事前に準備すべき2018年の各種IT関連イ ベント


2018年に予定されているITやデータ保護に関連するイベントはいくつかあります。
これが全てではありませんが、代表的な物をいくつかピックアップしています。早めの対策が必要な物もありますので、今後のバックアップ計画作成にお役立てください。

Windows 7とWindows Server 2008のサポート終了まで約2年
Windows 8.1のメインストリームサポートは2018年1月9日に終了しました。
今後、機能拡張などはなく、不都合などのアップデートが2013年まで提供されるのみとなります。

それより早くサポートが終了するのが、Windows 7とWindows Server 2008です。
どちらも2020年1月14日にサポート期限が終了します。
2020年10月13日にはOffice 2010の延長サポートも終了します。

サポートが終了しても自己責任で利用する事は可能ですが、セキュリティの更新、各種サポート等を受けることが出来なくなります。
2017年に話題になったランサムウェアのWannaCryは2014年にサポートが終了したWindows XPでも大きな被害が出たため、マイクロソフトは緊急に対策プログラムを提供しました。このような対応は異例で、Windows 7でもサポート終了後に同じような被害が出る可能性はあります。

遅くとも2019年中の移行が推奨されていますので、2018年には予算化などの準備が必要になります。
もちろん、OSだけでなく、バックアップなどを含めた環境の移行が必要になるため、検証を含めると2018年前半までに行動しましょう。

マイクロソフトによるWindowsのサポート終了関連の情報はこちらなどをご覧下さい。
https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/article/windows10-portal/eos.aspx
https://www.microsoft.com/ja-jp/business/windows/endofsupport.aspx


平昌オリンピック、ワールドカップ
冬季オリンピック・パラリンピックとして2018年2月9日より韓国で平昌オリンピックが開幕します。
サッカーのワールドカップは2018年6月14日よりロシアで開催されます。

世界的な大きなスポーツイベントはITにはあまり関係なさそうですが、このような大きなイベントに合わせたサイバー攻撃の警戒が必要です。
実際に2016年のオリンピックでは攻撃が見つかっています。2020年の東京オリンピックでも警戒が必要になることから、日本でも様々な対策が行われています。


WORLD BACKUP DAY
毎年3月31日はWorld Backup Day(世界バックアップデー)です。
アクロニスを初め業界全体でバックアップを啓蒙する日として、毎年様々な活動が行われています。
以前はパソコンのデータの保護を目的としていましたが、今では各個人が持つスマートフォンに多くのデータが保存されていますし、クラウドの中にもあります。
単純にパソコンのデータを保護するだけでは全てのデータの保護は出来ない状況です。

そんなバックアップについて1年に1回でもいいので皆様に考えていただきたい日となります。
World Backup Day
http://www.worldbackupday.com/ja/


GDPR開始
2018年5月25日より、EUの個人情報保護法、正式名称General Data Protection Regulation(一般データ保護規則)が始まります。
これは日本でもEU内でビジネスを行う日本企業にも影響します。これまでもデータ保護法がありましたが、適用範囲が拡大されるなどしており、早めの対策が必要となります。
罰則等を含めた詳細は別途ブログで紹介していますので、こちらも参照して下さい。

デジタルエボリューション:2018年予測
https://www.acronis.com/ja-jp/blog/posts/dezitarueboriyusiyon-2018nian-yu-ce

住宅宿泊事業法(民泊新法) 2018年6月15日に施行
Airbnbなどのいわゆる民泊は、現行の日本の法律では対応できなかったため、新しい法律の住宅宿泊事業法(民泊新法)が2018年6月15日に施行されます。
これによりしっかりとしたルールの上でAirbnbなどの提供が出来るようになります。

部屋を提供する側も、利用する側も安心して利用出来るようになりますが、ルールが決まり、法律にあわせて関連ビジネスを始めるかた、利用する方も増えると思います。
まだ始まったばかりのサービスですが、しっかり確認しながらうまく利用したいところです。

4K/8K テレビ放送の開始
2018年12月1日から日本のBSとCSで4K/8Kによる放送が始まります。
視聴者としては、これに備えるには、対応テレビ・チューナー・アンテナなどの準備が必要となります。現行のほとんどの機器はこの新しい放送に対応できないため、買い替えや、チューナーなどの新規購入が必要になります。

映像を製作している方の場合、フルHD(2K)よりもデータ量が圧倒的に増えます。
データの量が飛躍的に増加することもあり、ワークフロー含めた改革が必要になる場合も多いようです。
一般のビデオカメラなども4K対応が増え、動画のデータ量が増えるなどしていますし、iPhoneでは新しい形式での録画も出来るようになっています。
データ量だけでなく、新しい形式のファイルを再生出来るような環境も必要になります。

新元号発表
天皇陛下が2019年4月30日に退位され、皇太子さまが翌5月1日に即位されます。この時に改元が行われますが、国民生活の影響を考え、事前に新元号を発表する予定だそうです。
いつ発表になるのかなどの詳細はまだ公表されていませんが、事前に公表されるので、システムなどの準備は事前にできる事になります。

セキュリティ、バックアップの基本は常に行おう
これらのイベントでは独自に準備が必要な物もありますが、セキュリティやバックアップは日常的に行いましょう。
アクロニスでは様々な環境で利用出来るバックアップソリューションを提供しています。
無料体験版も用意しています。

個人向けバックアップ
Acronis True Image 2018

https://www.acronis.com/ja-jp/personal/computer-backup/ 
Acronis True Image 2018を、30日間すべての機能がお試しできる無償体験版がございます。

企業向けバックアップ
Acronis Backup 12.5
https://www.acronis.com/ja-jp/business/backup/