ランサムウェアが今後も第1位のサイバー犯罪であり続ける理由を、元FBIスパイ防止活動のスーパースター、エリック・オニールが詳しく解説

 

Ransomware Continues to Top Cybercrime

 

今日、消費者、企業、公共機関に対する犯罪的なサイバー攻撃がどれだけ蔓延し、破壊的なものになっているかは、技術の専門家でなくともわかります。2019年のマルウェアの脅威で第1位を占めたのはランサムウェアでした。2年前にWannaCry攻撃で世界中の何十万台ものコンピューターに障害をもたらし、はじめて人々に知られるようになったランサムウェアは、現在ではさらに注目を集める存在になっています。最近では 報道番組「60 Minutes」でも別の一連のランサムウェア攻撃を特集しており、その攻撃はアトランタ、ニューアーク、サラソタの地方自治体サービス妨害し、クリーブランド空港およびサンフランシスコ公共交通機関管理センターの業務を停止させました。

このような状況のもと、Verizon社のデータ漏えい調査報告書(DBIR) の最新版が発表されました。この報告書は、コマンド&コントロール攻撃とランサムウェア攻撃を併せると、過去12か月間のマルウェアによるセキュリティインシデントの75%を占めたことを伝えています。2019 DBIRはまた、サイバー犯罪者がターゲットとして最も好み、ランサムウェア攻撃の悪影響が顕著な業界の中で、特に注目すべきは医療業界であるとも述べています。昨年は、医療業界全体の70%以上でマルウェア・インシデントが発生しました。攻撃によってITサーバーに障害が起きれば、すぐに生死の問題に関わるためです。病院は重要な患者サービスを復旧させたいと考え、サイバー恐喝犯からデータを取り戻そうと、急いで身代金を支払う傾向があります。

サーバー攻撃の武器としてランサムウェアが盛んに使われて利益をもたらしている状況に、エリック・オニール(Eric O’Neill)は長い間注目してきました。オニールは元FBIスパイ防止活動捜査官として広く知られ、最近出版された「Gray Day: My Undercover Mission to Expose America’s First Cyberspy」の著者でもあります。これは、悪名高いFBI二重スパイ、ロバート・ハンセンの正体を暴き、投獄する際にオニールが果たした役割を回想した本です。この物語は、 2007年のハリウッド映画「アメリカを売った男 (原題:Breach)」(冒頭の写真)でも描かれ、オニールの役はライアン・フィリップが演じました。

現在ではサイバーセキュリティ問題で引く手あまたのコンサルタントとして活躍しているオニールは、ランサムウェアおよびランサムウェアとの戦い方をテーマにした アクロニスのウェビナー に登場しています。また、2019年10月13~16日にFontainebleau Miami Beachで開催される第1回 Acronis Global Cyber Summitに、講演者としても登壇します。このイベントでオニールは、FBIスパイ防止活動捜査官および独立セキュリティコンサルタントとして活躍してきた数十年の経験での実話をもとに、最近注目を集めているマルウェア攻撃を分析し、ランサムウェアが第1位のサイバー犯罪であり続ける理由を探ります。

参加者は、ランサムウェア攻撃に対する警戒の必要性、フィッシングおよびEメール攻撃の脅威、スパイが新しい工作員を採用する方法、経済スパイの危険性、狙われる前にサイバー脅威を突き止めることが重要な理由を学びます。オニールの分析には闇の部分も含まれています。ランサムウェアは現在では諜報機関やテロ組織によって、民間企業および公共機関の情報を混乱させたり破壊したりするために利用されています。

Acronis Global Cyber Summit 2019のアジェンダには、もちろんオニールの他にも著名な講演者が登場します。サイバーセキュリティの起業家で「Shark Tank」の共同ホストであるロバート・ハージャヴェク(Robert Herjavec)のような著名人もリストに含まれています。3日間のイベントでは、サイバーセキュリティ分野の数多くの重鎮たちが、緊急を要するサイバー保護の問題を幅広く掘り下げる予定で、セッションは大企業、独立系ソフトウェアデベロッパー、サービスプロバイダー、テクニカルリセラーと、いくつかの異なる聴衆向けにカスタマイズされています。(お知らせ: 2019年8月31日までのご登録 に限り、早期割引が適用されます))

オニールは、「ハッカーはいない。いるのはスパイだけ。ハッキングはスパイ活動の必須の進化」と語ります。オニールやハージャヴェクなど、サイバー戦争のベテランたちの話に耳を傾けて、オニールの言葉の意味と、ランサムウェアをはじめとした差し迫ったマルウェアから組織を守る方法を学んでください。サービスプロバイダー、VAR(Value-Added Reseller:付加価値再販業者)、ISVの皆さんは、ランサムウェア、クリプトジャッキング、その他のサイバー攻撃と戦うためのサーバー保護サービスやソフトウェアをお客様に提供することによって、ビジネスを広げる方法も見つかるでしょう。Acronis Global Cyber Summit 2019へのご参加を、今すぐご計画ください。