AI、クラウド、IoT、エッジ、5G: データの山の生成 – #IDCDirectionsの調査結果から

Generating Mountains of Data - Thoughts from #IDCDirections

現在、ほぼあらゆる産業のあらゆるレベル、業界、さまざまな使用事例、そしてほぼすべてのチーム内において変化が起きているエキサイティングな時代です。経理や人事、セールス、マーケティング、製造ライン、倉庫の在庫管理システムに至るまで、あらゆるものが機器で制御され、データが収集・分析されています。「計測できないものは制御できない」というトム・デマルコの名言が、擦り切れてしまいそうなぐらいです。

先日、アクロニスチーム数名でIDC Directions 2019に参加しました。毎年開催されるこのイベントでは、IDCのアナリストコミュニティがクライアントを迎え、ハイレベルな調査概要を発表し、テクノロジーが進んでいく方向、猛スピードで迫りくる未来に対して個人や各組織が準備できることについて意見を発表します。

これはとても有益な場です。

 

来るデジタル変革

クラウドコンピューティングによって、単にコスト効率よくデータを保存するだけでなく、自由にデータを分析して価値を引き出すことができるようになりました。もういい加減聞き飽きたと思われるかもしれませんが、それでも「デジタル変革」を求める動きは現実です。事実、IDCは今年のデジタル変革に伴う支出は1兆2,500億ドルに上ると見ています。

この日、多くの会話やセッションの中で、デジタル変革の事例が共有されました。大規模な小売店のターゲット社が、毎日、何千という店舗に2つから4つの新たなソフトウェアアップデートをプッシュ配信するというものから、クルーズ会社のカーニバルクルーズライン社が乗客にデジタル体験を楽しんでもらおうと、クルーズ中、船内のどこでも使えるパワフルなワイヤレス端末を提供したというものまで、実にバラエティ豊かでした。

そして、この変革はまだ始まったばかりです。IDCは、2019年にどれほどの支出がデジタル変革に充てられているか、その一例を示しました。

  • 遠隔ヘルスモニタリング(40億ドル)
  • 組立製造業の自動オペレーション(370億ドル)
  • サイバー脅威の検知および防御 (26億ドル)

これらすべての使用事例において保管・分析用のデータが生成され、場合によっては長期間の保存が必要になります。

近隣とコミュニティ

2021年には310億の「モノ」がエッジ(ネットワークの末端)へとつながります。すべてのモノが、サービスを提供する700万のエッジから3万9,000のコアデータセンターにデータを送ります。エッジが登場して、組織は困難に直面し、データが持つ力をコントロールしていくことになります。

一部の企業や産業にとっては、それは生きるか死ぬかの問題となるでしょう。なぜなら、競争力をつけるためにプロセスを変化し、増加する規制に対応し、カスタマーエクスペリエンスを向上させ、サイバーセキュリティの脅威から守り、かつてライバルであった相手を新しい「近隣」のパートナーに変えて、共に拡大するプラットフォームのコミュニティに参加する必要があるからです。

Neighborhoods and Communities

オープニングの基調講演でIDCのチーフアナリストのフランク・ジェンズは、私たちは「プラットフォームとコミュニティ」の時代に突入しており、クラウド、モバイル、ソーシャル、ビッグデータなど、この10年で開発された技術はその不可欠な要素となっていくだろうと述べました。この重要なコンセプトは、最も広く共有されているものの1つです。次の時代にはAIやIoT、ブロックチェーン、ナチュラルインターフェースによってイノベーションが大規模に加速化し、こうした技術力を飛躍的に拡大させるでしょう。

 

Tech Steps

フランクはさらに、2022年までにはすべての新しいアプリの90%が、マイクロサービスアーキテクチャを搭載し、生産性向上アプリの35%がクラウドネイティブになるという調査結果を報告しました。また、2018 年から2023年までの間にソフトウェア開発業者は5億に上る新しいアプリを開発するだろうと述べました。これは過去40年間で開発されたアプリの数に匹敵します。

Microservices

 

私たちを阻むもの

推定で70%の組織が有能なIT人材の発掘に苦しんでいます。たとえば今、IT企業で必要なスキルトップ5は、サイバーセキュリティおよびデータセキュリティ、ITサービスマネジメント、クラウドソリューションおよびテクノロジー、そしてデータ分析ですが、それらのスキルを持った人材はどれも見つけるのが非常に難しく、能力の高い人材には費用がかかります。しかし彼らには、ITをエッジで成功させることができるスキルと経験があるのです。

IDCは、エッジで成功するため3つのカギとして、「障害のない接続」「摩擦のない資産配分」「障害のないオペレーション」を挙げました。

1つのロケーションにおいて、組織環境を配備して管理するデータセンター、インフラ、ネットワーク、チームのすべてを完全にコントロールしなければならない場合、IT運用は困難なものになります。

エッジによって、ネットワーク接続 、インフラを配備する作業員のスキル、多数のソフトウェアツールの管理、世界中のエッジのベンダーなど、数えきれないほどの領域で潜在的な摩擦が生まれます。「摩擦なし」になるためにそうした障害を低減するという強力なコンセプトは、優れたプラットフォーム、ソフトウェア、自動化、インフラ、そして人々にかかっているのです。

最後に

どんな組織も単独で存在しているわけではなく、デジタル時代への変換の必要性は迫っています。つまり、皆さんと皆さんのリーダーは、覚悟を決めて組織の文化、戦略、財政、プラットフォームを近代化し、貴重なデータの山を生成するエッジという現実に適応していく必要があるのです。

アクロニスのパートナー、そしてパートナーがクライアントに提供するアクロニスのソリューションは、あらゆる規模の組織がデータを守り、一部では組織変革を行う助けとなっています。Acronis Service Provider Program の詳しい情報、またはパートナーを見つけるにはここをクリックしてください。