Acronis Backup 12.5 Update 3.1 リリースノート

Acronis Backup 12.5 Update 3.1 リリースノート

リリース日: 2018年6月23日

ビルド: 10330

概要

Acronis Backup 12.5は、オンプレミス、リモートシステム、プライベートクラウド、パブリッククラウド、モバイルデバイスのデータを保護する簡単・高速なバックアップソリューションです。3クリックでインストールできます。21のプラットフォームを保護し、4つの暗号化標準。最も近い競合製品よりも2倍高速のバックアップ・復元を提供します。そして、50万社を超える企業がアクロニス製品を利用しています。

Acronis Backup 12.5には、Acronis Backup 12.5 StandardとAcronis Backup 12.5 Advancedの2つのエディションがあります。

Update 3.1の新機能

Update 3の新機能

すべてのオンプレミスデプロイで使用できる新機能

バックアップ

復元

新しい復元オプション [起動モード] によって、Windowsシステムを復元する場合の起動モード(BIOS または UEFI)が決まります。

セキュリティ

新しいシステム設定を組織管理者が利用できます。

アプリケーション

Microsoft Exchange 2010以降、Organization Management 役割グループのメンバーよりも権限の少ないアカウントを使用することで、Exchange Serverのデータをバックアップおよび復元できます。

仮想環境

Acronis Backup アプライアンス

ブータブルメディア

ブータブルメディアで作業しているとき、サポートされている任意のキーボードレイアウトを使用できます。レイアウトのセットは、LAYOUTカーネルパラメータで定義します。

新しいオペレーティングシステムのサポート

Advanced ライセンスでのみ使用できる新機能

バックアップ

特定のテープデバイスとテープドライブを使用するバックアップ計画を設定する機能

アプリケーション

Oracle データベースが実行されているLinuxマシンのアプリケーション認識型バックアップ

管理

Active Directoryの組織単位(OU)に対応するダイナミックグループを作成する機能

Update 2の新機能

すべてのオンプレミスデプロイで使用できる新機能

管理

インストールとインフラストラクチャ

セキュリティ

バックアップのスケジュール設定

バックアップ保存先

アプリケーション

新しいオペレーティングシステムと仮想環境プラットフォームのサポート

操作性の向上

Advanced ライセンスでのみ使用できる新機能

管理

インストールとインフラストラクチャ

操作性の向上

テープのサポート

Update 1の新機能

Acronis Backup 12.5の新機能

Update 3.1で修正された問題

このセクションでは、Update 3.1で修正された問題について説明します。

ビルド 10330で修正された問題

インストールとアップグレード

共通

アプリケーションサポート

Update 3で修正された問題

このセクションでは、Update 3で修正された問題について説明します。

ビルド 10130で修正された問題

インストールとアップグレード

共通

役割と部署の管理

Acronis Storage Node、Acronis Storage、データカタログ

仮想環境

テープ管理

アプリケーションサポート

Update 2で修正された問題

このセクションでは、Update 2で修正された問題について説明します。

ビルド 9010で修正された問題

インストールとアップグレード

共通

Acronis Storage

仮想環境

Acronis Notary(ASign)

ビルド 8850で修正された問題

インストールとアップグレード

共通

役割と部署の管理

ダッシュボード、レポート、およびアラート

AcronisStorage Nodeとデータカタログ

仮想環境

テープ管理

Macエージェント

アプリケーションサポート

Update 1で修正された問題

このセクションでは、Update 1で修正された問題について説明します。

ビルド 7970で修正された問題

インストールとアップグレード

共通