リリースノート

ビルド392162021 年 3 月 30 日

Acronis True Image 2021 Update 5 for Windows

Acronis True Image 2021 Update 5 for Windows の新機能

  • バグの修正とその他の機能強化。

修正済みの問題

  • TI-223654 クリーンアップウィザードにクラウドレプリカのバージョンが表示されません。
  • TI-223544 Web Restore への自動ログインが機能せず、資格情報を手動で入力する必要があります。

セキュリティー更新の詳細については、 ナレッジベースのページ (https://kb.acronis.com/content/68061) を参照してください。

このバージョンの既知の問題と制限事項

  • TI-172086 [バージョンチェーン] バックアップスキームでは、2 回目のバックアップの起動時に完全バックアップではなく差分バックアップが作成されます。
  • TI-173652 USB ドライブが処理中に切断された場合、Acronis Cloud からの USB ドライブバックアップのリカバリに対するエラーメッセージが表示されません。
  • TI-196935 ダウンロードした特定のサイズのマルウェアファイルは「Failed to add to quarantine(検疫に追加できませんでした)」というエラーで検疫できません。
  • TI-204749 チェーンの以前のバックアップの一部が Windows エクスプローラーから削除された場合、完全バックアップのバックアップ検証が失敗します。
  • TI-206001 マップされたネットワークドライブでの完全なウイルス対策スキャン中に検出されブロックされたマルウェアファイルを検疫できません。

システム要件

ハードウェア要件:

  • Intel CORE 2 Duo(2 GHz)プロセッサまたは SSE 命令をサポートする同等品

オペレーティングシステム:

  • Windows 10(Windows IoT エディションを除くほとんどのエディション、October 2020 Update を含む) ファイルシステムは、ディスクまたはパーティションのバックアップと復元においてのみサポートされます。
  • Windows 8.1(Windows Embedded エディションを除く)
  • Windows 8(Windows Embedded エディションを除く)
  • Windows 7 SP1(全エディション)
  • Windows Home Server 2011

ベータビルドはサポートされていません。

Windows Embedded、IoT editions、Windows 10 LTSB、および Windows 10 LTSC はサポートされていません。

その他の Windows オペレーティングシステム上でソフトウェアが動作する可能性がありますが、保証されません。

ファイルシステム:

  • NTFS
  • Ext2/Ext3/Ext4
  • ReiserFS(3) ファイルシステムは、ディスクまたはパーティションのバックアップと復元においてのみサポートされます。
  • Linux SWAP ファイルシステムは、ディスクまたはパーティションのバックアップと復元においてのみサポートされます。
  • HFS+/HFSX ディスクの復元、パーティションの復元、クローン作成の操作はサポートされますが、サイズ変更はできません。
  • FAT16/32/exFAT ディスクの復元、パーティションの復元、クローン作成の操作はサポートされますが、サイズ変更はできません。

ファイルシステムがサポート対象外または破損している場合も、Acronis Acronis True Image ではデータをセクタ単位でコピーできます。

ストレージメディア:

  • ハードディスク ドライブ(HDD)
  • ソリッドステートドライブ(SSD)
  • ネットワーク上のストレージデバイス
  • FTP サーバー

    FTP サーバー側がパッシブモードでファイル転送を許可している必要があります。Acronis True Image 2021 は、FTP サーバーに直接バックアップするときにバックアップを 2 GB ずつのサイズのファイルに分割します。

  • CD-R/RW、DVD-R/RW、DVD+R(2 層ディスクの DVD+R を含む)、DVD+RW、DVD-RAM、BD-R、BD-RE
  • USB 1.1/2.0/3.0、USB-C、eSATA、FireWire(IEEE-1394)、SCSI、および PC カードストレージデバイス

ダイナミックディスクを操作する場合の制限事項:

  • ダイナミック ディスクでは、Acronis Secure Zone の作成はサポートされていません。
  • ダイナミック ボリュームをダイナミック ボリュームとしてリカバリするときに、手動でサイズを変更することはできません。
  • Try&Decide®を使用してダイナミックディスクを保護することはできません。
  • 「ディスクのクローン作成」処理は、ダイナミックディスクではサポートされていません。
ビルド392292021 年 3 月 30 日

Acronis True Image 2021 Update 5 for macOS

Acronis True Image 2021 Update 5 for macOS の新機能

  • Apple シリコンプロセッサのサポート。
  • バグの修正とその他の機能強化。

修正済みの問題

  • TI-219860 「起動ディスク」設定を使用して Acronis True Image レスキューメディアドライブからシステムを起動するには、ユーザーは作成後にブータブルメディアを取り出し、ターゲットとして設定する前に再挿入する必要がありました。
  • TI-218319 インストール後、古くなったサードパーティのドライバが Mac にインストールされている場合、Acronis True Image はユーザーに定期的な再起動を要求します。
  • TI-222365 サードパーティアプリケーションのメンテナンスバージョンが、脆弱性スキャン中に無視されました。
  • TI-221442 特定のフォルダのアクセス権は、このフォルダの回復後に復元されませんでした。

セキュリティー更新の詳細については、 ナレッジベースのページ (https://kb.acronis.com/content/68061) を参照してください。

このバージョンの既知の問題と制限事項

  • TI-153455 ターゲットドライブに十分なスペースがない場合でも、クローン作成が失敗しません。
  • TI-167808 macOS マウントツールが、リカバリ後にブートキャンプパーティションをマウントできません。
  • TI-196935 ダウンロードした特定のサイズのマルウェアファイルは「Failed to add to quarantine(検疫に追加できませんでした)」というエラーで検疫できません。

システム要件

オペレーティングシステム:

  • macOS Big Sur 11
  • macOS Catalina 10.15
  • macOS Mojave 10.14
  • macOS High Sierra 10.13
  • macOS Sierra 10.12
  • OS X El Capitan 10.11

ファイルシステム:

  • APFS
  • HFS+
  • Core Storage
  • FAT32
  • NTFS(Boot Camp を含む)

    NTFS ファイル システムではディスクにデータをバックアップできません。ただし、この種類のファイル システムに存在するバックアップからデータをリカバリすることはできます。

サポートされていない構成:

  • RAID 各種
Build Path - Where the CHM file is located