マルチデバイスの時代にユーザーデータを保護する方法

まさに現時点で、1人当たり3.64台のデバイス (スマートフォン、タブレット、ノートパソコン) を所有しています。
そしてこの数字は、2020年までに4.3台まで上昇すると予測されています。
と同時に、アメリカでは、平均的な従業員が業務において使用するデバイスは最低でも3台です。
これまで以上にIT部門は、従業員がいつでもどこでもどんなデバイスでも外に持っているという、マルチデバイス時代の現実に直面している、ということになります。

しかしながら、多くのIT部門では (もしかしたらあなたがそのうちの一人かもしれません)、モバイルデータの保護をすることを避けているのです。
しかし、この習慣はもはや続けることはできなくなります。
あなたの最高経営責任者(CEO)のタブレット上のデータは、会社のPCに保存されているすべてのデータよりも価値があるかもしれません。
そしてそのデータを失うことで、財務、コンプライアンス、またはビジネスの継続性の観点から影響を及ぼすでしょう。
たとえコンタクトリストやメッセージだったとしても、生産性と顧客サービスに影響を与える可能性があり、営業成績にも影響があるかもしれません。
組織というものは、全従業員のデバイスの効果的なデータ保護戦略を策定しなければなりません。
デスクトップPC、ノートブックPC、タブレット、スマートフォン、会社情報を含むその他任意のデバイスすべてに対してです。
しかし、内臓のモバイルデータ保護ツールはお進めしません。操作性とそれにかかる時間、拡張面からお勧めしません。
簡単に言えば個々のデバイスを保護するためのツールなのです。

1つのバックアップソリューションで、IT環境を包括的に保護できることが重要なのです。
それは、モバイルデバイスだけではなく、ノートブックPC、デスクトップPC、物理/仮想サーバー、クラウドすべてを包括できるものです。

Acronis Backupは、その1つの選択肢です。
御社のシステムに対してご相談、ご質問があれば、お気軽にご連絡ください。