バックアップの状況をメール通知してリアルタイムに確認

Acronis True Image 2017のようなバックアップソフトは、初期設定が終われば自動的にバックアップが行われデータが保護されます。
その後は基本的に何も設定する必要がありません。

しかし、バックアップ先の容量が足りない場合など、何らかのエラーでバックアップが止まってしまうこともあります。
バックアップがエラーで止まると、その後に更新されたデータはスケジュール設定してあっても、バックアップが実行されなくなりデータが保護されません。
このため、定期的にエラーが出ていないか、バックアップ先の容量は問題ないかなどを確認する必要があります。しかし、定期的に確認するのも手間がかかります。

この手間を減らし、常に確実にデータを保護するのが、メールによるバックアップ状況の通知機能です。

バックアップの状況をメールで受信する
Acronis True Image 2017は各バックアップの「オプション」「通知」から、バックアップ後の状況をメール通知することが可能です。

バックアップが正常に終わっているかを確認するには「処理状態に関する電子メール通知を送信する」をチェックし、宛先のメールアドレスを指定、メールサーバー設定をします。

宛先は自分のメールアドレスを指定しますが、少々難しいのはメールサーバー設定です。
メールサーバーは一般的に契約しているプロバイダのメールサーバーを指定します。
設定はメールサーバー毎に異なるので、各プロバイダが提供しているSMTPでのメール送信方法を確認してください。

設定が終われば「テストメッセージの送信」でメール送信テストができます。

問題ない場合はこのようなメールが届きます。
テストメールの受信に問題なければ設定画面右下の「OK」をクリックして保存します。

設定を間違えている場合はエラーが表示されるので修正しましょう。

その他の通知設定では通知の内容を指定することができます。
デフォルトでは完全なログも送る設定になっており、バックアップが始まった時間や、バックアップが終わった時間などの細かな情報も通知されます。

メールの件名はバックアップ対象のコンピューター名やバックアップの状態に合わせた物になります。
複数台をバックアップしている場合、どのパソコンの通知か、バックアップに問題なかったかをタイトルだけで知ることもできます。

特にエラーがあった場合などに、バックアップの状況詳しく知りたい場合は、メール本文の完全なログからどこに問題があったかを分析可能です。

タイトルや差出人をカスタマイズすることもできます。

設定後、通知メールはバックアップ終了直後に届きます。
スケジュール設定しているバックアップ時間で、バックアップが始まり、バックアップが終わる数分後に毎回届くようになります。
普段のメール確認の中でデータ保護に問題ない かを確認できるようになります。

データはしっかり管理しよう
このように、データの保護は設定したら終わりでは無く、常に問題なくバックアップできているか、バックアップしたデータは復元出来るかの定期的な確認が必要です。

今回の通知設定では、バックアップに問題ないかが簡単に確認できるようになります。
これに加えて、保護したデータに問題が無いかも定期的に確認しましょう。

Acronis True Image 2017はデータ保護や復元用に様々な機能が用意されています。
すでにご利用中の方は、より確実にデータを保護するために、今回紹介した通知機能を活用しましょう。

30日間すべての機能がお試しできる無償試用版
まだ利用されていない方は、試用版でもこの機能を含め様々な機能が利用可能です。データの保護や管理がしっかり可能なAcronis True Image 2017をぜひお試し下さい。

Acronis True Image 2017 製品情報
https://www.acronis.com/ja-jp/personal/computer-backup/