1000枚もの思い出写真があなたのポッケの中に。そのデータ、保護していますか?

近年のAcronis(リンク)の調査によると3割の人が何かしらのデータ喪失を経験しているにも関わらず22%の人がコンピュータやスマートフォンをまったくバックアップしていないのが現状です。

火事や自然災害が起きた際に家から持って避難するものの中には、アルバムやビデオ、重要な書類やジュエリーなどが頭に浮かぶのではないでしょうか。これら物理的なものは大変大切なものだと皆、認識しています。普段使って触って見ているものは生活に大切なもので、それらを守りたいと思うことはとても自然なことです。

私たちのデジタルデータも同じ価値を持っています。膨大な写真やビデオ、重要な書類に仕事のファイルはデジタルの形態をとり、私たちのスマートフォンやタブレット、デスクトップやノートパソコンに保存されています。私たちの生活はデータ化されているのです。 

デジタルライフをどのように守るのか?

実際、45%の人が写真やビデオがほかのどのデータよりも重要であると回答しています。しかしながら、膨大な量のデータがスマホに保存されていても、常にデータ保護について考えているわけではないと思います。これが大半の人にとってのトラップになるのです。

障害やデバイスの紛失、その他デバイスの盗難などにより永遠にデータが失われることがあります。アップグレードの失敗やスマートフォンの盗難、野球の試合にスマホを忘れてきてしまった、キーボードにコーヒーをこぼした、スマホと一緒に海水浴をしてしまったなどなどデータを失ってしまうような場面は数え切れないほどあるのです。

物理的なものの損失を常に防ぐことはできませんが、デジタルライフに関しては新しいクラウドバックアップソリューションにより、もし何か万が一問題が起きたとしてもすぐに写真、ビデオ、書類、アプリケーション、パスワード情報、設定、連絡先、予定表などを含めたPCやMacに保存されているすべてのデータ、およびモバイルデバイスの中のコンテンツをボタン一つで復旧することが可能です。

もしあなたがお持ちのデータを確実に保護したいと考えるなら、正しいバックアップソリューションを使う必要があります。

  • モバイルデバイスの保護は出来ていますか? – 39%の人が5台以上のデバイスを持っています。バックアップソリューションはAndroid、iPhone、iPad、Windowsデバイスなどの最新の人気モバイルデバイスに対応している必要があります。
  • すべて一元管理できていますか? –バックアップテクノロジーによるデータ保護ソリューションはこのマルチデバイス時代、簡単に使えることが必須です。 複数デバイスのバックアップやリカバリをオンラインで一元管理し、いつでもどこからでも復元できる必要があります。
  • ローカルとクラウド、両方にデータを保管することが可能ですか? – 完全なデータ保護はクラウドとローカルストレージへ二重にバックアップ出来る必要があります。デバイスのみや1箇所のクラウドストレージのみではなく、ローカルとファイルの種類やサイズに制限のないクラウド双方にバックアップすることで確実にデータを保護することができます。

 

あなたのデジタルライフの価値はいくらくらいですか?5000円?1万円?10万円、もしくはそれ以上でしょうか。我々の調査では多くの人が個人データの価値は10万円以上であり、データ喪失の際はその金額を払う意思があると回答しています。これは現在の最適なバックアップソリューションと比較すると大きな金額であり、またバックアップソリューションを活用していれば大切なデータを喪失した際のストレスを感じることもありません。大切なデータやデジタル化された思い出の喪失は、起きるか起きないか、ではなくいつ起きるかです。手遅れになる前にAcronis True Image Cloudの無料体験版をお試し下さい。

アクロニスは2015年10月17日(土)にApple User Group Meeting (AUGM) 2015 Tokyoならびに2015年10月24日(土)にApple User Group Meeting (AUGM) 2015大阪にてMacユーザー向けに製品の説明およびデモを行っております。両イベントとも参加は無料です。皆様のご来場をお待ちしています。