カルロス、ライジング・サン日本でのラストラン

スクーデリア・トロ・ロッソは、ドライバーの カルロス・サインツは、鈴鹿パドックに日差しが差し込む中、日本グランプリを終えて別れを告げました。

金曜日は、チームメンバーが川と化したピットレーンで、紙で作ったボートを浮かべて楽しむほどの生憎の雨空でした。

金曜日に行われた限定走行で、不幸にもカルロスはSTR12のコントロールを失い、それは大きな影響を残しました。不幸中の幸いで、激しい見た目にもかかわらず、カルロスはこの事故で無傷でしたが、彼の車は同様だったとは言えない状況で、パワーユニットの交換で20グリッド降格のペナルティが日曜日のレースで課せられました。

それにもかかわらず、メカニックたちは素晴らしい仕事をして車をもとの状態に戻し、ピエールガスリーの朝の走行と相まって、週末のために十分なデータを蓄積することができました。
トロ・ロッソは、各国で週末開催されるレースで約1テラバイトの遠隔測定データが蓄積され、その後、車の調整や次のレースの計画などに生かされます。データの大部分はガレージ内のバックルームでリア ルタイムに処理され、自動的にFaenzaのファクトリーに送り返されます。さらに、スピードと信頼性のために、F1チームの最先端技術である究極のセキュリティ技術を使用して、エンジニア間で機密情報を共有できる、Acronis Access Advancedを使用しています。
カルロスは、グリッドの後ろからのスタートなので、ニュータイヤをはかないで走行することに決定しました。16番手スタートのピエールはニュータイヤを装着しました。
 

日本GPカルロス・サインツ、スカウデリア・ トロ・ロッソ (練習走行中のSTR12、2017年10月6日)

チームのために最後となるレースでは大胆に攻めていこう決めたカルロスは、レース直後にコントロールを失い車体もレースも粉々になってしまいました。
「第1ラップでリタイヤしてしまったことは、チーム全員に申し訳なく思っていますが、リスクを冒してでもスタートでポジションを稼ごうとしていました。だからターン6でアウトサイドから回り込もうと しましたが、私が予想していたよりトラック上の埃が多く、コントロールを失ってしまったんだ。それだけのことなんだ」と、後にカルロスは謝罪した。チームと一緒に鈴鹿にのぼって終えることを本当に楽しみにしていたので残念です。でもポジティブに行くよ。この3年間は本当に素晴らしいものだったからね」 とカルロスは話してくれました。

チームに加わって2度目のレースとなったピエールは13位に終わりました。そして、トロ・ロッソの先輩でもあるダニエル・クビアトはテキサス州オースティンから復帰し、シーズンはエキサイティングなクライマックスに向かって進んでいくでしょう。

クラッシュテスト
カルロスの練習走行でのクラッシュは恐ろしいものでしたが、1960年代から1970年代のいわゆる「キラーイヤー」以来、フォーミュラ1の安全は長い道のりを辿りました。もちろん、すべてのドライ バーは、F1カーのコックピットに足を踏み入れるたびに、そこには大きなリスクがあることを感じ、彼らの情熱によってそのリスクを受け入れているのです。2007年のカナダでのロバート・クビサの事故は大きな衝撃であり、その後厳しい衝突試験が行われ安全性が大幅に向上しました。
1985年以前は、安全規制と衝突テストはほとんどありませんでしたが、以降すべてのチームの車は、FIAの安全規制に準拠するための厳しいテストに合格することが必須となりました。

5つのダメージテストがあります。2つのフロントインパクトと、1つのサイドインパクト、1つのリアインパクト、および1つのステアリングコラムインパクト、および高速衝突の際の大きな力をサポートするシャーシの能力を評価するいくつかの静的テストが含まれます。

正面の動的テストでは、シャーシはトロリーに取り付けられ、頑丈な壁面で発射され、側面と背面のテストでは重いトロリーが強制的にシャーシに流れ込み、クラッシュテスト用のダミーも使用されます。極端な減速中に運転者に何が起こるかを測定するために、衝突試験用のダミーがここでも使用されます。ダミーの胸は3ミリ秒以上60gを超えてはいけません。操縦席の側部にも30トンの荷重がかかり、構造的な故障の証拠がなくても耐えなければならない。
事故での火災は運転者死亡の最も大きな要因の1つでしたが、燃料タンクは厳しい負荷試験の対象となり、セルは装甲車に使用される同じ耐衝撃性の耐衝撃性ケブラー材で作られています。これにより、火災による怪我の可能性は、ほとんど全てのF1事故において過去のものとなりました。

レーシングカーのクラッシュは珍しいことでは ありません。クラッシュの後、車はスペアパーツから慎重に修復され、次のレースのために時間通りに戻していきます。システムクラッシュはデータ損失に非常に似ています。信頼性の高いバックアップにより、データを復元し、必要なときにシステムを稼働状態に戻すことができます。

Toro Rossoが安全なファイル共有に使用するAcronis Access Advanced に加えて、Acronisには企業、コンシューマ、およびサービスプロバイダ向けのあらゆる種類のデータ保護ソリューションがあります。たとえば、Acronis Backup 12.5 はすべてのビジネスデータを完全に保護し、わずか15秒でシステムを復元できます。Acronis Snap Deploy は、システム管理者が何百ものシステムをプロビジョニングできるソリューションです。そして、個人向けバックアップソフトAcronis True Image は、すべての家庭用コンピュータのデータを簡単に保護するだけでなく、モバイルデバイス、およびFacebookやInstagramなどのソーシャルネットワークも保護します。
もし、データ保護に少しでも不安を感じているなら、ぜひwww.acronis.com で最適なデータ保護ソリューションを見つけてください。

(写真提供:Red Bull Content Pool)