プレスセンター

アクロニスとサハラ・フォース・インディアが、データ保護テクノロジーの公式パートナーシップを発表

チームファクトリーおよびトラックで、ハイブ リッドITインフラに完全なデータ保護とAIベースのランサムウェア対策を提供


当リ リースは2018年4月3 日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています。


ハイブリッドクラウドのデータ保護およびスト レージのグローバルリーダーであるアクロニスと、サハラ・フォース・インディア・フォーミュラワン・チームは、本日、データ保護テクノロジーの公式パートナーシップを発表しました。アクロニスはチームのファクトリー、風洞施設、トラックサイドITインフラに、バックアップ、災害復旧、ソフトウェア定義ストレージ、ファイルの同期と共有、人工知能(AI)ベースのランサムウェア対策を提供して参ります。

契約の一部として、英国シルバーストーンにあ るチームファクトリーのミッションコントロールルームが「アクロニスミッションコントロールセンター(Acronis Mission Control Centre)」と名づけられ、フォーミュラ・ワンにおけるデータの価値とデータ保護の重要性を示すことになります。

新ブランドとなったアクロニスミッションコントロールセンターは、レースおよびプラクティスセッションが開催されるたびに活気を帯びます。VJM11がトラック上に登場すると、コントロールセンターはデータのライブストリームを受信しはじめ、それによってエンジニアとレースストラテジストがシミュレーションを行い、ドライバーに情報をフィードバックできるようになります。コントロールセンターはさらにピットウォールにいるエンジニアとリアルタイムで連絡を取り、レース中およびセッション間に支援と追加情報を提供します。

フォーミュラ・ワンは、世界屈指の技術的に進歩したスポーツです。サハラ・フォース・インディアは、レーストラックで数百ギガバイトにのぼるテレメトリーデータを取り込み、ファクトリーで常にテラバイト単位のエンジニアリングデータを生み出しています。アクロニスは、データを保管し、保護し、ランサムウェアの攻撃から守るための、最も革新的かつ効果的な方法を提供していきます。

サハラ・フォース・インディアはAIベースの Acronis Active Protection テクノロジーを最大限に活用します。このテクノロジーは、従来のシグニチャベースのアプローチよりはるかに進んだ、マルウェア検知のヒューリスティック(経験則に基づく)アプローチを用いています。堅牢な自己防衛メカニズムが、データおよびシステムファイルを自動的に保護するだけでなく、攻撃者による バックアップソフトウェアの破壊やバックアップファイルの内容変更を防ぎます。この革新的なアンチランサムウェアテクノロジーは、サーバーでもエンジニアのラップトップでも、複数のサイトでチームのデータを保護します。

チームは以下をはじめ、アクロニスのすべてのデータ保護ソリューションを利用します。

•    Acronis Backup:即時のデータ復旧が可能な、世界で最もセ キュアなバックアップ。
•    Acronis Storage:スケーラブルでセキュアな、オンプレミス およびクラウド内でのユニバーサルソフトウェア・ディファンドストレージ。
•    Acronis Access Advanced:セキュアで柔軟性に富んだ、エンタープライズファイル同期および共有ソリューション。

チーム最高執行責任者、オトマー・サフナウアー氏のコメント
「アクロニスとのパートナーシップは私たちのデータ管理対策の一環で、チームの情報が安全でセキュアな方法によって管理されているという自信をもたらしてくれます。私たちはアクロニスのデータ保護およびストレージソリューションの能力を実証していくと同時に、アクロニスにモータースポーツ界のニーズに関する洞察を提供していくので、これは相互に利益をもたらすパートナーシップとなります」

アクロニス プレジデント、ジョン・ザニのコメント
「サハラ・フォース・インディアとのパートナーシップを非常に誇りに思います。アクロニスの革新的なテクノロジーはモータースポーツチームの要件を完全に満たしており、最も必要とされるときにデータを迅速、容易かつ確実に保護します。互いに実り豊かなシーズンとなることを期待しています。」

モータースポーツに関するAcronisの技術のより詳しい情報については、こちらをご覧下さい。(英語サイト)
https://motorsport.acronis.com/



アクロニスについて

アクロニスは、革新的なバックアップランサムウェア対策ディザスタリカバリストレージ企業向けファイル同期・共有ソリューションによって、サイバープロテクションハイブリッドクラウドストレージの標準を確立します。AIベースのActive Protectionテクノロジーブロックチェーンベースのデータ証明、独自のハイブリッドクラウドアーキテクチャにより強化されたアクロニスの製品は、物理、仮想、クラウド、モバイルのワークロードおよびアプリケーションを含む、あらゆる環境のあらゆるデータを保護します。

アクロニスは2003年にシンガポールで設立され、現在世界中で500万人以上の個人ユーザーと、世界のトップ企業100社のうち79社を含む50万社以上の企業に信頼されています。


10619