ランサムウェアWannaCryを知っている方は4.9%

アクロニスでは、無償のランサムウェア対策ソフト「Acronis Ransomware Protection」の提供に合わせてランサムウェアやデータ保護に関する意識調査をしました。

オンラインで2018年1月に行われた調査ですが、ランサムウェアに関する認知度、データ保護に関する意識も高く無い事がわかりました。
このままの状態が続けば、データを失ってしま うランサムウェアの被害が今後も多発する可能性があります。

ランサムウェアの認知度は3割以下

今回の調査結果で、ランサムウェアがデータを無効にしてしまうことを理解している方は29.7%でした。
ランサムウェアはデータを暗号化するなどし、暗号化を解除するのに身代金を要求するマルウェア(コンピューター)です。

2017年には実際にランサムウェアによる被害が世界中で報じられました。WannaCryは2017年に話題になったランサムウェアの1つですが、この名称の認知度になるとさらに下がります。
 

イギリスのヘンリー王子の婚約者の名前はメー ガン・マークルですが、認知度は9.9%で高くはありませんでした。昨年大きな話題になったWannaCryなど、ランサムウェアの名称の認知度はさらに低く4.9%しかありませんでした。
つまり、ランサムウェアという存在自体を知っている方はある程度の割合いるが、ランサムウェアによる被害の詳細をしっかり理解している方はその中でも限られるという状況のようです。


 
写真などの大切なデータを保護しているかという設問では、3割程度の方が何らかの形でバックアップはしているようですが、3割以上の方が何もしていないそうです。

これらのアンケート結果から考えると、ランサムウェアを理解してしっかりデータも保護が出来ている方はかなり限られるという状況のようです。
バックアップをしていない方も多いが、バック アップしている方でも、ランサムウェアの被害にあわないデータの保護方法をしているとは限らないというような状況になりそうです。

調査の詳細はこちらでご覧いただけます。
アクロニス、ランサムウェアおよびデータ保護 対策の実施に関する意識調査結果を発表
https://www.acronis.com/ja-jp/pr/2018/01/25-00-21.html

ランサムウェアによりいつデータが失われるかわからない
大切なデータを何らかの形で保護をしている方はいますが、何もしていない方も同じくらいの割合でいるようです。
何もしていない場合はもちろんですが、ランサムウェアに関してよく理解していない場合、データの保護方法が適切ではない場合もあります。

例えば、外付けHDDにデータをコピーしてバックアップしたつもりになっている場合、ランサムウェアがそのバックアップしたデータも暗号化してしまう危険性があります。

このため、ランサムウェアからデータを保護するには、どのような保護方法をしているかが重要になります。

パソコンに感染するランサムウェアは、そのパソコンからアクセスできる画像ファイルや文章ファイルなどを短時間で暗号化してしまいます。
スマートフォンに感染するランサムウェアの場合、スマートフォン自体をロックしてしまうようなものもあります。

無料でランサムウェアの被害からデータを守ろう
被害を防ぐには基本的なセキュリティ対策をした上で、ランサムウェアによるファイルの無効化に備える必要があります。
データ暗号化の被害に備えるためには、クラウドなどのランサムウェアがアクセスできない場所へのバックアップが有効です。

クラウドへのバックアップは、クラウドへのバックアップに対応したエディションの個人向けのバックアップソフトAcronis True Image 2018や、企業向けのAcronis Backup 12.5で可能です。

さらに、ランサムウェアの動作を理解した上で、被害にあわないデータのバックアップ方法、スマートフォンならスマートフォンにある様々な情報の保護も必要になります。

スマートフォンは、写真などだけではなく様々な重要なアカウントの鍵になっている場合があります。
スマートフォンのデータ自体はアクロニスのバックアップソリューションで保護可能ですが、出来ない事もあります。
例えば、アカウントの2段階認証にスマートフォンを利用している場合、ランサムウェアによりスマートフォンがロックされると、アカウントへのログインが出来なくなってしまう場合があります。

データの保護自体も重要ですが、ランサムウェアに感染してしまった場合の事も考えて、それに備えた対策をしましょう。

対策はすぐに行うことが推奨されます。
データのバックアップも重要ですが、簡単にできる対策として、無料で出来るアクロニスのランサムウェア対策ソフト「Acronis Ransomware Protection」の導入がおすすめです。

こちらは、ソフトをインストールしアカウント登録などの最低限の設定をすれば、無料で5GBまでの大切なデータを保護可能です。

Acronis Ransomware Protection
https://www.acronis.com/ja-jp/personal/free-data-protection/



さらに、データの保護をしっかり行いたい場合は、個人ユーザーならAcronis True Image 2018、企業ユーザーならAcronis Backup 12.5も利用可能です。

個人向けバックアップソフト
Acronis True Image 2018

https://www.acronis.com/ja-jp/personal/computer-backup/

法人向けバックアップソリューション
Acronis Backup 12.5

https://www.acronis.com/ja-jp/business/backup/

無料の物も含めアクロニスでは様々な保護手段を用意しています。ランサムウェアの脅威から大切なデータを守りましょう。