仮想化サーバーのバックアップをどのようにして高速化させるか

もし、災害が直撃しサーバーがダウンしたら、最も重要なものは「壁に掛けられた時計」でしょう。
つまり、「ダウンタイム」は「コスト」であるということです。
企業にとって1時間のダウンタイムは100万ドル(1ドル=100円として、1億円)、中小企業であっても1時間で2万ドル(200万円)のコストがかかります。
このような災害復旧時においては、文字通り、「時は金なり」、毎秒カウントされていくのです。
 

すべてのサーバーシステムのバックアップを完全にディスクにコピーされていた場合、
このような事態になった場合には、新しいハードウェアにバックアップストレージからバックアップデータを移行させ、
システムを即時に復旧させる必要があります。
しかし、サーバーの復旧時間はバックアップしたデータのサイズに比例します。おそらく数時間かかってしまうでしょう。

Acronis Instant Restore (アクロニス インスタント リストア) テクノロジ
アクロニスの独自のテクノロジである「Acronis Instant Restore」を使えば、サーバーの復旧時間を大幅に短縮することが可能です。

なぜならば、「Acronis Instant Restore」のテクノロジを使うことで、バックアップデータを移動せずに、
既存のMicrosoftのHyper-VやVMware vSphereのESXiホストに、バックアップストレージから直接システムを起動することができるからです。
このテクノロジを使うことで、瞬時にサーバーを復旧させることができるのです。

仕組みは下記のとおりです。
仮想ホストにインストールされているAcronis Backupエージェントは、データストアのような仮想ストレージを作ります。
ハイパーバイザは、この仮想デバイスから読み込むたびに、エージェントは、バックアップストレージからデータを取得し、ハイパーバイザにそれを提示します。
その結果、バックアップの読み出しは、オンデマンドで行われるため、ハイパーバイザストレージにバックアップ全体を移動する必要がないということになるのです。
ハイパーバイザは、データを書き込みが必要な場合は、ホスト上の一時的なストレージに書き込むのです。
仮想マシンを起動するとオペレーションシステムとアプリケーションが実行され、データが利用可能になる。

お分かりになるように、このテクノロジはハイパーバイザ―に対し透明化な存在なのです。

Acronis Backup エージェントは、システムの復元にAcronis Instant Restoreテクノロジを採用することで、より確実にしているのです。
物理または仮想、WindowsまたはLinux、など、即座に任意のシステムのバックアップを起動します。

一度システムが起動させれば、Acronis BackupやVMeareのvMotionを使って、仮想マシンから他のデータストアに移すことが可能です。
その結果、システムが回復し、あなたは数秒で再びサービスを提供開始することができます。
壁の時計よ、これでもか!といった具合に。

Acronis Instant Restoreについてまとめると、
VMwareまたはHyper-V VMのような任意の物理または仮想WindowsまたはLinuxシステムのバックアップを実行することによって、
目標復旧時間の短縮化を図れる唯一の技術でなのです。

Acronis Backup の製品情報はこちらからご覧ください。
御社のシステムに対してご相談、ご質問があれば、お気軽にご連絡ください。