ミカエル グラチェフ (in マカオ) : データに助けられて勝利を収める

アクロニスがサポートしているTCR国際シリーズで、WestCoastレーシング所属のドライバー ミカエル グラチェフに、二度目のシーズンに向けレースとアクロニスとのパートナーシップをどのように考えているかインタビューしました。 

ミカエル、先日のマレーシアでの試合を終えて、ここマカ オではどのようなプランで挑みますか?
マレーシアでは3回走りましたが、最終レースに問題があった十考えています。車のセッティングでのミスがトラックで影響したというのが問題 でした。レースを終え私自身のチャレンジにも影響しました。
TCR国際シリーズは、マレーシアフォーミュラ1GPのサポートを受けています。レース間のセッションでは、トラックコンディションに大きく影響しまし た。グリップも変わり、私のレースカーはきちんと準備されていませんでした。
もう1つの問題は車そのものです。最初の2レースの間に他の車に軽く衝突されて、ダメージを受け、スピードに影響していました。
マカオでは、話は別です。我々のエンジニアは、マレーシアのレースからのデータの分析に多くの時間を費やし、レースの準備ができたと確信しています。

レースとレースの間で、何が起こっているのでしょうか? スウェーデンのWestCoastのガレージに車は送り戻され次のレースに備えているのでしょうか?
いえ、レースとレースの間にそれなりの期間があったとしても、(スウェーデンの)ガレージに戻すことはありません。車はコンテナに積み込まれ、次のレース 会場に直接送ります。しかし、我々はデータは常に手元に置いておきます。データは分析し、ベストなソリューションを常に追い求めています。例えば、マレー シアで起こったことを解析し、WesrCoastのメカチームがすぐにマカオに行き、次のレースに備え車を調整するのです。

マカオについてもっと教えていただけますか? セパン(マレーシアのサーキットのこと)とは明らかに違いますか?
マカオのコースは、ストリートコースです。ある場所ではとても狭く、たくさんの特徴があります。マカオはアジアのラスベガスと言われ、たくさんのカジノが あり多くの環境客が集まりお金を費やし楽しんでいます。レースもそれと似ていて、まるでショーを見ているかのようなレースです。
サーキットは、6.1kmあり、非常に速く、そして先の見えないコーナーがあります。そこには常に(危険を示す)イエローフラッグがあります。トラックは 非常に狭く、2台の車が並走するのに十分な幅はなくオーバーテイクは不可能な場所もあります。レースには最高のトラックで、多くの歴史を持ったコースなの です。
過去に3回ファイナルレースに臨みましたが、本当に素晴らしく、今年もまた同じことをしたいです。

 

今年の戦略は何ですか?
正直に言うと、今年の戦略は昨年と同じなのです。シンプルに、クラッシュしない! ということです。我々は多くのデータを分析しています、だから私はもう少しプッシュすれば、余分にスピードを得ることができるということです。それに、こ の数か月ドライビング技術もさらに改良してきているので、昨年より良いラップタイムも叩き出せると願っています。

アクロニスがスポンサーになって、二回目のレースです。 あなたからこのスポンサーシップを見て、何が価値と感じますか?
まず、マレーシアとここマカオで受けたすべてのサポートに感謝の気持ちを表したいと思います。マレーシアでともにした週末はとても生産性のあるものでし た。我々がアクロニスというパートナーに出会い、レースにおけるデータの重要性を話せました。今週末はトラックでより良い結果が出せるように願っていま す。レースのためにみんなここにいるので、素晴らしいショーになると思います。またここでアクロニス・ジャパン株式会社のローカルパートナーにも会えるこ とを楽しみにしています。
私にとってアクロニス・ジャパン株式会社は完璧なパートナーです。2か月前、私のシーズンは終わったと思ったのです。アクロニスが私を支援してくれたこと に本当に感謝しています。一緒にポイントを稼ぎ、素晴らしい結果にしましょう。

次のシーズンのために、どんな計画をしていますか?
正直に言うと、まだそれについては考えていません。今はマカオのレースにすべて集中したいからです。もちろん、次のTCR国際シリーズのシーズンも WestCoastで引き続きレースをしたいと思ってます。目標はさらに一貫しています。今シーズンは4試合勝っています。次のシーズンはチャンピオン シップで勝つことが目標ですが、これはマカオの後にお話ししましょう。