プレスセンター

アクロニス、セキュリティ・オペレーション・センター(SOC)を開設

※本リリースは2018年11月21日にスイスのシャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

サイバープロテクションハイブリッドクラウドソリューションのグローバルリーダーであり、今年15周年を迎えたアクロニスは本日、お客様のデータおよびシステム保護のため、24時間365日体制でサイバー脅威インテリジェンスの収集・分析を行うため、シンガポールにセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)を開設したことを発表します。

グローバルネットワーク

アクロニスは、SOCのグローバルネットワークを確立するために、研究開発(R&D)センターをアジア、ヨーロッパ、北米に拡大しています。ヨーロッパのR&Dセンターとしては、今年、アリゾナオフィスにR&Dセンターを新たに開設、今後3年間で2,000万ドルを投資し、100人の人員を追加する予定です。

これらの施設は、世界中のデータ保護環境を監視し、アクロニスの500人を超えるエンジニアが最新の脅威に取り組むことを手助けしています。アクロニスのエキスパートは、戦略的に反映されたネットAcronis True Image 2019 Cyber Protectionなどの製品のアップデートにも反映されています。

先進的なテクノロジーを備えたセンターは、サイバープロテクションの5つのベクトルであり、開発の取り組みの基盤となる、「安全性(Safety)」、「アクセシビリティ(Accessibility)」、「Privacy(プライバシー)」、「Authenticity(真正性)」、「セキュリティ(Security)」に対処するための情報と知見をアクロニスにもたらすとともに、これらを保証します。

アクロニスのプレジデントであるジョン・ザニ(John Zanni)は次のように述べています。「近年、データに対する脅威は圧倒的なペースで進化しています。あらゆるデータ、アプリ、システムを保護するという我々の使命を果たすために、アクロニスのエキスパートチームは、データソースを継続的に監視し、新たな脅威を特定できるようにしています。そのため我々は、効果的なソリューションを開発することができるのです。SOCのエキスパートがもたらす発見のおかげで、我々は、ユーザーのデータを脅かす最新の脅威シナリオに対してより迅速に対応できます」



アクロニスについて

アクロニスは、革新的なバックアップランサムウェア対策ディザスタリカバリストレージ企業向けファイル同期・共有ソリューションによって、サイバープロテクションハイブリッドクラウドストレージの標準を確立します。AIベースのActive Protectionテクノロジーブロックチェーンベースのデータ証明、独自のハイブリッドクラウドアーキテクチャにより強化されたアクロニスの製品は、物理、仮想、クラウド、モバイルのワークロードおよびアプリケーションを含む、あらゆる環境のあらゆるデータを保護します。

アクロニスは2003年にシンガポールで設立され、現在世界中で500万人以上の個人ユーザーと、世界のトップ企業100社のうち79社を含む50万社以上の企業に信頼されています。


11114