プレスセンター

アクロニス、ランサムウェアおよびデータ保護対策の実施に関する意識調査結果を発表

回答者の70.3%が、ランサムウェアの影響について認識していないことが判明


次世代データ保護におけるグローバルリーダであるアクロニス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 大岩憲三、以下アクロニス)は本日、ランサムウェアに対する意識と、データ保護に対して日頃から対策を講じているかについて意識調査結果を発表いたしまし た。

調査の結果、日本国内の回答者の70.3%が、ランサムウェアによってファイルが消去され、コンピュータが使用できなくなることをまだ認識していませんでした。昨年 WannaCry または Petya 攻撃について聞いたことがあると答えた回答者は4.9%にすぎませんでした。回答者の35.2%がデータの保護方法を把握していないか、または何も対策をとっていませんでした。アンケートの回答者の49.5%が、簡単で、誰もが理解できる無償のランサム保護ソリューションがあれば使用したいと答えています。

調査概要
調査内容   :ランサムウェアおよびデータ保護対策の実施に対する意識調査
調査方法   :オンライン調査
調査対象   :日本の一般的インターネットユーザー
調査月      :2018年1月


設問 1.どうやって写真やビデオなどの大切なデータを保護していますか?


設問 2.「ランサムウェア」という言葉を聞いたことがありますか?


設問 3.「iPhone X」、「Google Home」、「メーガン・マークル」、「WannaCryまたはNot Petya」。 これらの言葉で聞いたことがあるものはどれですか? (複数回答)


設問 4.ランサムウェアは、あなたのパソコンなどのコンピュータに保管されているファイルを消去して無効にしてしまうことを知っていますか?


設問 5.もし無償で使えるランサムウェア対策ソフトウェアがあったら使ってみたいと思いますか?


設問 6.あなたがソフトウェアを購入する際、重視する点は何ですか?



アクロニスについて

アクロニスは、革新的なバックアップランサムウェア対策ディザスタリカバリストレージ企業向けファイル同期・共有ソリューションによって、サイバープロテクションハイブリッドクラウドストレージの標準を確立します。AIベースのActive Protectionテクノロジーブロックチェーンベースのデータ証明、独自のハイブリッドクラウドアーキテクチャにより強化されたアクロニスの製品は、物理、仮想、クラウド、モバイルのワークロードおよびアプリケーションを含む、あらゆる環境のあらゆるデータを保護します。

アクロニスは2003年にシンガポールで設立され、現在世界中で500万人以上の個人ユーザーと、世界のトップ企業100社のうち79社を含む50万社以上の企業に信頼されています。


10499