ビジネスに役立つバックアップと復旧のための 秘訣とコツ

御社のデータは安全に守られてていますか?
適切なバックアップ方法を選択することは、企 業の資産ともいえるデータ保護をする際、最も重要な決定事項の1つです。
ビジネスに不可欠なシステムの効果的なバック アップおよびリカバリ計画を作成する方法には、ミラーバック アップ完全(フル) バックアップ増分バック アップ差分バック アップなどが一般的なバックアップです。今回は一般的なバックアップの方法の違いについてご紹介いたしますので、ぜひこの機会 に確認をしてみてください。
そして、もし既に実行しているバックアップ計画があれば、本当に適切に保護されているかこの機会に見直して、データ保護に関する戦略が十分であるかぜひ確 認してみてください。

1. 適切なバックアップ方法を選択する
多くの企業に採用されている、一般的なバック アップ方法を簡単に説明します:
ミラーバック アップは、ソースデータのミラーコピーを作成します。ソースファイルが削除されると、そのファイルも自動的にミラーバックアッ プで削除されます。
•   長所:高速バックアップ、高速リカバリ
•   短所:データ損失のリスクが高い
フルバックアップは、システム全体と保護したいすべてのデータをキャプチャします。フルバックアップを頻繁に行うと、リカバリ 操作が簡単になります。
•   利点:高速で信頼性の高い回復
•   短所:バックアップが遅く、多くのストレージが必要
増分バック アップは、最後の増分バックアップ以降に加えられた変更のみを取得します。時間とストレージスペースを節約し、バックアップが 最新であることを保証します。  
•   長所:高速バックアップ、低記憶容量
•   短所:回復が遅く、データが損失するリスク
差分バック アップは、前回の差分バックアップ以降の最後の完全バックアップ以降に加えられた変更のみを取得します。これにはより多くのス トレージスペースが必要ですが、より簡単で信頼性の高いリストアが保証されます。多くの組織では、増分バックアップと差分バックアップの両方のソリュー ションが苦労しています。
•   長所:高速バックアップ、低記憶容量
•   短所:回復が遅い

Acronis のオススメ対策はこれ!
費用対効果に優れ、効率的で信頼性の高いバッ クアップを実現するには、定期的にスケジュールされたフルシステムイメージバックアップと毎日の増分バックアップまたは差分バックアップを組み合わせることをお勧めします。


2. 適切なバックアップ先を選択する
バックアップを作成したら、そのバックアップ データを安全に保存する場所を決めてください。
多くの企業で採用されているデータの保管場所 は、次のとおりです。
外付けハードドライブ
•   ポータブルで比較的安価
•   広く使用されている記憶媒体
クラウドストレージ
•   オフサイトストレージを保護する
•   ファイルはいつでも安全にアクセス可能です
•   最も信頼性が高くビジネスデータに便利
ネットワーク接続ストレージ(NAS)
•   NASデバイスを使用する
•   ネットワーク上のどこからでもアクセス可能

Acronis のオススメ対策はこれ!
ローカル/ネットワークバックアップでは、火 災、洪水、盗難、サイバーテロなどの大きな脅威から保護することはできません。御社のシステムを様々な災害や脅威から保護するために、3-2-1のルールに従って、ローカルと セキュアなクラウドバックアップを組み合わせることをお勧めします。


3. 効果的な災害復旧計画を作成する
もし、出張中に社員のパソコンが壊れたらどう しますか?
しかも、翌日はお客様の前で大事なプレゼンを する予定だったら、どうしますか?
ランサムウェアなどの脅威の被害を受け、会社 全体のシステムが停止してしまったらどうしますか?

災害が発生すると、システムのダウンタイム は、会社の損失にもつながり、お客様のビジネスにも直接影響を与えてしまいます。迅速かつ効率的なリカバリを確実に行うためには、明確に定義された災害復 旧(DR)計画を策定する必要があります。

以下は、DRプランの作成中に質問する質問で す。
•   災害発生時、システムの復旧に関するの責任者は誰ですか?
•   従業員はクラウドストレージから、自分に必要な大量のデータを簡単に回復できますか?
•   別のメーカー/モデルのハードウェアにシステムを移行・復元することはできますか?
•   コンピュータまたはサーバーを復元すると、アイテムを手動で再構成して再インストールする必要がありますか?
•   一度に複数のシステムを簡単に復元できますか?
•   従業員のコンピュータが、突然故障した場合、どうなりますか?
•   別のオフィスまたは場所にあるサーバーを復元することはできますか?
•   完全なベアメタルリカバリを簡単に実行できますか?

Acronis のオススメ対策はこれ!
DR計画を定期的にテストして、手順が最新で あり、追跡が容易で、DRチームがアクセス可能であることを確認してください。新しい異機種ハードウェア(異なるメーカー/モデル)にも簡単にシステムを 復元できるバックアップソリューションを選択することで、時間とコストを節約できます。

3つ のクイックバックアップのヒント!
1. シンプルに保つ
高速インストー ル、非常に使いやすいインターフェース、現在のシステム設定とのシームレスな統合により、時間と労力を節約します。
2. スケーラブルにする
インクリメンタル バックアップと差分バックアップを組み合わせ、お客様のビジネスと共に成長し発展する柔軟なバックアップソリューションを探します。インフラストラクチャ を拡張またはアップグレードするたびにバックアップ戦略を置き換えることは望ましくありません。
3. 詳細をご確認ください
ファイルレベルの バックアップ、ディスクイメージング、ベアメタルリカバリをはじめ、より高度な機能が求められます。
•   増分バックアップと差分バックアップ
•   圧縮と重複排除
•   簡単なシステム移行
•   アプリケーション一貫したバックアップ
•   自動災害復旧(DR)計画
•   集中管理ツール
•   物理システムと仮想システムの両方のサポート
•   簡単で柔軟なデータ復旧(1つのファイルからフルシステムへ)

ITに関する様々な情報を提供するサイト「情 報処理推進機構」
https://www.ipa.go.jp/index.html