問] -> [試用版を使用しています。]/[製品版を使用しています。]/[I am using Online backup service] -> [登録製品を選択]の順に選択します。ログインしていない場合は、このステップでログインを求められます。

6) 製品を選択したら、[Online Chat]セクションの[Chat Now]を押します。

7) Webフォームの必要なすべてのフィールド([First Name]、[Last Name]、[E-mail]、[Phone]、[Country]、[Serial Number]、[Case Reason]、[Severity]、[Title of your request]、[Question]など)に情報を入力します。

問題の詳細な説明を入力します。

提供される情報が多いほど、より適切に対応できます。アクロニスのサポート担当者が問題を解決できるかどうかは、特定のエラーメッセージだけでなく、問題が発生した条件や状況を理解できるかどうかに依存します。

8) フォームへの入力が完了したら、[Chat Now]ボタンをクリックしてチャットセッションを開始します。

アクロニスサポートへのお問い合わせには、最も迅速で評価が高いライブチャットを使用することをお勧めします。

上に移動


質問:電話サポートの利用方法を教えてください。

答え:アクロニスの電話サポートは、以下のいずれかを持っている場合に利用できます。

  • - 有効なサポートサブスクリプション
  • - 有効なインシデントごとのお支払いサポートライセンス

サポートサブスクリプションの有効期限を確認したり、インシデントごとのお支払いサポートライセンスを購入したりするには、アカウントページの[登録済み製品とダウンロード]セクションにアクセスしてください。


製品の選択後に、[お問い合わせ]ページでインシデントごとのお支払いを直接購入することもできます。

サポートサブスクリプションの詳細については、次のWebページをご覧ください。

http://www.acronis.co.jp/support/advantage.html

電話番号を確認するには、次の手順を実行してください。

1) www.acronis.co.jpにアクセスします。

2) ここで、アカウントを使用してログインしていることを確認する必要があります。ページの右上隅に[マイアカウント]タブが表示されていることを確認してください。表示されていれば、アカウントを使用してログインしています。[ユーザーログイン]タブが表示されている場合は、まずログインする必要があります。その後に、次の手順に進むことができます。

3) Webページの上部にある[サポート]タブをクリックします。

4) [カスタマサービスとサポート]ページで、[お問い合わせ]をクリックします。

5) ステップ1で、[技術的な問題/質問] -> [試用版を使用しています。]/[製品版を使用しています。]/[I am using Online backup service] -> [登録製品を選択]の順に選択します。ログインしていない場合は、このステップでログインを求められます。

6) ここで、[電話]セクションに電話番号が表示されます。

7) 電話番号を確認するには、ここまでの手順を1回実行するだけで十分です。この番号を書き留めておけば、必要に応じて何回でも使用できます。

この「よくある質問」一覧に含まれる質問と答えには法的効力がありません。アクロニスのコンシューマおよびエンタープライズ向けの正式なエンドユーザーライセンス契約をご覧ください。

上に移動


この「よくある質問」一覧に含まれる質問と答えには法的効力がありません。アクロニスのコンシューマおよびエンタープライズ向けの正式なエンドユーザーライセンス契約をご覧ください。

上に移動