リリースノート

ビルド385302021 年 2 月 16 日

Acronis True Image 2020 Update 4 for Windows

新機能

  • Windows 10 October 2020 Update のサポートを追加。
  • バグの修正とその他の機能強化。

修正済みの問題

  • SEC-2196 非セキュアなフォルダの権限が原因で、ローカル権限の昇格が行われるおそれがありました。この問題には、CVE-2020-10140、CVSS スコア 8.7 (高) が割り当てられました。これを報告してくれた HackerOne の研究者 @adr、@mmg、@vanitas に謝意を表します。
  • SEC-2181 DLL インジェクションの脆弱性が原因で、ローカル権限のエスカレーションが行われるおそれがありました。この問題には、CVE-2020-10139、CVSS スコア 8.1 (高) が割り当てられました。これを報告してくれた HackerOne の研究者 @adr、@mmg、@vanitas、@xnand に謝意を表します。
  • SEC-2721 複数のコンポーネントの DLL ハイジャックの脆弱性が原因で、ローカル権限のエスカレーションが行われるおそれがありました。この問題には、CVE-2020-35145、CVSS スコア 6.9(重大度中)が割り当てられました。これを報告してくれた HackerOne の研究者 @vanitas、@z3ron3、@binary_01 に謝意を表します。
  • SEC-1766 - ソフトリンクの処理が不適切なため、ローカル権限の昇格が行われるおそれがありました。この問題には、CVE-2020-9451、CVSS スコア 5.9 (中) が割り当てられました。これを報告してくれた HackerOne の研究者 @mjoensen に謝意を表します。
  • SEC-1768 ランサムウェア対策マイクロサービスは、サービス間通信を認証しませんでした。この問題には、CVE-2020-9450、CVSS スコア 4.9(重大度中)が割り当てられました。これを報告してくれた HackerOne の研究者 @mjoensen に謝意を表します。
  • SEC-1767 - 非セキュアなフォルダの権限が原因でサービスが拒否される可能性があります。この問題には、CVE-2020-9452、CVSS スコア 4.2 (中) が割り当てられました。これを報告してくれた HackerOne の研究者 @mjoensen に謝意を表します。

このバージョンの既知の問題と制限事項

  • TI-169821 新しいバックアップ形式 *.tibx では、VHD 形式へのバックアップ変換は存在しない。
  • TI-171553 新しいバックアップ形式 *.tibx では、Acronis True Image コンソールを使用したバックアップの移動は利用できない。
  • TI-169548 新しいバックアップ形式 *.tibx では、ローカルバックアップの名前は変更できない。
  • TI-172340 新しいバックアップ形式 *.tibx では、バックアップマウントオプションはサポートされない。
  • TI-172086 「バージョンチェーン」スキームを使用したローカルディスクバックアップの 2 回目以降の起動では、Acronis True Image は完全バックアップの代わりに差分バックアップを作成する。

システム要件

ハードウェア要件:

  • Intel CORE 2 Duo(2 GHz)プロセッサまたは SSE 命令をサポートする同等品

オペレーティングシステム:

  • Windows 10(Windows IoT エディションを除くほとんどのエディション、October 2020 Update を含む) ファイルシステムは、ディスクまたはパーティションのバックアップと復元においてのみサポートされます。
  • Windows 8.1(Windows Embedded エディションを除く)
  • Windows 8(Windows Embedded エディションを除く)
  • Windows 7 SP1(全エディション)
  • Windows Home Server 2011

ベータビルドはサポートされていません。

Windows Embedded、IoT editions、Windows 10 LTSB、および Windows 10 LTSC はサポートされていません。

その他の Windows オペレーティングシステム上でソフトウェアが動作する可能性がありますが、保証されません。

ファイルシステム:

  • NTFS
  • Ext2/Ext3/Ext4
  • ReiserFS(3) ファイルシステムは、ディスクまたはパーティションのバックアップと復元においてのみサポートされます。
  • Linux SWAP ファイルシステムは、ディスクまたはパーティションのバックアップと復元においてのみサポートされます。
  • HFS+**/HFSX ** ディスクの復元、パーティションの復元、クローン作成の操作はサポートされますが、サイズ変更はできません。
  • FAT16/32/exFAT ** ディスクの復元、パーティションの復元、クローン作成の操作はサポートされますが、サイズ変更はできません。

ファイルシステムがサポート対象外または破損している場合も、Acronis Acronis True Image ではデータをセクタ単位でコピーできます。

ストレージメディア:

  • ハードディスク ドライブ(HDD)
  • ソリッドステートドライブ(SSD)
  • ネットワーク上のストレージデバイス
  • FTP サーバー
  • FTP サーバー側がパッシブモードでファイル転送を許可している必要があります。Acronis True Image 2020 は、FTP サーバーに直接バックアップするときにバックアップを 2 GB ずつのサイズのファイルに分割します。
  • CD-R/RW、DVD-R/RW、DVD+R(2 層ディスクの DVD+R を含む)、DVD+RW、DVD-RAM、BD-R、BD-RE
  • USB 1.1/2.0/3.0、USB-C、eSATA、FireWire(IEEE-1394)、SCSI、および PC カードストレージデバイス

ダイナミックディスクを操作する場合の制限事項:

  • ダイナミックディスクでの Acronis Secure Zone の作成はサポートされていません。
  • ダイナミック ボリュームをダイナミック ボリュームとしてリカバリするときに、手動でサイズを変更することはできません。
  • Try&Decide®を使用してダイナミックディスクを保護することはできません。
  • 「ディスクのクローン作成」処理は、ダイナミックディスクではサポートされていません。
ビルド260102021 年 2 月 16 日

Acronis True Image 2020 Update 4 for Mac

新機能

  • バグの修正とその他の機能強化。

修正済みの問題

  • SEC-2071 非セキュアなフォルダの権限が原因で、ローカル権限の昇格が行われるおそれがありました。この問題には、CVE-2020-25593、CVSS スコア 6.4 (中) が割り当てられました。これを報告してくれた HackerOne の研究者 @theevilbit に謝意を表します。
  • SEC-2309 非セキュアなサービス構成が原因で、ローカル権限の昇格が行われるおそれがありました。この問題には、CVE-2020-25736、CVSS スコア 6.0 (中) が割り当てられました。これを報告してくれた HackerOne の研究者 @theevilbit に謝意を表します。

このバージョンの既知の問題と制限事項

  • TI-172482 一時停止したバックアップに対して、ファミリーダッシュボードで正しくない OK ステータスが表示される。
  • TI-169678 タッチバーでレプリケーションがサポートされていません。
  • TI-167900 [レプリカ] タブに「レプリケーション実行中... 1 分未満」と表示されるが、レプリケーションが 1 分以上継続する。
  • TI-147647 2 つ以上の APFS コンテナを含むディスクのクローン作成をしている場合に、クローン作成が失敗し、エラー「APFS コンテナを作成できません」が発生します。
  • TI-50437 マスクによる除外では、名前に UTF 記号が含まれるファイルが除外されない。

システム要件

オペレーティングシステム:

  • macOS Catalina 10.15
  • macOS Mojave 10.14
  • macOS High Sierra 10.13
  • macOS Sierra 10.12
  • OS X El Capitan 10.11

ファイルシステム:

  • APFS
  • HFS+
  • Core Storage
  • FAT32
  • NTFS(Boot Camp を含む)

サポートされていない構成:

  • RAID 各種
Build Path - Where the CHM file is located