なぜFBIはランサムウェアの対策としてバックアップを推奨するのか

ランサムウェアは、マルウェアの最新の一種です。コンピュータがハッキングされたウェブサイトや感染した添付ファイルを介して感染すると、一部またはすべてのデータが暗号化され、被害者は匿名の犯罪者に身代金を支払うまで使用不可になってしまいます。言い換えれば、被害者の個人データは、この新しいカテゴリーのサイバー犯罪の人質となってしまうのです。

最近のTech Crinchの記事によると、2015年に事務局が受信した調査の(Feberal Bureau of Investigation's 略名FBI)の調査結果のうち、約2,500以上のランサムウェアの苦情で、その損失は$ 24万ドルでした。これらの事件は、被害は組織・個人両方に以前より広がっていることも含んでいます。

一方良いニュースとしては、これらの狡猾なマルウェアを回避するためのツールや解決策が開発されていることです。そして、もう一つは、今日取ることができる予防策があります。FBIのサイバー犯罪の特殊エージェントクリスシュタングル部門がワシントン・ポストにこのように語っています。「我々FBIがアドバイスできることは、自分たちのデータをバックアップすることです。もしコンピュータがランサムウェアに感染してしまったら、データをリカバリするオプションが限られてしまうからです。」

コンシューマ向けバックアップソフト「Acronis True Image」や、法人向けのAcronisバックアップソリューションは、ランサムウェアに対するデータ保護の重要な部分だけでなく、その他の理由の脅威からデータを保護するのにもとても重要です。効果的なバックアップ計画をすることにより、万が一ランサムウェアの攻撃を受けたとしても、要求される身代金を払わず、あなたのデータを元通りに戻すことができます。なぜならば、ダウンタイムを最小限にとどめ、可能な限り迅速に感染していないシステムを回復することが不可欠だからです。

適切なバックアップ方式を使用すると、ランサムウェアからを含め、データ損失の多くの種類の中からあなたのデータを長期的に保護することができます。

シンプルで効果的な解決策がありますAcronis True Imageです。 ぜひ試してみてください!