プレスセンター

アクロニス、3月31日のWORLD BACKUP DAYに合わせ、バックアップに関する調査結果を発表

セキュリティリスクとデータ保護に対する備えに、深刻なギャップがあることが明らかに


次世代データ保護におけるグローバルリーダであるアクロニス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 大岩憲三、以下アクロニス)は、毎年3月31日に世界的に実施されている 「WORLD BACKUP DAY (ワールド バックアップ デイ)」に合わせて、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ドイツ、フランス、スペイン、日本を対象に、バックアップに関する調査を実施し、本日調査結果を発表いたしました。

調査の結果から、64.9%(グローバルは62.5%)の人はランサムウェアについて知らないと回答しています。大多数の回答者は、ランサムウェア攻撃がもたらす脅威を認知しておらず、またこういったランサムウェアの攻撃に対して備える方法も知らなかったことが明らかになりました。


調査概要
調査内容  :ランサムウェアおよびデータ保護対策の実施に対する意識調査
調査方法  :オンライン調査
調査対象  :グローバル(アメリカ、イギリス、オーストラリア、ドイツ、フランス、スペイン)、日本の一般的インターネットユーザー
調査月     :2018年3月

設問 1.あなたや家族の中で、パソコンやスマートフォンなどのモバイルデバイスのデータをなくしたことはありますか?

設問 2.あなたの家には(家族分を含む)、パソコンやスマートフォンなどのデバイスを何台所有していますか?

設問 3.あなたが持っているパーソナルデータ(写真、ビデオ、音楽、その他ドキュメントなどのファイル)はどのようにバックアップしていますか?

設問 4.「ランサムウェア」という言葉を聞いたことはありますか? またこの「ランサムウェア」はあなたやあなたの家族に悪影響を及ぼす危険性があるということを知っていますか?

設問 5.ランサムウェアは、あなたのパソコンやその中にあるデータを破壊するということを知っていますか?

設問 6.ランサムウェアの被害にあった際もしくはデータをなくしたりした場合、お金を払えばデータを取り戻せるとしたら、いくらなら支払ってでもデータを取り戻したいと思いますか。

設問 7.FacebookやInstagramにある写真や投稿などのデータはどのくらいあなたにとって重要ですか? もしすべてが消えてしまったらどう思いますか?

 



アクロニスについて

アクロニスは、革新的なバックアップランサムウェア対策ディザスタリカバリストレージ企業向けファイル同期・共有ソリューションによって、サイバープロテクションハイブリッドクラウドストレージの標準を確立します。AIベースのActive Protectionテクノロジーブロックチェーンベースのデータ証明、独自のハイブリッドクラウドアーキテクチャにより強化されたアクロニスの製品は、物理、仮想、クラウド、モバイルのワークロードおよびアプリケーションを含む、あらゆる環境のあらゆるデータを保護します。

アクロニスは2003年にシンガポールで設立され、現在世界中で500万人以上の個人ユーザーと、世界のトップ企業100社のうち79社を含む50万社以上の企業に信頼されています。


10609