従来の一般的なバックアップを超える - 完全なサイバープロテクションソリューション

サイバープロテクションで強化されたバックアップ機能のメリットを活用することで - 20以上のワークロードの種類を保護するソリューションにより、顧客のデータを自信をもって保護することができます。Acronis Cyber Protect Cloudでバックアップとデータ保護機能が向上できるのをぜひ確かめください。1つのソリューション、1つのエージェント、1つのコンソールのパワーを利用し、顧客が求める包括的なサイバープロテクションを提供します。

機能
Acronis Cyber Protect Cloud
+Advanced Backup
ファイルレベル、ディスクレベル、イメージバックアップ、アプリケーションバックアップ
Mac、Windows、Linux、Microsoft 365、Google Workspace、Hyper-V、VMware、それ以外にも広く使用されているワークロードをバックアップできます。
ハイブリッドストレージオプション – AcronisホステッドストレージおよびMicrosoft Azureなどのパブリッククラウド、またはMSPのローカルストレージ
システム全体から個別のファイルまで柔軟なリカバリオプション
クラウド-物理-仮想のマイグレーション
アーカイブの暗号化
増分バックアップと差分バックアップ
脆弱性診断
バックアップ対応の拡張: Microsoft SQLクラスタ、Microsoft Exchangeクラスタ、Oracle DB、SAP HANAに対応しています
データ保護マップおよびコンプライアンスレポート: 顧客の環境をスキャンして、ワークロード、ファイル、アプリケーション、そしてユーザーが保護されているか確認します
計画バックアップレポート: 自動レポートで時間を削減し、MSP事業の価値を強化します
継続データ保護(CDP): アクロニスのエージェントはリアルタイムでデータ更新を監視し、ほぼゼロのRPOでバックアップを行うためデータ損失がありせん。
オフロードデータ処理: バックアップタスクを別のマシンのVMにオフロードして、顧客のワークロードの負荷を軽減します。
顧客のデータ保護を大幅に強化します

スケジュール設定によるバックアップと次のバックアップの間でも、お客様のデータが決して失われないようにしてデータ保護サービスを強化。SAP HANA、Oracle DB、アプリケーションクラスタにまでバックアップ機能を拡張。貴社のお客様すべてのインフラストラクチャの全データの保護ステータスを一目で確認することもできます。

データ保護業界の革新的リーダーです

  • CRN 2020 パートナープログラムガイド: 5つ星データストレージとバックアップベンダー
  • ソリューションレビュー:2020年最高の企業向けバックアップとディザスタリカバリ
  • DCIG – トップ5 SME向けアンチランサムウェアバックアップソリューション
  • PCWorld 2021年のエディターズチョイス
  • PC Magazine - 2021年ベストランサムウェアプロテクション

Cyber Protect Cloud

Acronis Cyber Backup Cloudの全機能を含む

統合サイバープロテクションでお客様のサイバーセキュリティとバックアップを最新に

アドバンスド機能で顧客の保護を拡張します

  • 以前はVeeamのほか、ローカルNASなどのレガシーソリューションを使用していました。Veeamでの最大の問題は、仮想環境だけで機能するという点であり、当社では、仮想環境以外のデバイスやワークロードも保護する必要がありました。Acronisが提供していたのは、物理サーバーやMicrosoftメールボックスを含む複数のプラットフォームにおいても高速でシンプルなソリューションでした。詳細については、こちらをご覧ください。

    Acronis
    Andrés F. Ambrosi Chica
    ICT Advisory Manager, AMBROSS-TI
  • すべてのバックアップ環境に単一の管理コンソールが使えることで、オペレーションが大幅に簡素化されたため、1人の技術者が全体のプロセスをサポートできるようになったことでコストも削減できるようになりました。詳細については、こちらをご覧ください。

    Acronis
    Fernando Solano
    ディレクター, S&T Solucionesy Tecnología SAS

シームレスな統合と自動化

Acronis Cyber Protect Cloudは、管理作業を容易にし、RMMやPSAツール、ホスティングコントロールパネル、請求システムなど、サービスプロバイダーが一般的に使用するシステムをネイティブに統合します。RESTful APIおよびSDKを通して、カスタム統合と自動化も可能です。
シームレスな統合と自動化
すべての統合(インテグレーション)を表示

Advancedプロテクションパックでサービスを拡張

Advanced Protectionパックと独自のサイバープロテクション機能でその他の強力なコンポーネントを追加して、サービスをさらに強化。お客様が必要な機能にだけ支払いをしてコストをコントロール。

Advancedパックの内容:
  • Advanced Security
    フルスタックアンチマルウェアを搭載した統合サイバープロテクションでセキュリティサービスを改善しましょう。最新のサイバー脅威に対する検出率と応答速度を上げる。サイバープロテクションをWebブラウジング、バックアップ済みのデータ、リカバリプロセス、エクスプロイト防止にまで拡張。バックアップ内の実現フォレンジックデータを取得して調査を実現。
    • フルスタックなマルウェア対策
    • URLフィルタリング
    • エクスプロイト防止
    詳細情報
  • Advanced Backup
    スケジュール設定によるバックアップと次のバックアップの間でも、お客様のデータが決して失われないようにしてデータ保護サービスを強化。SAP HANA、Oracle DB、アプリケーションクラスタにまでバックアップ機能を拡張。貴社のお客様すべてのインフラストラクチャの全データの保護ステータスを一目で確認することもできます。
    • 連続データ保護
    • データ保護マップ
    • 定期バックアップレポート
  • Advanced Disaster Recovery
    お客様にディザスタが発生した場合でもAcronis Cloudでシステムを起動して、任意の場所にリストアし、数分でビジネスを再開。迅速なデータ可用性を保証。ディザスタリカバリの問題を解消し、オーケストレーション、ランブック、自動フェールオーバーで効率を改善。
    • ディザスタリカバリオーケストレーション
    • 本番環境のフェールオーバー
    • サイトツーサイトVPN
    詳細情報
  • Advanced Email Security
    スパム、フィッシング、ビジネスメール詐欺 (BEC)、持続的標的型攻撃 (APT)、ゼロデイを含むEメールの脅威をエンドユーザーに届く数秒前に阻止します。Perception Pointの次世代テクノロジーを活用して、超高速の検出と簡単な導入、構成、管理を実現します。
    • フィッシング対策とスプーフィング対策エンジン
    • 回避対策技術
    • 次世代のダイナミックなゼロデイ検出
    詳細情報
  • Advanced File Sync and Share
    すべてのプラットフォームで公証および電子署名機能を有効にするトランザクション元帳が含まれる、ファイルの同期と共有サービスを使用して、データのロケーション、管理、プライバシーを完全に制御できます。
    • ファイルノータリゼーション
    • 埋め込み電子署名
    • 独立したファイル検証
    詳細情報
  • Advanced Management
    改善されたパッチ管理で脆弱性管理を簡略化し、お客様のITインフラのギャップを即座になくします。お客様のソフトウェアアセットやデータ保護へのビジビリティを取得して、日々の追跡・計画タスクを簡単にし、ディスクドライブの状態を監視することでアップタイムを改善。
    • パッチ管理
    • フェールセーフパッチ
    • ディスクドライブのヘルス監視
    詳細情報

サポートが必要ですか?

よくある質問

  • 無償トライアルににサインアップしました。バックアップエージェントはどこでダウンロードできますか?

    まず最初に顧客のアカウントを作成する必要があります。それが完了したら、その顧客としてログインする、またはアカウントの管理コンソールでバックアップを管理する顧客を選択することができます。これによりバックアップ管理コンソールが開き、バックアップエージェントをダウンロードできるバックアップ管理コンソールが表示されます。

  • バックアップにはどのくらいのシステムリソースが必要ですか?

    1.リソースの使用量は、システムの仕様と、ディスク速度、ディスクサイズ、使用可能な帯域幅など、他の多くの要因と関連しています。デフォルトでは、Acronisバックアッププロセスは優先度が低く、オペレーティングシステムがリソースを動的に抑制します。

    2.最新のサーバーとワークステーションでは、CPU使用率は通常約3〜4%であり、RAM消費量は最大500MBで、スナップショットフェーズ中にCPUスパイクが発生します。

  • 自社のストレージソリューションを統合できますか?

    Acronisは、SMBやNFSなどの業界標準プロトコル上のほぼすべてのハードウェアで動作できる、ハードウェアに依存しないソフトウェアソリューションを提供します。Acronisはオペレーティングシステムでサポートされている限り、いかなるブロックベースのストレージもサポートできます。

  • ネットワークドライブにバックアップを設定する方法は?

    バックアップポータルのバックアップセクション:

    • [ロケーションを追加] を選択します
    • ネットワークフォルダを選択してネットワークパスを入力します

    オンライン資料 もご用意してございます

  • バックアップできる頻度は(RPO)?

    ハードディスクのサイズとパフォーマンス、変更されたデータの量、および使用可能な帯域幅によって異なります。テストを行う必要がありますが、最小しきい値は10分です。

  • Hyper-Vをバックアップする場合の最も効率の良い方法とは?

    VMにランサムウェア保護とアプリケーション対応のバックアップが必要な場合を除いて、Hyper-VゲストVMに対してエージェントレスバックアップを利用するようお勧めします。次に、Windowsアプリケーションエージェントをインストールする必要があります。

  • Acronisは重複除外をサポートしていますか?

    1.Acronisバックアップエージェントは単一のマシンのアーカイブ内の重複排除をサポートします。重複しているファイルはスキップされてバックアップされません。

    2.Acronis Cyber Protect Cloudは、顧客のデータをセキュリティ目的のため暗号化し、コンテナ化することができるため、専用の重複排除サーバーを使用しません。

  • 圧縮率とは何ですか?

    圧縮率はデータの種類によって異なりますが、データがメディアファイルのみである場合を除き、通常、約30〜40%の圧縮が期待できます。

  • Acronisは暗号化をサポートしますか?

    Acronis Cyber Protect Cloudと、そのサービスはすべてのレベルで暗号を使用します。

  • ランサムウェア対策の仕組みは?

    Acronis Active Protectionは、ランサムウェア対策の高度な機能です。最も一般的なマルウェア対策ソリューションと完全に互換性のある人工知能(AI)ベースの技術は、ドキュメント、メディアファイル、プログラム、Acronis Cyber Protect Cloudファイルなど、システム上のすべてのデータをアクティブに保護します。攻撃を検出してそらし、影響を受けたデータを復元することができます。詳細情報につきましては、ナレッジベース(KB)に説明がございますので、そちらをご参照ください

  • Exchange/Microsoft 365リカバリはどのくらいきめ細やかにできますか?

    詳細設定でのリカバリでは、メールボックスから、1通のメール、連絡先、カレンダーのアイテムなど個々のアイテム復元することができます。

  • ベアメタルリストアはどのように行いますか?

    ベアメタル復元は、ブータブルメディアを使用してターゲットマシンを起動し、イメージファイルのバックアップリポジトリを指示することで実行できます。(参照:https://www.acronis.com/en-us/support/documentation/BackupService/index.html#42056.html)。リンク先は英語となります)

  • VMをAzure/Google/Amazonにリストアする方法とは?

    移行先のVMには、AcronisエージェントがプリインストールされたOSが必要です。復元はその後、P2VまたはV2Vのいずれかを使って実行されます。ブータブルメディアをAzure/Google/Amazonで使用することはできません。

  • 小さいディスクから大きいディスクへ、そしてその逆となる大きいディスクから小さいディスクへの復元はできますか?

    はい。小さいドライブに大きいディスクの占有スペースを収容するのに十分なスペースがある場合、ディスクイメージを小さいドライブに復元することができます(たとえば、100GBのスペースが使用されている200GBのディスクがある場合、このディスクイメージを150GBドライブに移動することできますが、80GBディスクには移動することはできません)。

  • 顧客の帯域幅が狭い場合、初期のバックアップはどのようにアップロードすればいいですか?

    このプロセスは2段階で実行されます:

    • 外部メディアに初期バックアップ作成する方法はオンラインの資料をご参照ください。
    • データの送信には、物理的に配送することができます。また、ナレッジベース(KB) の記事でも説明されていますが、特別なツールを使ってWAN経由でアップロードすることもできます。

  • 製品のヘルプ
    何かお困りごとがある場合は、こちらの製品に関する資料をFAQナレッジベース(KB)ビデオチュートリアルおよび製品関連文書をご用意しておりますので、ご利用ください。加えて、質問があればいつでもAcronis掲示板をご利用いただけます。
  • テクニカルサポート

    有効な製品保守契約またはサブスクリプションをお持ちのお客様には、24 時間年中無休のテクニカルサポートを提供しています。テクニカルサポートサイトから電話、チャット、またはメールによる迅速なサポートをご利用いただけます。

申し訳ありません。ご利用のブラウザはサポートされていません。

現在ご利用のブラウザのバージョンは、弊社の新しいウェブサイトと互換性がないようです。ただし、この問題は簡単に解決できます。ウェブサイトを正しい状態でご覧になるには、ブラウザをアップデートしてください。