Infographic: 安全なサーバーワークロードの移行

多くの企業には物理サーバー、仮想マシンまたはその両方が存在し、Microsoft® Exchangeや、SharePoint®、あらゆるベンダーが提供するアプリケーションや、SQLデータベースサーバー上で稼働する社内開発されたアプリケーション等、様々なワークロードが混在しています。これらのワークロードは企業にとって必要不可欠であるとともに、別のハードウェアまたは仮想マシン(VMs)へのマイグレーションが必要になる場合があります。

サーバーのアップグレードやメンテナンス、システム資源の最適化、物理サーバーから仮想環境への移行、サーバーのリプリケーション、合併、買収、会社の急速成長に伴うITインフラの修正などマイグレーションが必要になる理由は様々です。もし、Windows Server 2003を使用しているとしたら別のOSにマイグレーションしなくてはなりません。

ワークロードのマイグレーションはP2P、P2V、ハイパーバイザーからハイパーバイザーにかかわらず難しいものです。IDCによるアクロニス調査によると、48%の企業で物理サーバーと仮想サーバーが混在しており、54%が複数のハイパーバイザーを保有しているという結果がでています。現在の使用している環境と密接に関連付けられているワークロードのマイグレーションにおいて共通する課題は、いかに安全に新しいOS環境に移行するかということです。

正しく移行できなかった場合、データ喪失や、ダウンタイムの延長、機会損失やカスタマー・サービスの評判への悪影響などのリスクが想定されます。

こういったマイグレーション作業を始める前に、新しい環境でアプリケーションが正しく可動する為のサポート情報を含め、既存のシステムがバックアップされていることを確認する必要があります。必要なものを確実に取っておくのにベストな方法はまるごとイメージバックアップを取ることです。イメージバックアップはレジストリキー、設定、各アプリケーション独自のデータを含めた全ての情報のバックアップをとることです。包括的で完全なバックアップはビジネスに必要不可欠なデータ保護であり、アクロニスの全てのバックアップ製品群で提供しています。

ファイル単位のバックアップでは、隠れた重要なOSもしくはアプリケーション依存の設定やファイル、情報を見落とすもしくはバックアップの失敗をすることがあり、サーバー移行において重大なリスクとなりえます。イメージバックアップはファイルやフォルダを選択することなく、簡単に包括的で完全なバックアップを可能にします。イメージバックアップは、ディスクの全てを保存する完全なバックアップであり、データひとつ取りこぼすことなく保護する一番安全なバックアップ方法です。

バックアップができたら次はデータを新しいシステムに移行します。大半の環境は複数のハードウェアプラットフォームとハイパーバイザーが混在するため、異なるハードウェアプラットフォーム間、または仮想マシンへ、さらには異なるハイパーバイザー間における柔軟な移行を実現するツールを使用することをおすすめします。例えばAcronis Universal Restoreは物理/仮想、および異なるOSが混在するヘテロ環境におけるデータ移行をシンプルにし、サーバーまるごとベアメタルサーバーに移行することが可能です。また、Acronis のディスク・イメージング・テクノロジーとユニバーサル・リストア・テクノロジーの組み合わせにより、すべてのデータを保護しながら既存のワークロードを簡単にかつ、確実に異なるハードウェアまたは仮想環境に移行することが可能です。

こちらも一緒にご確認ください