Windows 10 Creators Update前にパソコンをバックアップしよう


 
Windows 10 Creators Updateが2017年4月11日から提供されます。
Windows 10になってから3回目の大きなアップデートです。Windows 10を含め、ほとんどのOSのアップデート時にはトラブルが発生する可能性も高く、事前のバックアップは必須です。
今回はWindows 10のアップデートについてと、OSアップデート前に準備しておくことを紹介します。

無償で提供されるWindows 10のアップデート
マイクロソフトのWindowsは、仕事や家庭などで使うパソコンのOSとして広く普及しています。
過去のWindowsは、有料で数年に一度、 大きなアップデートとして提供されていました。
Windows XPからVistaへは5年、Windows Vistaから7へは3年のように、数年に一度、新バージョンが提供されていました。

有料なことや、バージョンアップでの不都合を考え、自らアップデートする方は多くなく、新しいWindowsを使うのは、パソコンを買い換えた時が定番だったと思います。
企業ユーザーの場合は、使用しているソフトなどの関係で、新しいパソコンにしても、数世代前の古いOSを使い続けていた事も多かったと思います。

2015年に提供されたWindows 10からは、アップデートのポリシーが大幅に変わりました。
従来のように数年おきに新バージョンを有償で提供するのではなく、半年から1年に一度程度の周期でアップデート版が無償提供されます。
アップデート自体も基本的に自動的に適用され、Windows 10ユーザーは常に最新バージョンを使う事になります。

アップデートしてもOSの名称は Windows 10のままで、基本的な操作性や見た目なども、1回のアップデートでは大きくは変わりません。
このため、ユーザーにとっては操作方法を新しく覚え直す必要がなく、Windows 10の基本的な操作方法を覚えれば、進化したアップデート版へも自然に移行できます。

Windows 10のアップデートで何が変わるのか
Windows 10は2015年7月に提供が始まりました。
1回目のアップデートは2015年11月に提 供された、Windows 10 November Updateです。
大きな変更点はパーソナルアシスタント機能の、Cortana、日本語フォントの改善などがありました。

2回目のアップデートとして2016年9月に 提供されたのがWindows 10 Anniversary Updateです。
認証機能のWindows Helloによる生体認証機能、Windows Inkでのペン機能などが強化されました。

そして2017年4月に提供されるのが3回目 となるWindows 10 Creators Updateです。
3Dのペイントソフト、VR関連の新機能などが追加されます。

このように、各アップデートでは定期的に新機能が追加され機能が強化されています。また、細かな改良も行われ、使い勝手や見た目に関しても微妙に変更されています。
アップルのmacOSも同じように1年に一度 程度の大きなアップデートが行われており、数年前と比べると機能や見た目がだいぶ変わっています。これと同じように、Windows 10も数年後にはだいぶ変わっているかも知れません。



OS アップデート時に問題が発生する可能性は高い
OSのアップデートによって機能が強化され、使い勝手も向上するなど、ユーザーにとっては生産性向上にもつながります。
しかし、アップデートの際に何らかの問題が発 生する可能性があります。

よくあるのが
アップデートが何らかの原因で失敗しOSが起動しなくなってしまう。
アップデート後に一部のソフトなどが不都合で動かなくなる。
のような事です。

このようなトラブルはWindowsに限らず、多くのOSのアップデート時によくある不都合です。

このため、Windowsに限らずOSをアップデートする前のバックアップは必須となっています。

また、企業などで使う場合には、バックアップはもちろん、自社の環境がアップデート後にも問題なく動作するかを確認する必要もあります。
家庭で使う一般ユーザーの場合でも、使っているソフトや周辺機器がアップデートした後に使えるかどうかは確認しておくのが無難です。

従来のWindowsのアップデートよりも、Windows 10のアップデートで規模は小さく、問題が発生する可能性は従来より低いですが、OSのアップデートは何があっても大丈夫なように準備をした上で慎重に行うべきです。

OS アップデート前にはバックアップをしておこう
トラブルが発生するかどうかは事前にわかりませんので、アップデートする前にバックアップをしっかりしておく事は重要となります。
単純にデータを保護しておくだけでなく、OS が起動しなくなることも考え、緊急時に起動できるようにしておきましょう。



Acronis True Imageの場合は、操作画面のツールからブータブルメディアを作成することができます。
ブータブルメディアとは、USBメモリやDVDでパソコンを起動するもので、パソコンが立ち上がらなくなった緊急時などに使うものです。
 


ブータブルメディアを作っておけば、パソコンがアップデートの不都合などで動かなくなっても、このブータブルメディアからパソコンを起動して、何かあった場合にはバックアップ済みの動作している環境へ戻す事ができます。

パソコンによっては、購入時の状態に戻せる機能も用意されているので、その手順をパソコンが起動しなくても分かるように印刷しておくと便利かも知れません。

バックアップ前の準備では、バックアップ自体に時間がかかり、パソコンがアップデート中は使えなくなるという問題もあります。
アップデート時間は、環境にもよりますが、数時間かかる場合もあり、前述したように何らかのトラブルが発生することも予定しておきましょう。
アップデートは、少なくとも数時間はそのパソコンを使わなくても問題ない時間に実行するような事も必要になります。

Windows 10やパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット等も含め、OSをアップデートする際はバックアップなどの事前準備をしっかりとしておきましょう。

Acronis True Image 2017は、Windowsやスマートフォンなどマルチデバイスに対応していますので、様々なデバイス内の大切なデータの保護に役立ちます。

//www.acronis.com/ja-jp/personal/computer-backup/