エアギャップネットワーク専用の強化型バックアップ「Acronis Cyber Backup SCS」を発表

Introducing Acronis Cyber Backup SCS Hardened Edition

現在、あらゆる組織にとって、データ侵害やデータ損失が深刻な問題となっています。特に機密性の高い情報を取り扱う、国家安全保障(軍・防衛など)、製造業、金融サービスなどの分野の組織にとって、不正侵入やデータ侵害はあるまじき事態であり、発生を未然に防ぐことが極めて重要な課題になっています。これらの分野では多くの組織が、高水準のデータプライバシーとセキュリティを確保するために、他のネットワーク、パブリックインターネット、および統合サービスやオンラインサービスへのアウトバウンド接続から物理的に隔離することで、環境内の攻撃対象領域を削減する「ハードニングされた」エアギャップネットワークを利用しています。

その一方で、残念ながらこの隔離によって、機密性の高い情報を扱う組織が日常業務に利用できるソリューションが限定されるという事態が生じています。このギャップを解消して、不必要に複雑さを増すことなくミッションクリティカルな資産とデータを保護するために、アクロニスは、Acronis Cyber Backup SCS 強化型エディションを発表しました。

アクロニスの創設者兼CEOであるセルゲイ“SB”ベロウゾフ(Serguei “SB” Beloussov)は、次のように述べています。「現在、多くの組織は、脅威がますます巧妙化して危険性も増している現状を十分認識しています。特に機密性の高い情報を扱う分野の組織にとって、高い秘匿性が求められるデータや情報のセキュリティに取り組むことは、単に重要なだけでなく必要不可欠と言えるでしょう。アクロニスが新たに発売するセキュリティ強化されたソリューションにより、これらの組織は、アクロニスの定評ある堅牢なサイバープロテクション機能と、専用に強化されたサイバーセキュリティ機能を通じて、すべてのワークロードを確実に保護することが可能になります」

今回新たに発表されたソリューションは、軍・防衛関係機関、製造業、金融機関のほか、武器の実験場、研究開発所、訓練シミュレーター、配備された戦闘部隊、監視制御システム(SCADA)、産業用制御システムで使用されるエアギャップネットワーク専用に設計された、アクロニス初の完全なディスクイメージ・バックアップソリューションとなります。

信頼できる実証されたセキュリティ

Acronis Cyber Backup SCS 強化型エディションは、米国国防総省情報ネットワーク承認製品リスト(DoDIN APL)に認定されたソリューションであるAcronis SCSと同じコードをベースとしており、FIPS準拠の暗号化とRSAキー生成、およびIntelによって開発されたハードウェアベースの乱数生成手法によって、エントロピーを最大化しています。この強化されたバックアップソリューションは、すでにコモンクライテリア(Common Criteria)認定を取得しており、現在FIPS 140-2認定取得に向けた手続きが行われています。

さらに、Acronis Cyber Backup SCS 強化型エディションは、すべての防御機能が第三者機関によるレビューおよびテストを経た上で発売されるため、導入を検討している潜在的ユーザーは、ソリューションによって提供される保護に信頼を置くことができます。

使いやすさと管理の負担軽減を同時に実現

Acronis Cyber Backup SCS 強化型エディションは、ネットワークのセキュリティを強化するだけでなく、これまでITチームが単調な運用業務に費やしていた時間を最小限に短縮し、エアギャップネットワークに対してセキュリティ強化されていないソリューションを使用してきた組織によくみられる問題、すなわち誤警報やアウトバウンド通信の発生に対応します。

Acronis Cyber Protectionのすべてのソリューションに共通して言えることですが、Acronis Cyber Backup SCS 強化型エディションは、クリティカルなワークロードに対して、簡単かつ効率的に、安全な方法で、包括的な保護を提供します。これにより、機密性の高いデータを扱う組織のITチームは、特にエンドポイントやストレージからファイル共有やサーバまでネットワーク内のあらゆるものに影響するバックアップと復元処理において、確実にメリットを得ることができます。アクロニスの最高サイバー戦略責任者兼COOであるガイダー・マグダヌロフ(Gaidar Magdanurov)は、次のように述べています。「この新しいソリューションによって、バックアップと復元作業を効率化できます。ITスタッフは、これまで接続の不具合や誤警報の対応に追われていた時間を有効に活用できるようになります。このソリューションを導入することで、高度の機密性が求められるデータを作成、保存、利用する組織は、組織内の環境を外部の影響や干渉にさらすことなく、ネットワークをより確実に保護できるようになります。」

Acronis Cyber Backup SCS強化型エディションにより、エアギャップされた組織のサイバープロテクションを強化し、ミッションクリティカルなシステムの継続的稼働を実現し、復元時間を最小限に短縮するとともに、ユーザーが単一の使いやすい管理コンソールを使用して、複雑な統合システムを構築、テスト、展開、および保護できるようにする方法について、興味をお持ちですか。

アクロニスが新たに提供するセキュリティ強化されたバックアップソリューションの詳細については、こちらを参照してください。