Googleアカウントのデータを守る方法




Googleが提供している検索や地図、Gmailなどの各種サービスは、多くの方が日常的に利用とされていると思います。
他にもYouTubeもGoogleの一部ですし、AndroidもGoogleが提供しているOSなので、人によってはGoogleなしでは生きられない状況になっている場合もあるかも知れません。

そのGoogleの各種サービスを使うときに利用するのがGoogleアカウントです。
Gmailのアドレスの場合もありますし、他のメールアドレスをGoogleアカウントとして使用している場合もあります。
Androidユーザーの方はGoogleア カウントをAndroidに登録しています。

このGoogleアカウントには日常利用している様々な情報が蓄積されています。
不正なアクセスがあった場合に、Googleに蓄積された多くの個人情報が流出する危険性があります。

ほとんどのインターネットユーザーが利用しているGoogleアカウントを、不正アクセスから守る方法、個人情報を守る方法をご紹介します。


Googleが保存している個人情報
Googleはアカウント作成時に登録した名前、生年月日などの基本的な個人情報の他に、Googleサービスのデータや利用履歴も保存しています。
Googleフォトに保存した写真、Gmailで送受信したメール、カレンダーに入力した予定などはもちろん、検索履歴、地図の利用履歴、YouTube動画の視聴や検索履歴なども保存しています。
設定によっては、Googleマップでの行動履歴のタイムラインなど、多くの個人情報が保存されています。キーボードなどから入力したデータだけでなく、音声検索した際の音声データまで保存しています。

履歴を残さない設定も可能ですが、Googleの各種サービスは、過去の履歴を元に様々なサービスが提供されており、残しておいた方が便利に使えるようです。
しかし、不正アクセスされた場合に、これらの履歴がすべて他人に知られてしまう危険性があるため、しっかりとアカウントを守る必要があります。

自分の過去のGoogleアカウントの検索履歴などのアクティビティ情報はこちらで確認できます。



Googleマイアクティビティ 
https://myactivity.google.com/myactivity


Googleアカウントを守る方法
Googleアカウントを守るには、一般的なパスワード管理と同様に、他のサービスと違う他人にわかりにくいパスワードにする必要があります。
さらに、万が一パスワードが漏れてもログインできないように、2段階認証を設定するのもいいでしょう。
2段階認証は携帯電話のSMSを利用するのが基本ですが、SMSが使えない状況になった際も考え、他の認証方法も用意しておきましょう。



これでアカウントへの不正ログインは防げますが、さらに注意が必要なのは、アプリやサイトとの接続です。
パソコンのChromeブラウザで利用する拡張機能、スマートフォンで利用するアプリなどは、Googleアカウントとアプリを連動して使用する場合があります。



この中に不用意にGoogleアカウントへのフルアクセス権などを設定している場合もあるようです。アクセス権によってはアプリからGoogle上のデータを不正使用することも可能です。
アプリやサイトとの接続は定期的に確認し、自分の知らないアプリが認証されていないか確認しましょう。よくわからない物、必要なさそうなのにアクセス権が大きい物は設定時にそもそも接続しない、もしも接続していたら解除しましょう。


不用意にGoogleアカウントにアクセスしない
公共の場所にあるパソコン、職場や家族と共有しているパソコンなどでGoogleアカウントにアクセスすることもあると思います。
このような場合、使い終わったらログアウトし、パスワードなどもブラウザに記録しないようにしましょう。
もしもログインしたままになっていると、多くの情報は他人がそのまま表示できてしまいます。
共有パソコンで頻繁にログインする必要がある場合は、OSのユーザー管理機能を使って、ユーザー毎にパソコンにログインして使う方が安心です。


Google アカウントを安全に保つための情報源
Googleアカウントはサービスによって設定箇所が異なります。
検索履歴を残さないなら検索の設定からも可能ですが、すべての履歴などを見るには、設定画面から確認するのが確実です。

Googleアカウント情報
https://myaccount.google.com

Googleアカウントを守るための情報については、Googleのセーフティーサイトも確認しましょう。
Googleセーフティーセンター
https://www.google.com/intl/ALL_jp/safetycenter/index.html


データは自分で守る
Googleに保存されている情報を削除する事も可能ですし、ダウンロードすることも前述した管理画面から出来ます。

特にメールや写真、各種ドキュメントは、Googleだけに保存していると、何か問題あったときなどに二度とデータを取り戻すことが出来なくなる可能性があります。
そのような事態に備えて、定期的にデータはダウンロードしておきましょう。
 
もちろんダウンロードしたデータは Acronis True Image 2017でバックアップする事を忘れないようにしましょう。
試用版も用意しており、簡単にバックアップができる事、ランサムウェア対策など様々な機能を体験できます。

30日間すべての機能がお試しできる無償試用版
まだ利用されていない方は、試用版でもこの機能を含め様々な機能が利用可能です。データの保護や管理が しっかり可能なAcronis True Image 2017をぜひお試し下さい。


Acronis True Image 2017 製品情報
https://www.acronis.com/ja-jp/personal/computer-backup/