Acronis

Google Workspace のバックアップと復元ソリューション

Acronis
G2 サーバーバックアップリーダー
2023
企業向け
Acronis Cyber Protect
旧 Acronis Cyber Backup
統合と自動化を通じてエンドポイント保護と、バックアップ & ディザスタリカバリ、および管理の複雑さの軽減をする集中管理サイバープロテクションソリューション。
(最新) EDR

¥100/年から

サービスプロバイダー向け
Acronis Cyber Protect Cloud
サイバーセキュリティと、バックアップ と 復元、そして管理を一体化する統合サイバープロテクションプラットフォームによるシンプル化、サービスの簡略化、そしてコスト削減を実現。 MSP のためのオールインワンソリューション。

柔軟性の高い価格体系

Google Workspace のクラウドバックアップと DR

  • 効率的なクラウドツークラウドのバックアップ
    効率的なクラウドツークラウドのバックアップ
    アクロニス が提供するのは クラウドツークラウドのエージェントレスなソリューションなので、ハードウェアやソフトウェアの追加インストールが不要で、エンドポイントのパフォーマンスに影響を与えません。
  • 信頼性の高いのポイントインタイムリカバリ
    信頼性の高いのポイントインタイムリカバリ
    アクロニス は、不慮の削除、悪意のある操作、およびマルウェアから保護し、単一のアイテムやドライブまたは Gmail のデータ全体をポイントインタイムで確実に復元します。
  • 無制限のクラウドストレージ
    無制限のクラウドストレージ
    アクロニス を利用すれば、Google Team Drive などの無制限のクラウドストレージを含む Google Workspace のバックアップライセンスを利用できるので、売上を伸ばしてコストを管理できます。
  • 迅速な復元とフルテキストの検索
    迅速な復元とフルテキストの検索
    ユーザーは、 アクロニス を使用することで、 Google Workspace のバックアップの全文検索を使用して必要なアイテムを迅速にリカバリすることができ、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。
  • 完全な保護
    完全な保護
    アクロニス は、 Gmail 、Drive(Team Driveを含む)、カレンダー、および連絡先を含む、 Google Workspace の全データを保護します。
  • ブロックチェーンで検証済みの完全な保護
    ブロックチェーンで検証済みの完全な保護
    アクロニス は、 Gmail 、Drive(Team Driveを含む)、カレンダー、および連絡先を含む、 Google Workspace の全データを保護します。 ブロックチェーン技術は、バックアップのファイルの真正性を検証し、データのインテグリティを保証します。
  • 新規ユーザーと項目の自動保護
    新規ユーザーと項目の自動保護
    アクロニス は、新しい Google Workspace のユーザーと Team Drive を自動的に検出し、すべてにバックアップ計画を適用し、新たに追加されたデータを保護します。
  • バックアップヘルス監視とレポート
    バックアップヘルス監視とレポート
    アクロニス は、バックアップ運用の健全性に関する詳細なレポート、通知、そして重要なアラートを提供し、バックアップインフラストラクチャのプロアクティブな管理を可能にします。
  • 隔離された復元ポイント
    隔離された復元ポイント
    Acronis は、ポイントインタイムリカバリを提供するので、ユーザーは以前のバックアップから復元するための復元ポイントを介してファイルのバージョンを隔離することができます。
  • 柔軟な復元オプション
    柔軟な復元オプション
    Acronis は、柔軟な復元オプションを提供しており、必要に応じて単一ユーザーのアイテム、またはユーザーのドライブや Gmail のデータ全体を復元することができます。
  • エンドツーエンドの暗号化
    エンドツーエンドの暗号化
    Acronis では、 Transport Layer Security のプロトコルを使用してすべてのトラフィックを転送中に暗号化し、 AES-256 を使用して保存されているデータを暗号化することで、データのセキュリティを確保しています。
  • 簡単なセットアップとストレージの柔軟性
    簡単なセットアップとストレージの柔軟性
    Acronis Cyber Protect Cloud は、クラウドツークラウドのアプローチで設定とバックアップの設定を簡素化します。 Google 、 Microsoft 、そして アクロニス を含む、比類のないクラウドストレージオプションを提供しています。

Solutions

Acronis Cyber Protect
企業向け

統合と自動化により、エンドポイントプロテクション、バックアップ、ディザスタリカバリ、および管理を合理化する一元化されたサイバー保護ソリューション。

Acronis Cyber Protect Cloud
サービスプロバイダー向け

サイバーセキュリティ、データ保護、管理を統合したサイバー保護プラットフォームによるシンプル化と、サービスを合理化し、コストを削減します。

お客様の声 4.8

  • 高度な機能を提供する素晴らしいソリューション

    バックアップのサイバープロテクション。 あらゆるサイバー攻撃からバックアップを保護する必要がある企業にとって最適なソリューションであり、完全なバックアップとセキュリティを備えたパッケージです。

    Akbar Q 氏
    インフラストラクチャエンジニア
    Rate Rate Rate Rate Rate
    Rate Rate Rate Rate Rate
    4.5
  • 優れた操作性

    このソフトウェアは驚くほど操作が簡単です。 カスタマーのすべてのサーバーとクラウドサービスをバックアップするために使用しています。 とても簡単に復元することができます。

    James.H 氏
    Verified Acronis user
    Rate Rate Rate Rate Rate
    Rate Rate Rate Rate Rate
    5
  • Acronis Cyber Protect はストレスなく利用できます

    極めて精巧に設計されているため、統合が非常に容易で、マシンをストレスなくロールアウトできます。 導入したすべてのサイトにわたって、 1 つのペイン上に多くの情報が表示されます。

    Martin V. 氏
    シニアエンジニア
    Rate Rate Rate Rate Rate
    Rate Rate Rate Rate Rate
    5

実績のある保護機能を貴社のビジネスに

よくある質問

FAQ

  • Google Workspace にはバックアップがありますか?

    Google Workspace(旧 G Suite)は、 Google が開発したクラウドコンピューティングと、生産性、そしてコラボレーションツールのスイートです。 Google Workspace は堅牢なインフラと高い可用性でよく知られていますが、その主な機能がバックアップソリューションではないことには注意が必要です。 事実、 Google Workspace 自体は一般的なデータバックアップサービスを提供していません。

    Google Workspace には、データを保護するために設計された冗長性と復元機能が組み込まれていますが、これらは本格的なバックアップソリューションではありません。 これらは主に、サービスの可用性を確保し、インフラ障害や同様の問題による Google 側におけるデータ損失から保護することを目的としています。 例えば、 Google Workspace はデータのレプリケーションを活用して、複数のロケーションにデータのコピーを保存します。 あるロケーションでデータが失われたり破損したりしても、 Google は別の場所からデータをリカバリすることができます。

    ですが、これらの機能では、企業が直面する多くの一般的なデータ損失シナリオを保護できない可能性があります。 例えば、 Google Workspace のネイティブな機能では、誤って削除してしまったデータや、ユーザーのエラー、内部の人間による悪意のある行為、そしてランサムウェアを含むマルウェア攻撃によって失われたデータをリカバリするには不十分な可能性があります。 このようなケースの多くでは、データを削除してゴミ箱を空にすると、データが永久に失われてしまう可能性があります。

    さらに、 Google Workspace は一定期間(Google ドライブの 30 日間など)データを保持するものの、長期間のデータ保持には向いていません。 コンプライアンスやビジネス上の理由でデータを長期保存する必要がある場合、 Google Workspace のネイティブな機能だけでは不十分な可能性があります。

    従って、 Google Workspace には冗長性と復元機能があるものの、完全なバックアップソリューションと見なすべきではありません。 データを守るのはユーザーの責任であることに変わりはないのです。 そういったときに Acronis のようなサードパーティのバックアップソリューションが役立ちます。

    例えば、 Acronis Cyber Protect Cloud は、 Google Workspace のために特別に設計された包括的でクラウドツークラウドなバックアップソリューションを提供しています。 ポイントインタイムリカバリや、柔軟な復元オプション、スケジュールおよびオンデマンドバックアップ、新しいユーザーとドライブの自動保護、そしてその他の Google Workspace のデータの包括的な保護を保証するいくつもの機能を提供します。 また、ファイルの真正性を検証するためのブロックチェーンベースの公証や、データセキュリティを強化するためのエンドツーエンドの暗号化も可能となっています。

    結論として、 Google Workspace にはデータの可用性とレジリエンスを確保するための一定の機能はあるものの、完全なバックアップソリューションを提供するものではありません。 Google Workspace を使用している企業は、データ損失のシナリオから身を守るために、専用のサードパーティバックアップソリューションの利用を検討する必要があります。
  • Google Workspace をバックアップするにはどうすればいいですか?

    Google Workspace として知られるようになった G Suite のバックアップは、不慮の削除、悪意のある行為、そして不慮の災害によるデータ損失から保護する上で非常に重要です。 Google Workspace は、いくつかのデータ保護手段を提供していますが、包括的なバックアップソリューションとして機能させるには十分ではありません。 そのためには、サードパーティのバックアップサービスが必要です。

    Google Workspace のためのサードパーティのバックアップソリューションの中でトップクラスのものの 1 つに、 Acronis Cyber Protect Cloud があります。 このサービスは、 Google Workspace のデータを効果的に保護するクラウドツークラウドバックアップソリューションを提供しています。 ここでは、 Acronis を使って Google Workspace のデータをバックアップする方法を紹介します:

    1. サインアップと設定: まず、 Acronis Cyber Protect Cloud のサービスにサインアップしてください。 セットアップの過程で、 Google Workspace のアカウントを Acronis に接続するよう求められます。 この手順では通常、 Google Workspace の管理者認証情報を入力し、 Acronis にデータへのアクセスに必要な権限を付与します。

    2. バックアップ設定の構築: Google Workspace のアカウントが接続されると、バックアップの設定が可能になります。 これには、バックアップするデータ(Gmail 、 Google ドライブ、カレンダー、および連絡先など)、バックアップの頻度、そしてバックアップしたデータの保存場所を決めることが含まれます。

    3. バックアップの開始: 設定を構成するとバックアップ処理を開始できます。 Acronis Cyber Protect Cloud が、設定した内容に基づいて Google Workspace のデータのバックアップを開始します。 初期バックアップは、バックアップするデータの量によっては、時間がかかる可能性があります。

    4. バックアップの監視と管理: バックアップが実行されると、 Acronis のダッシュボードからバックアップを監視できます。 このダッシュボードでは、バックアップステータスの表示や、データの復元、アラートの設定、およびその他のバックアップ管理タスクを実行できます。

    5. データを復元する: 万が一データが失われた場合は、 Acronis を使用することで、データを復元することができます。 ニーズに応じて、特定のアイテムまたはデータセット全体の復元を選択できます。

    Google Workspace は、ネイティブでデータ保護機能をいくつか提供していますが、専用のバックアップソリューションの代わりにはなりません。 Acronis Cyber Protect Cloud のようなサービスを利用することで、 Google Workspace のデータが包括的に保護され、必要なときに簡単にリカバリすることができます。 こうすることで、予期せぬデータ損失のシナリオに直面しても、ビジネス継続性を確保することができます。
  • Google Workspace に最適なバックアップは何ですか?

    Google Workspace に最適なバックアップソリューションの選択は、データボリュームや、セキュリティ要件、そして予算など、組織の具体的なニーズによって異なります。 ですが、 Google Workspace のデータをバックアップするソリューションとして最も評価が高く、広く使われているものの 1 つが Acronis Cyber Protect Cloud です。

    Acronis Cyber Protect Cloud は、 Google Workspace に堅牢で包括的かつ効率的なクラウドツークラウドバックアップソリューションを提供します。 以下に、本製品が最適とされる理由をいくつか挙げます:

    1. 包括的な保護: Acronis は、 Gmail 、 Drive(Team Drives を含む)、カレンダー、そして連絡先など、主要な Google Workspace のサービスをすべて保護します。 つまり、さまざまなサービスにわたって、すべての重要なビジネスデータを保護することができるのです。

    2. ポイントインタイムリカバリ: Acronis は、単一のアイテムやドライブまたは Gmail のデータ全体の信頼性の高いポイントインタイムリカバリを提供します。 これにより、柔軟かつ高度な粒度復元が可能となり、データ損失時の業務中断を最小限に抑えることができます。

    3. クラウドツークラウドバックアップ: Acronis のバックアッププロセスは完全にクラウドベースであるため、オンサイトでハードウェアやソフトウェアをインストールする必要はありません。 これにより、バックアッププロセスが簡素化され、関連コストが削減されます。

    4. セキュリティとコンプライアンス: Acronis は、転送中および保存時にデータを保護するためにエンドツーエンドの暗号化を使用します。 また、 GDPR や HIPAA のような主要な規制への準拠をサポートし、監査証跡と詳細なログを提供しています。

    5. 柔軟なストレージオプション: Acronis は、 Google クラウドや、 Microsoft Azure 、および アクロニス Cyber Cloud を含む複数のストレージオプションを提供しています。 この柔軟性により、それぞれビジネスニーズに最も適したストレージソリューションを選択することができます。

    6. 自動保護: Acronis Cyber Protect Cloud は、 Google Workspace の新規ユーザーおよび Team Drives を自動的に検出し、バックアップ計画を適用します。 これにより、新たに追加されたデータも含めたすべてのデータが保護されます。

    7. ブロックチェーンに基づく検証: Acronis では、ブロックチェーン技術を活用してドライブのバックアップのファイルの真正性を検証することで、データのインテグリティを確保します。
  • Google Workspace にサードパーティのバックアップソリューションを使用するメリットはなんですか?

    旧 G Suite として知られる Google Workspace は、Gmail 、 Google ドライブ、そして Google Docs などのツールを通じて、生産性とコラボレーションのための堅牢なプラットフォームを提供しています。 ですが、 Google はサービスの可用性とインフラを保証するものの、これらのサービス内のデータを保護する責任はユーザーにあります。 Google Workspace のためにサードパーティ製のバックアップソリューションの使用を検討すべき主な理由は以下の通りです:

    1. データ損失に対する保護: Google に搭載されている復元機能は、主にサービスの中断やインフラ障害から保護するためのものであり、誤って削除したり、悪意のある行為やマルウェアによるデータ損失から保護するためのものではありません。 サードパーティのバックアップソリューションは、これらのリスクに対する包括的な保護を提供するので、必要に応じていつでもデータをリカバリすることができます。

    2. ポイントインタイムリカバリ: Google Workspace のネイティブな復元機能では、ポイントインタイムリカバリができない可能性があります。ポイントインタイムリカバリは、データ損失イベントが発生する前の特定の状態に戻すために重要な機能です。 一般的に、サードパーティのバックアップソリューションは、ポイントインタイムリカバリを提供しているので、データを特定の時点に復元することができます。

    3. 長期間のデータ保持: Google Workspace のデータ保持ポリシーは、企業のデータ保持要件と一致しない場合があり、特にコンプライアンス面ではその可能性があります。 サードパーティのバックアップソリューションでは、カスタム保持ポリシーを設定することができるため、必要な期間だけデータを保持することができます。

    4. 復元の手軽さ: サードパーティのバックアップソリューションは、多くの場合、ユーザーフレンドリーなインターフェイスとツールを提供し、失われたデータをリカバリするプロセスを簡素化しています。 これは、特にストレスの多いデータ損失状況において、迅速かつ効率的なデータ復元を可能にする便利な機能です。

    5. セキュリティの向上: サードパーティのバックアップソリューションは通常、サイバー脅威からバックアップデータを保護するために、エンドツーエンドの暗号化などの強化されたセキュリティ機能を提供します。 また、ランサムウェア対策や異常検知などの追加セキュリティ機能を提供している場合もあります。

    6. コントロールと柔軟性の向上: サードパーティバックのアップソリューションは、データのコントロールと柔軟性を向上させます。 何をバックアップするかや、いつバックアップするか、そしてどこにバックアップを保存するかを決めることができます。

    結論として、 Google Workspace は様々な保護機能を備えていますが、包括的なデータバックアップソリューションとしては十分ではありません。 万が一のビジネスデータ紛失の際にもデータを確実に保護し、復旧できるようにするには、 Acronis Cyber Protect Cloud のような Google Workspace 用にカスタマイズされたサードパーティ製のバックアップソリューションの利用を検討する必要があります。
  • そもそもなぜ Google Workspace のデータをバックアップする必要があるのですか?

    Google Workspace のデータをバックアップすることは、さまざまな理由から不可欠であり、その多くはデータ保護の原則とビジネス継続性に結びついています。 Google Workspace のデータをバックアップするべき主な理由は次のとおりです:

    1. データ損失に対する保護: ファイルや Eメール、その他の重要なデータを誤って削除してしまうことは非常に一般的です。 Google Workspace のデータをバックアップすることで、失われた情報を迅速にリカバリすることができ、ビジネスへの影響を最小限に抑えることができます。

    2. サイバー脅威に対するセキュリティ: ランサムウェアやフィッシング攻撃などのサイバー脅威により、深刻なデータ損失につながる可能性があります。 信頼性の高いバックアップによって、攻撃前の時点にデータを復元することができるため、このような脅威による被害を軽減できるのです。

    3. 保持ポリシーのギャップとユーザーエラー: Google Workspace には特定の保存ポリシーが定められており、一定期間を過ぎると、削除したデータを復元できなくなります。 サードパーティのバックアップソリューションは、 Google のシステムからデータが削除された場合でも、常にデータを復元できるように、保存期間をカスタマイズして延長することができます。

    4. ビジネス継続性: 大規模な災害が発生した場合でも、 Google Workspace のデータをバックアップしておくことで、ダウンタイムや関連コストを最小限に抑えつつ業務を継続することができます。

    5. 法律およびコンプライアンス要件: 業種によっては、特定のデータを一定期間保持することが求められる場合があります。 バックアップソリューションは、これらの法的およびコンプライアンス要件に対応し、必要なときに過去のデータにアクセスできることを保証します。

    6. ユーザーアカウント管理: 従業員が退職した場合、 Google Workspace のアカウントが停止または削除され、重要なデータが失われる可能性があります。 バックアップは、これらのアカウントのデータを保持し、必要なときにアクセスできるようにします。

    7. Google の責任制限: Google は堅牢なインフラストラクチャと高可用性のサービスを提供していますが、不慮の削除、内部のセキュリティ脅威、およびその他のデータ損失インシデントによるデータ保護については責任を負いません。

    結論として、 Google Workspace のデータをバックアップすることは、包括的なデータ保護戦略の基本的なステップなのです。 データ損失に関連するリスクを軽減し、不利な事態に直面しても、ビジネスを迅速に復旧して業務を維持できるようにします。 Acronis Cyber Protect Cloud のようなサードパーティのバックアップソリューションを使用すると、信頼性が高く安全かつ効果的な方法で Google Workspace のデータをバックアップできます。
  • 災害が発生した場合でも Google workspace のデータをリカバリすることができますか?

    はい、災害が発生した場合でも Google Workspace のデータをリカバリすることは可能です。ただし、復元の程度や効果は、災害が発生する前に実施した対策に大きく依存します。

    Google Workspace はデータ復元のためのネイティブツールを提供していますが、これは主に短期的な復元を目的としているため、包括的なものではありません。 例えば、 Google ドライブでは削除後最大 30 日間、ゴミ箱からファイルを復元することができますし、 Gmail でも同様の復元期間が用意されています。 Google Vault をセットアップしていれば、より多くの過去のデータにアクセスできるかもしれませんが、バックアップソリューションとして意図されているものではないため、すべての災害シナリオをカバーできるわけではありません。

    Acronis Cyber Protect Cloud のような適切なバックアップとディザスタリカバリ(DR)のソリューションがあれば、より効果的に災害から復旧することができます。 優れたバックアップソリューションは、定期的にデータのコピーを保存するので、ランサムウェア攻撃からなどのディザスタリカバリに不可欠な特定の時点でのデータ復元をすることができます。

    このようなサードパーティのソリューションは、 Eメールや、文書、カレンダー、そして連絡先など、 Google Workspace の重要なデータをすべてバックアップします。 災害が発生した場合、ユーザーアカウントの完全な復元を実行することはもちろん、必要に応じて個々の項目を選択的に復元することもできます。 さらに、バックアップ自体は、プライマリデータに影響を与える可能性のある同じ災害の影響を受けないように、別のロケーションで暗号化して安全に保存されます。

    つまり、 Google Workspace はいくつかの復元オプションを提供していますが、本格的なディザスタリカバリのためには、サードパーティ製のバックアップおよびディザスタリカバリソリューションの利用を検討する必要があるということです。 そうすることで、 Google Workspace のすべてのサービスのデータが完全にバックアップされ、災害時に迅速かつ完全に復元できるため、ダウンタイムとデータ損失を大幅に削減できます。

申し訳ありません。ご利用のブラウザはサポートされていません。

現在ご利用のブラウザのバージョンは、弊社の新しいウェブサイトと互換性がないようです。ただし、この問題は簡単に解決できます。ウェブサイトを正しい状態でご覧になるには、ブラウザをアップデートしてください。