企業・法人向けバックアップとストレージ管理

Acronis Backup Advanced

マルチシステム環境のための統合されたバックアップ&リカバリソリューション

Windows Server | PC | Hyper-V | Exchange | SQL

Acronis Backup

特定のシステムの迅速な保護

Acronis Backup Advanced

複数のシステムの統合された保護

Acronisソリューション

複雑化した問題の効率的な解決方法

1つの使いやすいコンソールによって管理される効果的なバックアップソリューションで、ビジネスクリティカルな物理システム、仮想システム、およびクラウドをすべて保護します。

Acronis Backup Advancedは、より大規模なエンタープライズ環境向けに特別に設計されており、環境内のすべてのシステム(その複雑さに関わらず)に対する世界クラスの保護と高速で柔軟な災害復旧を実現します。

・仮想マシン、物理サーバ、PCなど、あらゆるシステムをサポートします。

・受賞歴のあるバックアップ技術により、簡単な手順でシステム全体を保護します。

・短時間での高速リカバリを実現します。

・柔軟なデータリカバリにより、バックアップデータから電子メールなどの単位で復元が可能です。

・複数保存先のサポートにより、バックアップデータを任意の場所に保存できます。

・優れたバックアップ機能により、ネットワーク帯域の消費とストレージのコストを削減できます。

最適なバックアップソリューションを構築します。Acronis Backup Advancedシリーズは、さまざまなロケーションやデータに対応しています。物理システム、仮想システムをすべて保護するカスタムソリューションを提供します。

管理の簡素化。Acronis Backup Advancedにより、1つの集中管理コンソールですべてのシステムに対するバックアップアクティビティを監視できます。

 

主な機能

ディスクイメージ技術

ディスクレベルのスナップショットでは、1回の簡単な手順でディスクまたはボリュームの完全なイメージ(オペレーティングシステム、アプリケーション、およびデータを含む)を保護します。この技術は、物理コンピュータと仮想コンピュータの両方に対応しています。

集中管理

統合されたダッシュボードを使用すると、集中管理用の単一のロケーションから物理コンピュータと仮想コンピュータの両方のバックアップ操作をすべて管理できます。また、1台以上のコンピュータへのバックアップ計画の割り当て、ステータスアップデートの確認、アラートの受け取りをすべて1つのコンソールから行うことができます。

ビジネスアプリケーションの保護

アクロニスの特許取得済みのディスクイメージ技術により、実行中のアプリケーションの一貫性のあるバックアップを作成できます。これにより、作業中にExchange、SQLサーバ、SharePoint、およびActive Directoryのデータをバックアップできます。システムをオフラインにすることなく、アプリケーションデータを細かな単位で復元し、損害をもたらすダウンタイムからビジネスを保護することができます。

圧縮および重複除外

ソースサイドまたはターゲットサイドで重複除外を実行して、データの移動を最小限に抑え、ストレージとネットワークインフラの使用率を最大限に高めることができます。これにより、ストレージのコストを削減し、ネットワークの負荷を最小限に抑えることができます。

複数のバックアップ先

バックアップを最大5ヵ所の別々のロケーションに保存することで、より柔軟性と信頼性の高いリカバリが実現します。ローカルディスク、接続されたストレージ、テープ、ネットワークストレージ、クラウドロケーションを組み合わせることで、ストレージコストを最小限に抑え、災害発生時の復元オプションを複数用意することができます。

その他の機能

完全な仮想サーバ保護

Acronis Backup Advancedは、仮想化技術をサポートしており、さまざまなハイパーバイザおよび物理コンピュータ間でのデータ保護および移行機能を実現します。

異なるハードウェアへの復元

Acronis Universal Restore技術を使用すると、(ブータブルメディアまたはPXEサーバから起動して)異なるハードウェアにシステムのベアメタルリカバリを行うことができます。これにより、サーバ全体をすばやく復旧し、損害をもたらすダウンタイムを最小限に抑えることができます。

バックアップ操作のスケジューリング

Acronisバックアップは、ユーザー固有のスケジュールに基づいて自動的に実行できます。また、柔軟性に優れており、特定のイベント(ユーザーのログオン/ログオフ、コンピュータの電源のオン/オフなど)が発生したときに実行することもできます。

バックアップスキーム

Acronis Backup Advanced製品は、GFS(Grandfather-Father-Son)やハノイの塔などの、あらかじめ定義された一連の業界標準スキームを備えています。詳細設定を使用すると、カスタムスキームを構成できます。

カタログとインデックス付け

バックアップのインデックス付けと一元的なカタログにより、バックアップが複数のストレージメディアに分割されている場合でも、ディスクイメージ、ファイル、フォルダ、アプリケーションデータベース、または個々のデータ項目の特定のバージョンをすばやく見つけることができます。

調整

ネットワークの帯域幅とディスク書き込み速度を調整してバックアップ操作を制限することで、本番稼働中にバックアップの実行による影響を最小限に抑えることができます。

ベアメタルリカバリ

アクロニスのディスクイメージ技術により、システムとユーザーデータの正確なレプリカを作成し、重大なドライブ障害が発生した場合に、そのレプリカを新しいドライブに復元することができます。

暗号化されたストレージと通信

重要なバックアップデータは、業界標準の256ビットAESアルゴリズムを使用して暗号化できます。デフォルトでは、すべてのデータ転送はSSLで暗号化されたチャネル経由で実行されます。

増分バックアップおよび差分バックアップ

増分バックアップおよび差分バックアップでは、最後のバックアップ以降に行われた変更のみを特定するため、大幅にバックアップ時間が短縮され、ネットワークの帯域幅およびバックアップストレージへの影響が軽減されます。

Wake-On-LANのサポート

Wake-On-LAN機能は、バックアップを実行する時間になると、コンピュータの電源を自動的に入れます。これにより、電源の状態に関係なく、そのコンピュータのバックアップ計画が確実に実行されます。

ベリファイと統合

手動またはスケジュールによるバックアップの自動ベリファイにより、システムおよびユーザーデータがリカバリ可能であることが保証されます。増分バックアップの統合により、追加の記憶域スペースを節約できます。

ストレージおよび保持ポリシー

バックアップデータは、さまざまストレージロケーション間で自動的に移動されます。古いバックアップは、新しく作成されたバックアップ用のスペースを確保するために削除することもできます。

Acronis Backup Advanced

シンプルな製品ライセンス

Acronis Backup Advanced 製品群は、サーバー、アプリケーション、およびワークステーションを保護するために必要なすべての機能を備えています。大規模環境向けに、Acronis Backup Advanced suite のすべての製品を利用できる Universal License もご用意しています。

AnyData Technology

Acronis AnyData Technologyは、デバイス、オペレーティングシステム、仮想環境、アプリケーション、およびストレージロケーションをすべて保護します。AnyData Technologyにより、Acronis Backup Advanced suiteの任意の製品をシームレスに組み合わせて、共通のユーザーインターフェイスと統合ポリシーを備え、集中管理可能な単一のデータ保護プラットフォームを構築できます。

製品名変更に関するFAQ

Q:製品名はどのように変更されましたか?

A:製品名は以下のように変更となりました。

旧製品名 新製品名
Acronis Backup & Recovery Acronis Backup 
Acronis Backup & Recovery Advanced Server Acronis Backup Advanced 
Acronis Backup & Recovery Workstation Acronis Backup for PC
Acronis Backup & Recovery Advanced Workstation Acronis Backup Advanced for PC
Acronis vmProtect Acronis Backup for VMware

詳細は、製品名称変更マトリクスをご参照ください。

Q:ABR11.5 の最新アップデートはどこで取得できますか?

A:Acronis Backup & Recovery 11.5をご利用のお客様は、製品名変更後のアップデートをご利用いただけます。通常どおり、マイアカウントよりアップデートプログラムをダウンロードください。

Q:製品名変更前に購入したライセンスは製品名変更後のアップデートでも使用できますか?

A:はい。新しいコンピュータにクリーンインストールを実行した場合も、製品名変更前のライセンスがご利用いただけます。

Q:ユニバーサルリストアと重複除外のアドオンの販売は終了したのですか?

A:ユニバーサルリストアと重複除外は、標準搭載機能となりました。

・Acronis Backup Advancedには、ユニバーサルリストアと重複除外が標準搭載されています

・Acronis Backupには、ユニバーサルリストアが標準搭載されています

Click Tracking

ClickTale