たとえモータースポーツにはまらなくても、なぜF1が重要なのか


ある人にとっては、F1の美しさはスポーツという側面で、他の人にとっては、最も技術主導型のスポーツの後ろに信じられないほどの技術があるということか もしれない。しかし、現実的にはこんな風に2つに分けることはできない。F1はスポーツであると同時に技術であり革新であるのです。そして裕福な人のため の高価な種のようにも見えるかもしれませんが、実は私たちが日常生活をする上で恩恵を受けることが多々あるのです。F1は大規模な開発研究を行っていま す。外部から壁で遮断された工場の中では、他の工業分野において、私たちの生活にとってより安全で効率的なものをもたらす方法を見つけることができます。
ここで、私たちの生活に役に立っている明白な(もしかしたらいくつかは明白ではないかもしれませんが)例をご紹介します。

1. タイヤ
ピレリタイヤ。すべてのF1チームへの唯一のタイヤサプライヤーであるピレリは、長年にわたって膨大な開発をしてきました。長持ちよりグリップ重視のソフ トタイヤ、耐久性を重視したハードタイヤ。F1で開発されたタイヤは、一般道を走る乗用車に生かされています。もし、ピレリタイヤを使っていれば、F1で 培った技術が家にあるということです。

2. KERS 運動エネルギー回生システム
フライホイールエネルギを利用して、車の運動エネルギーを伝達するという概念は、もともと1950年代に物理学者リチャード・ファインマンによって開発さ れ、2009年にF1に転用されました。このシステムはブレーキ時にエネルギーを蓄え電気エネルギーに変換するというものでした。現代のF1カーにおいて は、排気とブレーキの両方で熱エネルギーを蓄え、電気に変えています。つまりあなたが近穂ハイブリッドカーを運転時は、ブレーキを踏むたびに電気が充電さ れるということを思い出してください。

3. エンジンとエコ燃料
FIAによる技術的なレギュレーションのすべての変更に伴い、F1はより環境に持続可能にするために設計された新しいエンジンの制限が導入されています。 ほんの数年前レーシングカーは3.5リッター12気筒エンジンと燃料消費に制限を設けていませんでしたが、今日ではエンジンは小さく静かになりました。す べての近代道路を走る車は、これらの発展の恩恵を直接受けています。

4. カーボンファイバーの使用
F1にとって最も大きい技術の進歩の一つに、強さと軽さで知られているカーボンファイバーの使用があげられるでしょう。カーボンファイバーの進化は、マク ラーレンがデザインした最初のモノコック構造でドライバーを囲むカプセルを設計した1980年代初頭から始まりました。この技術は、現代において自動車お よび様々な産業で使用されています。カーボンファイバーは強く軽量で、道路車両の性能および燃費に大きく貢献しています。 


5. データの使用
F1レーシングカーには200個以上のテレメトリセンサーが搭載されており、週末のレースで天文学的な量のデータを生成し、ファクトリーで数千ものデータ を収集しています。レース中に収集されたデータは、ファクトリーに戻って車のパフォーマンスを評価し、それを元にドライバーの戦略を調整します。

視覚化とリアルタイムな情報アクセスするこのキャパシティは、他の産業にも多くの利益をもたらします。
マクラーレンのTelemetry Linked Acquisition System(ATLAS)の技術は、F1テレメトリデータをリアルタイムで加工することができ、これは重症患者の応答時間の改善に役立っています。患者 のテレメトリデータの収集は最も効率的な方法で、直ちに医師の指示を仰ぐのに役立っています。

6.効果的なチームワーク
今年の初め、Fox SportsはF1のチームと連携してウェールズ大学病院から新生児ユニットに関する発表をしました。医師は極度の緊張状態での新生児を配置する際のチー ムワーク向上に対してのアドバイスをレーサーに求めたのです。そして病院はF1のテクニックとプロセスを病気の新生児の医学的管理において実装しました。 その結果F1のレースでのピットストップでタイヤ交換のクルーのような効率性を、緊急医療のケアーが必要な新生児のもとに数秒で医師が駆けつけることがで きるよう改善できたのです。
これらは他の産業でF1での技術を応用した一例で、すべてはデータ重視したものです。
そして、これら製品の研究、技術開発を可能にするために、これらの膨大なデータをとり、我々アクロニスは、それらデータを蓄積するツールとデータ保護の ツールをご用意しています。