新型コロナウイルス対策: 在宅勤務時のセキュリティの確保

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な拡大は、「今、そこにある危機」として現実のものとなっています。ウイルスを封じ込め、医療システムの崩壊を防ぐ唯一の方法は、他の人との濃厚接触を避けることが必要不可欠であることは明白です。企業は可能な限り従業員に在宅勤務させる必要に迫られており、これまで在宅勤務を検討したことがないという企業もこの措置を取らざるを得ない状況となっています。

在宅勤務の従業員の課題は、在宅勤務時に必要なツールがパソコンに備わっているか、が挙げられますが、経営者の場合は、それとは別に意識すべきことがあります。自社の貴重なデータを、チームメンバー、ベンダー、パートナーとリモート環境で共有する際、そのデータの安全性が確保されているか、という課題です。

アクロニスは、従業員が在宅勤務をしている場合でも、あらゆるデータ、アプリケーション、システムは、しっかりと保護されるべき、と考えています。

企業およびマネージドサービスプロバイダー(MSP)のための、安心・安全なファイルの共有とは

所有するハードウェアを従業員に支給し在宅勤務を行う企業は未だ少なく、殆どが従業員の自前のデバイスで、業務を行ってもらうことに頼らざるを得ない状況となっています。そのため、企業は従業員が所有する様々なデバイスとオペレーティングシステム、つまりAndroidやiOSの携帯電話からWindowsやMacOSのラップトップコンピューターに至るまで、幅広くサポートするソリューションが必要になったと同時に、個人のデバイス上に企業の貴重なデータを保護する必要性が生じてきています。

エンタープライズレベルのファイル同期・共有ソリューションであるAcronis Cyber Files Cloudは、さまざまな種類のデバイスやシステムをサポートすると同時に、最新のデジタル環境で必要とされるセキュリティの確保を統合的にサポートします。事実、Acronis Cyber Files Cloudを利用するサービスプロバイダーの顧客は、自社データを確実に管理し、保護することができています。このことは、従業員のデバイス上にあるデータ管理・保護についても同様です。

アクロニスのテクノロジーを利用するということ

当社は顧客に私どものテクノロジーをご利用頂くことで、可及的速やかに、かつ広範囲に渡って効果を上げること望んでいます。多くの企業、特に十分なリソース確保が難しい中小企業は、事業を継続するためにサービスプロバイダーの力を必要としており、その最初の取り組みとして、顧客の支援に必要なツールを揃え提供してもらうことを希望しています。

スピードが重要

新型コロナウイルスを封じ込めるには、あらゆる人が迅速に対応する必要があります。現在大きな問題となっているのは、サイバー犯罪者がこの状況を利用しようと目論んでいることです。コロナウイルスをキーワードとしたフィッシング攻撃が行われたり、在宅勤務者がマルウェアやランサムウェアの標的となったりしています。この様に、これまで在宅勤務経験の無い人が格好のターゲットとなっています。在宅勤務無経験の人は、これまで企業のITインフラに依存してきたため、セキュリティを確保するのに必要な習慣が身についていません。このような背景から、企業自体がセキュリティーソリューションの実装をすることが極めて重要です。

貴社でご利用のサービスプロバイダーがAcronis Cyber Files CloudやAcronis Cyber Backup Cloudによるサービス提供の可否がご不明な場合は、サービスプロバイダーに直接お問い合わせ頂くことをお勧めします。在宅勤務対応が早ければ早いほど、従業員、顧客、そして企業の安全を確保することが可能です。

当社は、アクロニスのソリューションを初めて使用するサービスプロバイダーやその顧客向けに、複数のトレーニング用ビデオと、詳細説明をご確認頂けるリソースセンターを備えています。

在宅勤務環境の整備やサイバープロテクションを実装のためのサービスプロバイダーをお探しの方は、アクロニスのパートナーの検索をご利用ください。