Acronis Notary

ファイルが本物であり、改変されていないことを証明する
ブロックチェーンテクノロジー

ブロックチェーンテクノロジー

ブロックチェーンは仮想通貨で使用されている技術としてよく知られています。仮想通貨の他にも、ブロックチェーンはさまざまな用途で使用されます。しかし、他の用途を理解するにはブロックチェーン自体を理解する必要があります。ブロックチェーンは、継続的に拡大するリストやチェーン、データ操作レコードを保持する分散型データベースです。この分散システムごとにレコードのチェーンのコピーがありますが、「正式な」コピーはありません。この方法によって情報は改ざんや変更が行われることなく守られます。

データの「フィンガープリント」

Acronis Notaryは、ファイルごとに一意である各ファイルの暗号「フィンガープリント」ハッシュを計算します。ハッシュアルゴリズムによって、環境にかかわらず毎回同一のファイルに同一の計算結果が得られます。ファイルの変更がわずかに行われてもフィンガープリントは大きく変わります。ハッシュアルゴリズムは一方向のみで機能し、計算結果だけでは元のファイルを突き止めることはできません。

ブロックチェーンにデータを保存

ブロックチェーンは、数多くのエンティティに分散する操作手順により、それぞれに一意の台帳のコピーを持ち、「追加」のみを行う台帳とみなすことができます。台帳のレコードごとにタイムスタンプが付けられるので、変更はできず個別に確認が取れます。

ファイルのフィンガープリントを含めたハッシュの全体構造がブロックチェーンに記録されます。ファイルの非改ざん性はブロックチェーンへのアクセス権があれば誰でも(アクロニス製品を使用していなくても)個別に確認できます。

Acronis Notaryの機能と必要性

データをローカルドライブやクラウドにバックアップする場合、ユーザーはバックアップソリューションが対象のファイルを間違いなく忠実にバックアップするものと考えます。Acronis Notary技術によってデータの非改ざん性を保証できます。将来的にファイルが改変されないという安心を得たいという場合もあります。また、お持ちのファイルや提供されたファイルが本物でバックアップに改変がないか検証する必要がある場合があります。よくあるケースとしては、さまざまな法的監査や税務監査の対象になる所有物と個人記録のコピー、裁判所に要請された文書の一連の証拠書類、長期保存記録などがあります。その他の例についてはこのページの下部をご覧ください。

Acronis Notaryはファイルの公証証明書を作成します。証明書は一意のファイルの特性にブロックチェーン内の永久レコードを関連付けるので、ファイルの非改ざん性を確認することができます。Acronis Notary証明書には保護されたデータの検証に必要な情報すべてが含まれていますので、単独で検証することができます。確認はブロックチェーンに対するアクセス権さえあればコンピュータで確認でき、第三者が実行することもできます。

ニーズに合った保護機能を提供

Acronis Backup

さまざまな規模の企業に適した簡単操作で信頼性の高いバックアップソリューション

企業向け

Acronis True Image 2019

個人ユーザー向けバックアップソリューション: ランサムウェア対策機能を標準搭載

ホーム用

Acronis Backup Cloud

20を超えるプラットフォームを保護するサービスプロバイダー向けハイブリッドクラウドバックアップソリューション

サービスプロバイダ用

Acronis Notary Cloud

ブロックチェーンベースのファイルノータリゼーション(公証)、電子署名、ファイル検証(ベリファイ)のサービス。

サービスプロバイダ用

Acronis Storage

ユニバーサル Software-Defined Storageソリューション: ブロック、ファイル、オブジェクトワークロードを統合

サービスプロバイダ用

データが本物であり、変更されていないという信用を提供

文書が変更されていないこと(または変更されたこと)を証明

ローカルストレージまたはAcronis Cloudにバックアップした締結済みの契約書があるとします。契約書の相手もまったく同一の文書のデジタルコピーを受け取ります。数ヵ月後、相手から電話があり、契約を履行していなかったと告げられます。相手は原本と見受けられる文書を提示します。しかし、その文書は改変された可能性があります。

Acronis Notaryを使用すれば、この新しい文書から証明書を生成し、原本の証明書と比較することができます。最新の文書がバックアップ ストレージにある文書とビット単位で一致する同一の文書であることを確認できます。一致しない場合、相手が何らかの方法で文書を変更したことがわかり、相手が提示した文書が原本ではないことを立証できます。

 

作品の作成日を立証

ビジュアルアーティストや音楽のアーティストはインターネットに創作作品を公開することを疑問視しています。Acronis Notary証明書(オリジナルの作成日の立証を支援する著作権保護ツール)があれば、考えが変わるはずです。

保護するには、デジタルアート作品、音楽、写真など著作権のあるもののバックアップを取ります。バックアップができれば、暗号を使用した証拠となる証明書を取得でき、著作権侵害があった場合には、著作権の申立てができます。オリジナル作品と作成日の記録はブロックチェーンに記録されます。アーティストは作成したアート作品が過去の特定の時間に存在していたことを立証できるため著作権の申立てに役立ちます。

 

法的書類が過去に存在したことを証明

弁護士は、所有する書類が特定の日時から存在していることを裁判で証明する必要があります。Acronis Notaryを使用すれば、所有する書類とブロックチェーンにあるデータを結びつけ、問題の日よりも前の特定の日にその書類が存在したことを数学的に証明できます。

 

請求書の支払日時を立証

ある企業は、支払いが完了した過去の請求書のアーカイブを持っていて、その中には提供されたサービスの請求書が含まれています。企業はそれらの請求書をすべて公証済みのバックアップとして保管しています。ある日、会社は2年前に支払った請求書に対する支払いのリクエストを受けました。ブロックチェーンの記録は恒久的で変更することはできないので、その請求書が誤って再送されたことを立証できます。

 

製品証書が改変されていないことを立証

ある消費者はシリアルナンバーが付いた鑑定済みのダイヤモンドを購入しました。Acronis Notaryを使って、ダイヤモンドの鑑定書と納品書のバックアップを取りました。しばらくして、そのダイヤモンドを売却することにします。購入希望者はAcronis Notaryを使って、ダイヤモンドの鑑定書と納品書が購入後に改変されていないことを確認できます。購入希望者がダイヤモンドの品質に確信が持てれば、自信を持ってプロの第三者による宝石鑑定に進めることができます。

 

次世代データ保護の始まり

不安定なデータが脅威にさらされる状況のなか、Acronis Notaryは包括的な次世代データ保護を備える第一歩になります。アクロニスが複雑さを増しているさまざまな脅威に脅かされる世界でデータ保護の手法に進化をもたらしていることをご確認ください。