データは競争力のある通貨のようなものです

オーストラリアの土曜日の午後の暖かい日差しを受けて、今年の最初のグランプリを目前に興奮に沸き立つ中、ベン ウォーターハウスは新デザインとなったSTR12マシンの設計について、データがどれほど重要なものかAcronisに話してくれました。


Ben Waterhouse (ベン ウォーターハウス)、Scuderia Toro Rossoの副テクニカルディレクターと新デザインのSTR12


新デザインのSTR12のプロジェクトでは何をされていましたか?
2015年年末から2017年に投入される STR12のプロジェクトに参加していました。この18ヶ月は、本当に素晴らしい時間でした。私はジェームズ・キーの下で、最初からこのプロジェクトに携 わっていました。昨シーズンは、ジェームスはSTR11で多忙を極めていましたので、私が新マシンに取り組んでいました。

2年前に想像したSTR12に、実際どのくらい近づけましたか?
どうなるか分からないから面白いんです。私たちがやっていることは、すべてパフォーマンスで結果が出ます。だから、1つのジオメトリか1つのフロントウイングかリアウイングが、それを見るだけで、他のジオメトリより優れた性能を発揮するかなんてわからないのです。実行しているテストやシミュレーションからわかるデータに基づいて、意思決定を行い、それが最終的にマシンを動かすものになるのです。
しかし、使用したいプロセスと方法は、一番初めに想定します。
当初から、STR12を最高のエンジニアリング車にしたかったのです。そこで、各チームメンバーは、マシン開発にとって価値のある可能性を最大限に引き出すために、内部プロセスの改善に取り組みました。

トラックでは、マシンの何を見ているのですか?
主に確認しているのは、マシンがトラック上でどのように動作しているかです。マシンをうまく動かせているかどうか、ドライバが何かする必要があるかなどを目視しています。

実際には、データを見ています。マシンには何千ものセンサーが取り付けてあり、同時に何千ものチャンネルを監視しています。信頼性、性能、そしてドライバが正しい動作条件を確認するものとあります。
ここでは、一人ひとり責任を負っています。ギアボックスの温度と圧力を監視する担当。エンジン、空力性能、タイヤの挙動などを監視する担当がそれぞれいます。すべてをまとめると、何が起きているのかが明確に分かるようになっています。私の役目は、全体像の概要を把握し、改善の余地があるかどうかを特定することです。
 
 
遠隔測定データを調べているScuderia Toro Rossoのレースエンジニア。
 
なぜ今シーズンのマシンには、”シャークフィン”が回帰したのですか?
一番の理由は、シャークフィンは、空気力学的にパフォーマンスを得ることができることです。後部ウィングへの気流を整列させることで、ダウンフォースを増加させる効果があるからです。
昨年まではレギュレーションで認められていなかったのですが、今年はその項目がなくなりました。2017年の新しいレギュレーションが定義された時、除外ゾーンに入っていました。シャークフィンが再び見れると予想した人はいなかったでしょうが、車を速くするのであれば誰もがそれをやろうとすることです。

なぜ今シーズンは、オーバーテイクが困難になるのでしょうか?
いくつかの要素がありますが、まず1つの理由としては、今シーズンのマシンは車幅が広くなっているという点です。車幅は広くなっていますが、トラックの幅は当然変わっていません。つまり、追い抜くスペースは少なくなる、だからオーバーテイクは難しくなると予想されています。
さらに、マシンは先ほども言いましたが、ダウンフォースのレベルがより高くなっているので、マシンの後ろは気流が乱れます。これも要素といえるでしょう。
しかし、正面にあるマシンによってより多くの 抗力が軽減され、後続のマシンがオーバーテイクしやすくなるという反対の意見もあります。どちらが正しいかは、レースで証明されるでしょう。

[追記]
先日行われたオーストラリアGPの結果:レース後ベンは、マシンの後方は気流が乱れオーバーテイクは非常に困難だったと何人かのドライバーはコメントしています

仮にマシンの気流の乱れがなくなった場合、他のドライバのオーバーテイクを防ぐためには何が必要ですか?
もちろん、マシンを速くすることです!
 
 
Scuderia Toro Rosso STR12、メルボルン オーストラリアGP
 
今シーズンのマシンの最大のイノベーションは何ですか?
たくさんあります。車体以外でお話しすると、最大のイノベーションは、フロントサスペンションです。
フロントサスペンションは、大部分のグリッドとは大きく異なるコンセプトです。パフォーマンスを得るために、私かなり早い時期に取り組んでいました。私たちは独自のパフォーマンス向上だと確信していたので、メルセデスも同様の動きを見せたときは、正直少しがっかりしました。

3年連続で優勝したチームも同様の方法で同じ結果を出していたのですから、そのプロセスを確証してみせます!

トラックに集めたすべてのデータはどのようにしているのですか?
セッションごとに膨大な量のデータ(GB)が 蓄積されます。このデータの一部はリアルタイムで分析され、一部は今後の開発のためにファクトリーに送られます。

データの実際の価値は、どのように解釈するかにあります。データは、マシンをより速くするために使用しなければならない通貨みたいなものです。

もしデータをすべて失ってしまったら、その影響は計り知れません。そういったことは、昨年はなかったので予測できませんが、もしそうなった場合は、プログラムの開発は大幅に遅れると思います。ですから、そうならないように自分たちがデータの管理とコントロールができるようにするため、データソースに多額の投資をしたのです。それは我々にとってとても 重要な資産です。
 

スペインで開催されたFormula One冬期テストの確認中のBen WaterhouseとJody Egginton(Scuderia Toro Rossoの車両性能責任者)

すべての子供たちや学生のみなさんに向けて、 モータースポーツエンジニアになるにはどうしたらいいか教えていただけますか?
専門的な職業には必要な要素があります。その中でも最も重要なことは、あなたがやりたいことに対して、本当に深い関心と大きな情熱を持てるかということだと思います。そして勉学はもちろん、進むべき大学と専攻の選択、計算流体力学に必要な物理学、空気力学、タイヤなどを理解することなど、それほど退屈なことはまったくありません。すべてが科学に戻ってくるのです。

この業界で成功するためには、基礎となる知識 をしっかり持つこと、常にチャンスを探し、忍耐強く、そして自分がやっていることに対して情熱を絶やしてはいけません。
(画像提供:Red Bull)