Cyber Platform

ビルド。発売。拡張。

Acronis Cyber Platformを利用すれば、ISV、開発者およびMSPは、サイバー保護ソリューションでアプリケーションとサービスをカスタマイズ、統合および拡張し、50,000に上るチャネル パートナーで構成されるアクロニスコミュニティにアクセスできます。

詳細

Acronis Cyber Platformで実現した機能

ソフトウェアを拡張

ソフトウェアを拡張データ保護とサイバーセキュリティに対応するアクロニスのソリューションにより、ユーザーが現在使用しているアプリケーションを拡張します。

新たな収益の増大

新たな収益の増大データソースとデータマネジメントを革新的で新しいソフトウェアやサービスと組み合わせて、このプラットフォームでサイバープロテクションを利用して新たなアプリケーションを開発しましょう。

顧客定着率を向上

顧客定着率を向上新しいサイバーソリューションとユーザーのソフトウェアやサービスに組み込んで、価値を生み出し、差別化を図りましょう。

Acronis Cyber Platformを開発した理由は?

生成されるデータ量がこれまでになく増大するなかで、ISV、OEM、サービスプロバイダーには、データの管理や保護の機能を持つアプリのビルドおよび拡張により、新たな収益源を獲得し、顧客定着率を向上させ、ビジネスを差別化。

  • 15PB2022年までに310億台のデバイスから生成されるデータ出典:IDC
  • 69億ドル世界におけるデータ保護および復元ソフトウェアの市場。出典:IDC
  • 1240億ドル2019年の情報セキュリティに対する投資出典:ガートナー

Acronis Cyber Platformが実現する機能

ISVと開発者はサイバープロテクションソリューションとアプリケーションを構築し、顧客とアクロニスディストリビューションチャネルに対して大きな価値をもたらすことができます。

 
Acronis
カスタマー&
パートナー
  • マネージドサービスプロバイダー
  • サービスプロバイダー
  • 販売パートナー
  • ディストリビュータ
  • Acronis Solutions portal
Acronis
Developer
Network
  • アプリケーション
  • データソース
  • パートナーサービス
  • アナリティクス
  • データのデスティネーション

アプリとサービス、 アクロニスコミュニティへの参加

Cyber Platform

サンプル導入事例

  • ホワイトラベルホワイトラベルプラットフォームパートナーは、サイバープロテクションソリューションを既存のアプリケーションにホワイトラベリングしたり統合したりすることにより、Acronis Cyber Solutionsでアプリケーションとサービスを統合、拡張できます
  • データソースの拡張データソースの拡張企業・法人向けアプリケーションやデータベース、SaaSアプリ、IoTシステムなどから、新たなデータソースをバクアップ・復元、サイバープロテクションサービスに追加することができます。
  • 革新新たなサイバープロテクションソリューションによる革新ISVとシステムインテグレーターは、価値あるソリューションを生み出し、顧客向けのサイバー保護を改良しています。ディープデータアナリシスやカスタム暗号化ソリューションなどのデータ管理機能を追加できます
  •  
  • 新しいデータ管理サービスの開発新しいデータ管理サービスの作成レプリケートしたデータ上に新たなデータサービスを追加して、顧客に提供する価値を向上させることができます。データの追加、ハッキングに関わるデータのスキャン、あるいはデータ処理のためのプラグインを作成してカスタム暗号化機能を付加することができます。
  • 新しいデータデスティネーションの配置新しいデータデスティネーションの配置バックアップデータを保存先を追加しましょう。このSDKを利用して、データを特定のロケーションまたは特定のアプライアンスに保存したい、という顧客からの要件に応えることができます。
アクロニスコミュニティへの参加

ISV、OEM、サービスプロバイダーはAcronis Cyber Platformを使用して、50,000以上のチャネルパートナーが成長を続けているアクロニスコミュニティにアクセスできます。

InterworksCloud
Resello
ActivePlatform
CloudBlue
cPanel
ConnectWise Automate
ConnectWise Manage
Autotask
ConnectWise Control
OnApp
  • 50,000以上のチャネルパートナー
  • 500,000以上のビジネスカスタマー
  • 5,000,000以上のエンドユーザー