令和2年7月豪雨被害 被災者支援として、「災害対応ブータブルメディア復元ガイド」を公開中

 

7月3日から7月8日にかけて、日本付近に停滞した梅雨前線の影響で、暖かく非常に湿った空気が継続して流れ込み、九州地方や東海地方、および甲信地方において集中豪雨が発生しました。各地で川の氾濫や浸水、土砂災害などが引き起こされ、死者・行方不明者あわせて81名、全壊564棟など、大きな被害をもたらしています(7月13日6時現在*)。

この度の災害で被災された皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。

アクロニス・ジャパンでは、弊社製品をご利用いただいているお客様向けに、Acronis Cyber Backup 12.5(旧称:Acronis Backup 12.5)、またはAcronis True Imageのブータブルメディアを活用したシステムおよびデータの復元手順について紹介するクイックガイド「災害対応ブータブルメディア復元ガイド」をご用意しています。

【対象製品】
Acronis Cyber Backup
Acronis True Image

【クイックガイド】
こちらのガイドでは、ハードウェアが破損した場合で、Acronis Cyber BackupまたはAcronis True Imageがない場合でも、Acronisアカウントからブータブルメディアをダウンロードいただいて、システム全体を新しいハードウェアマシンに復元できる手順をご案内しています。
https://go.acronis.com/restoreguide_jp

https://go.acronis.com/restoreguide_jpなお、本ガイドでは限られた操作手順に絞ってご紹介しておりますので、製品インストールやその他の操作については、以下の資料をご参照ください。
製品マニュアルおよびガイド
https://www.acronis.com/ja-jp/support/documentation/

 

保有しているアクロニス製品を調べる方法

なお、アクロニス製品の保有ライセンスの確認は、Acronisアカウントにログインして、ご確認ください。なお、パスワードが不明な場合には、ご登録いただいたメールアドレスが有効である場合には、パスワードリセットが可能です。
ご不明な場合には、Acronis にログインし、お問合せフォームからお問合せください。

Acronisに製品のご登録をされていないお客様は、この機会に必ずご登録いただきますようお願いいたします。

本ガイドに記載されていない点について、Acronis Cyber BackupまたはAcronis True Image 製品の操作方法が分からない場合には、ナレッジベースhttps://kb.acronis.com/jaをご活用ください。

 

災害に備え、データ資産を守るためのクラウドへのオフサイトバックアップ

いつなんどき、こうした災害に合うか分からない今、こうした事態に備え、ぜひ「3-2-1バックアップルール」を守り、自宅やオフィス内以外の場所であるオフサイト、クラウドストレージ等へのバックアップファイルの保存をおすすめします。アクロニスでは、アクロニスのデータセンター内にあるクラウドストレージへのオフサイトバックアップを実現するサービス、Acronis Cloud Storageを提供しています。Acronis Cloud Storage では、アクロニスのバックアップ管理コンソールからライセンスを登録するだけで、すぐに使えるバックアップ専用のクラウドストレージサービスです。保存されたバックアップファイル容量への課金のみ発生し、バックアップファイルのデータ転送量の課金は発生しません。バックアップ専用のストレージとして提供されているので、安心して使うことができます。
この機会にぜひ、アクロニスのAcronis Cloud Storageをお試しください。

 

Acronis Cloud Storageでできること:

  • バックアップ先としてアクロニスのクラウドストレージを選択
  • バックアップデータの転送には独自の圧縮技術とAESの暗号化技術が利用されており、安全かつ効率的なバックアップデータの転送を実現
  • バックアップデータのパスワード保護に対応
  • バックアップストレージの容量管理を管理コンソールから実現

 

Acronis Cloud Storageについて
https://www.acronis.com/ja-jp/business/backup/cloud-storage/

 
*災害対策本部「令和2年7⽉豪⾬による被害及び消防機関等の対応状況(第19報)」
https://www.fdma.go.jp/disaster/info/items/200703_ooame19.pdf