米国、欧州2拠点から発信: Acronos Cyber Protectバーチャルカンファレンスにご参加ください

「知識は力なり」という格言があります。企業は時流に合った的確な対応を行うために、経営に必要な様々な情報を収集し、それを「知識」として活用することが必要です。例えば、データ保護というテーマであれば、その動向、セキュリティ関連技術、サイバー脅威などについての最新情報を、常に意識して把握しておくべきでしょう。その理由は、企業がこれらの情報を経営に必要な「知識」として活用できるかどうかが、企業の存続そのものに関わってくるからです。

ITサービスを提供する立場となると、その重要性は更に増してきます。その理由は、サービスプロバイダーの責務が、クライアントの事業を継続させるために、常に最良のITソリューションを提供する立場にあるためです。これは、サービスレベル契約(SLA)の一つの要件としても挙げられています。

残念ながら、予算や人材、時間的な制約、あるいは新型コロナウイルス「Covid-19」のような不可避の世界的脅威など、私たちの周りには常に、業務最適化や持続的経営の実現に役立てるための情報を入手する際の阻害要因があります。

この度、アクロニスは初めての取り組みとして、無料かつ移動不要のAcronis Cyber Protection Virtual Conferenceを開催します。このバーチャルカンファレンスは、2拠点(第一回目:3月26日北米、第2回目:4月8日欧州)で開催され、ITリーダーや経験豊富なサービスプロバイダーのグループが参加し、その場で、実用的ですぐに実施できる知識を提供し、共有するイベントです。

 

バックアップだけのソリューションは、もはや過去のもの

バックアップは過去のもの」という言葉を聞いて驚いた方や、そんな言葉が聞こえてきてもおかしくないと思われた方も、今の時代、これまでのデータを保護するだけに活用してきた従来型ソリューションを寄せ集めしているだけでは、もはや機能が不十分であることを理解しているはずです。

データ容量の増大化、インフラストラクチャの煩雑化、そして現在の日々高度化するサイバー攻撃に対処するためには、データ保護と最先端のサイバーセキュリティ機能を融合させた包括的なアプローチが必要になります。この統合型のアプローチを、IDCはサイバープロテクションの新たなIT分野と命名しています

2回にわたって開催されるAcronis Cyber Protection Virtual Conferenceでは、世界津々浦々からITプロフェッショナルやチャネルリーダーが集い、アクロニスが提唱するサイバープロテクションが高い信頼性を伴うアプローチである理由を理解し、更に議論する場となります。主な講演者として、北米のカンファレンスでは、MSPAlliance社のCEO、Charles Weaver氏やBoston Red SoxのIT担当バイスプレジデント、Brian Shield氏が参加し、欧州のカンファレンスではIT事業成長のエキスパートであるRichard Tubb氏とArsenal Football ClubのIT担当ディレクターのChristelle Heikkila氏が登壇します。  

また、サイバープロテクションの適用により、ヘルプデスクの業務を削減し、ストレスレベルを緩和して収益向上を実現させたサービスプロバイダーも参加し、ユーザー事例を公開します。

 

サイバープロテクションの強み

サービスプロバイダーの限定的な時間とリソースを鑑み、Acronis Cyber Protection Virtual Conferenceでは、参加者が、経常収益の創出に役立つ情報にすばやく、無料で簡単にアクセスできるよう、プログラムが構成されています。各カンファレンスとも3時間以内で完了する予定で、各セッションには、課題解決に役立つ重要なポイントが凝縮されています。

どちらのイベントも、次のアジェンダで実施予定です。

  • 開始のあいさつ/カンファレンスの概要
  • パネル – 現代のサイバー脅威に対応できない従来のバックアップへの対処
  • ライブデモンストレーション – Acronis Cyber CloudとAcronis Cyber Protect Cloud
  • パネル – SMBとNISTフレームワーク:サイバーセキュリティ対策はもはや大企業だけの課題ではない

プログラムの中での見どころは、初見となる Acronis Cyber Protect Cloudのライブデモンストレーションでしょう。これは、アクロニスの新しい、AIによって強化された統合型ソリューションであり、脆弱性評価、パッチ管理、URLフィルタリングなどのバックアップ、アンチマルウェア、セキュリティおよび管理機能が一元化されていることがご覧頂けます。

この新しいソリューションにより、サービスプロバイダーは複雑さを排除すると同時に、セキュリティをポートフォリオの中心に据えることができ、牽いてはSLAの向上、顧客離れの低減、経常収益のさらなる創出を同時に実現します。

 

ライブディスカッションへご参加ください

貴社が、昨今のセキュリティに関わる課題を解決することのない複雑でコストのかかる煩雑なソリューションを利用することに辟易しているのであれば、Acronis Cyber Protection Virtual Conferencesに是非、参加してください。この場で、ストレスが少なく、効果的で、かつ高収益性を実現するための改善策を見出していただけると考えています。

貴社にはその価値を持っておられ、貴社のクライアントも貴社に多くのことを期待しているはずです。

尚、3月26日午前11時から開催される北米のイベントは、既に終了していますが、グリニッジ標準時4月8日(水)午後2時(日本時間の 2020年4月8日(水)午後10時)から開催予定の欧州のイベントへご参加頂けます。本件へのお申込みは、別途ご案内を申し上げます。

日本の皆様も、この機会にご参加いただきますよう、お願い申し上げます。