スモールビジネスに最適のバックアップソリューションは

アクロニスのバックアップソリューションは、パーソナル(個人向け)と、ビジネス(企業や組織向け)の製品に別れています。
    

一般家庭でバックアップする場合、家族数台分のパソコン、スマートフォンをバックアップするケースが多いと思います。

例えば4人家族
家族みんなで使用するパソコン 1台
家族4人分のスマートフォン 4台
タブレット 1台



この場合は個人向けの「Acronis True Image 2017」が適しています。

一方で、企業や組織内で使用するパソコンは、数十台から数百台もしくはそれ以上。サーバーも数台から数十台もしくはそれ以上。このようなデータをバックアップする場合は、もちろん法人向け 「Acronis Backup 12.5」がベストなソリューションです。

「うちの会社は、従業員は10名程度なんだが、どういう言ったバックアップソリューションを使うのがいいんだろう?」実は、こう言ったお客様のご相談はよくあります。このような場合はどちらを選ぶのがいいのでしょうか

使用するパソコンは5台~10台程度のスモールオフィスの場合、個々のパソコンに「Acronis True Image 2017」をインストールしデータバックアップを取るケースもありますが、実は、管理コストや製品機能を考えて企業向けの「Acronis Backup 12.5」の方がトータルで見てバランスが良いケースもあるんです。

Acronis True Image 2017 と Acronis Backup 12.5の違い
すべての機能比較は、こちらでご確認いただけますが、簡単に言えば家庭用で個人が利用するのが「Acronis True Image 2017」、企業や組織で管理者が運用するようになっており、機能も多いのが「Acronis Backup 12.5」です。

SOHO・ 個人事業主の場合
SOHOや個人事業主で所有するパソコンが、 “家族用と仕事用合わせて3台”というような場合には、「Acronis True Image 2017」でも問題ありません。
「Acronis True Image 2017」には、購入時にバックアップするパソコンの台数を1台、3台、5台から選ぶ事ができます。またタブレットやスマートフォンのバックアップは台数無制限でご利用いただけます。

パソコンやサーバーを所有する企業や組織の場合
パソコンだけではなくサーバーを所有する企業組織の場合は、「Acronis Backup 12.5」を選択することで、パソコンの台数、サーバーの台数等に合わせ、柔軟にライセンスを購入できます。
バックアップ管理関連機能で最も異なることは、組織内のIT環境を一括で管理できる機能が「Acronis Backup 12.5」には用意されている点です。

個人向けの「Acronis True Image 2017」の場合、バックアップの管理は基本的にインストールしたパソコン上で各ユーザーが行う必要がありますが、「Acronis Backup 12.5」の場合は、管理者が一括管理できます。
IT部門の管理者やITに詳しい社員が社内のインフラを管理しているような場合は、バックアップの一括管理によって管理者の手間が省かれます。さらに将来IT環境が拡張した場合でも柔軟に対応可能が でき、長期的にも管理・コストともにバランスも良いのが「Acronis Backup 12.5」です。

Acronis Backup 12.5が組織や企業の利用に便利な点
個人や数人の規模なら管理の手間はあまりかかりませんが、組織内に数十台のパソコンがあると、個別管理作業に時間がかかってしまいます。特にビジネスの運営を支えているシステムダウンや、重要なビジ ネスデータの損失は、ビジネスを直撃します。そのようなことが無いように効率的にIT環境を管理できるのが「Acronis Backup 12.5」です。

「Acronis Backup 12.5」の場合は、Webベースの一元管理コンソールを用意しています。IT管理者は、ご自身のパソコンから社内全体のITを見渡せますので、わざわざ管理サーバーの前に直接行く必要もなし、遠隔管理も可能です。

また、関連する情報を1つの画面に表示させることができるので、バックアップされていない機器やエラーが起こっている機器など通知し、バックアップを支援します。
さらにレポート機能により、定期的にレポートを作成し、その内容をメール送信する事も可能です。このような管理機能を活用すれば、定期的に必要になる作業も最小限の負担に抑えられます。

ランサムウェアや様々な環境に対応するバックアップソリューション
「Acronis Backup 12.5」は、パソコンのデータをバックアップするだけで無く、メールをOffice 365で運用しているならメールボックスなどのバックアップも可能ですし、Microsoft Azure、Amazon EC2などのクラウド環境のバックアップも可能です。

また、最近世界中で被害が増大化しているラン サムウェアへの対策機能も搭載しています。ランサムウェア対策「Acronis Active Protection™」は、個人向けでは上位版の「Acronis True Image 2017 New Generation」、「Acronis Backup 12.5」ではスタンダード版、アドバンスト版いずれも利用可能です。データバックアップは、最も有効なランサムウェア対策の一つとして多くのセキュリ ティ専門家が推奨しています。

詳しくはご相談を
個人向けの「Acronis True Image 2017」か、「Acronis Backup 12.5」を選ぶかは、バックアップする台数や環境によって異なります。
どちらが良いか判断がつかない場合、関連資料も豊富に用意してある製品のサイトもご参考いただければと思います。
製品の仕様や導入相談に関するお問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください。

Acronis Backup 12.5
https: //www.acronis.com/ja-jp/business/backup/

Acronis True Image 2017
https: //www.acronis.com/ja-jp/personal/computer-backup/