SELabsが評価する、Eメールセキュリティソリューションでサービスを構築

Eメールは、クライアントの最大の脅威ベクトルです。Eメールを無力化し、PerceptionPoint独自のテクノロジーを使用してEメール通信のリスクを最小限に抑えますAdvanced Email Securityは、管理の負担を増やさずに、より徹底したサイバープロテクションの提供を可能にします。

SE Labs評価の主要なEメールセキュリティソリューションでサービスを構築する

サンドボックスとコンテンツの武装解除と再構築テクノロジー(CDR)の非効率的なセキュリティスタックを、展開と管理が容易な超高速検出のための多層メールセキュリティソリューションに置き換えます。

  • トラフィックをリアルタイムで100%スキャン

    トラフィックをリアルタイムで100%スキャン

    レガシーサンドボックスソリューションとは異なり、コンテンツ(Eメール、ファイル、URL)のすべてをサイズに関係なく分析します。コンテンツがエンドユーザーに届く前に、明確な評決が数秒で配信されます。
  • APTやゼロデイを防止

    APTやゼロデイを防止

    他のテクノロジーよりも攻撃チェーンの早い段階でアクションを実行できる独自のCPUレベルの分析により、APTやゼロデイ攻撃などの従来の防御を回避する高度な脅威をブロックします。
  • 簡単、迅速な配備

    簡単、迅速な配備

    このクラウドネイティブの展開では、追加の構成なしでEメールシステムと直接統合して、標準のセキュアなEメールゲートウェイ(SEG)の展開に関連する管理上の負担を軽減できます。
  • インシデント対応サービス

    インシデント対応サービス

    継続的なレポートとサポートにより、すべての顧客トラフィックを監視し、悪意ある意図を分析するサイバーアナリストやEメールセキュリティの専門家に直接アクセスして、サービス提供チームとセキュリティチームを強化します。
  • 突出した検出速度

    突出した検出速度

    標準的なEメールセキュリティテクノロジーの事後対応型アプローチと比較して、エンドユーザーに到達する前にすべての脅威を防止できる、突出した検出速度を活用します。

Advancedプロテクションパックでサービスを拡張

Advanced Protectionパックと独自のサイバープロテクション機能でその他の強力なコンポーネントを追加して、サービスをさらに強化。お客様が必要な機能にだけ支払いをしてコストをコントロール。

Advancedパックの内容:
  • Advanced Security
    フルスタックアンチマルウェアを搭載した統合サイバープロテクションでセキュリティサービスを改善しましょう。最新のサイバー脅威に対する検出率と応答速度を上げる。サイバープロテクションをWebブラウジング、バックアップ済みのデータ、リカバリプロセス、エクスプロイト防止にまで拡張。バックアップ内の実現フォレンジックデータを取得して調査を実現。
    • フルスタックなマルウェア対策
    • URLフィルタリング
    • エクスプロイト防止
    詳細情報
  • Advanced Backup
    計画バックアップの間隔でも顧客のデータを保護。バックアップ機能をSAP HANA、Oracle DB、MariaDB、MySQL、アプリケーションクラスタに拡張。顧客のインフラストラクチャ全体のすべてのデータの保護ステータスを把握できます。
    • 連続データ保護
    • データ保護マップ
    • ホスト外のデータ処理
    詳細情報
  • Advanced Disaster Recovery
    お客様にディザスタが発生した場合でもAcronis Cloudでシステムを起動して、任意の場所にリストアし、数分でビジネスを再開。迅速なデータ可用性を保証。ディザスタリカバリの問題を解消し、オーケストレーション、ランブック、自動フェールオーバーで効率を改善。
    • ディザスタリカバリオーケストレーション
    • 本番環境のフェールオーバー
    • サイトツーサイトVPN
    詳細情報
  • Advanced Email Security
    スパム、フィッシング、ビジネスメール詐欺 (BEC)、持続的標的型攻撃 (APT)、ゼロデイを含むEメールの脅威をエンドユーザーに届く数秒前に阻止します。Perception Pointの次世代テクノロジーを活用して、超高速の検出と簡単な導入、構成、管理を実現します。
    • フィッシング対策とスプーフィング対策エンジン
    • 回避対策技術
    • 次世代のダイナミックなゼロデイ検出
  • Advanced Data Loss Prevention (DLP)
    顧客ワークロードからの周辺機器やネットワーク通信を介した機密情報の漏洩を防止します。機密データの転送を観察することで、DLPポリシーを企業固有の条件に自動でマッピングし、DLPサービスのプロビジョニングと管理をシンプルにします
    • データ損失防止
    • 初期DLPポリシーの自動作成
    • 自動、ユーザー支援によるDLPポリシーの拡大
    詳細情報
  • Advanced File Sync and Share
    すべてのプラットフォームで公証および電子署名機能を有効にするトランザクション元帳が含まれる、ファイルの同期と共有サービスを使用して、データのロケーション、管理、プライバシーを完全に制御できます。
    • ファイルノータリゼーション
    • 埋め込み電子署名
    • 独立したファイル検証
    詳細情報
  • Advanced Management
    改善されたパッチ管理で脆弱性管理を簡略化し、お客様のITインフラのギャップを即座になくします。お客様のソフトウェアアセットやデータ保護へのビジビリティを取得して、日々の追跡・計画タスクを簡単にし、ディスクドライブの状態を監視することでアップタイムを改善。
    • パッチ管理
    • フェールセーフパッチ
    • ディスクドライブのヘルス監視
    詳細情報
高速、脅威に依存しないプロテクションでMicrosoft 365ネイティブの防御を強化

クライアントは、検出が遅く、より高度な攻撃手法を防ぐことができないため、Microsoft365のネイティブ防御機能にますます不満を持っています。 高度な電子メールセキュリティにより、電子メールを介したすべての脅威が数秒でブロックされます。Advanced Email Security は、Eメールを介したすべての脅威が数秒でブロックされます。

機能
Advanced Email Security (Perception Point搭載)
Microsoft 365
検出速度
< 30 sec
5-20 分
検出の精度
クラス最高
平均以下
脅威対応範囲
クラス最高
制限あり
悪意あるURLの検出
クラス最高
平均
ゼロデイの検出
クラス最高
制限あり
APTの防止
付属
該当せず
回避対策
付属
該当せず
インシデント対応サービス
付属
該当せず

Eメールだけでなく、クライアントの最も危険なコラボレーションツールも保護

優先的なパッチ適用とエクスプロイト防止により、より頻繁に攻撃で悪用されるクライアントのコラボレーションアプリを保護します。Acronis Cyber Protect Cloudを活用して、バックアップとディザスタリカバリ、次世代のマルウェア対策、サイバープロテクション管理を統合。

  • Zoom
  • Skype
  • Microsoft Teams
  • Slack
  • Cisco
  • フィッシング対策保護
    独自
    フィッシング対策保護
    高度な画像認識テクノロジーと組み合わせた4つの主要なURLレピュテーションエンジンで悪意のあるURLを検出し、Webページで使用されているロゴと画像に基づいてURLの正当性を検証します。
  • X線インサイト
    X線インサイト
    Eメールのフォレンジックデータ、認識された脅威に関するプロアクティブなインサイト、SOCチームがフォレンジックを必要とするファイルまたはURLの分析を使用して、組織全体の脅威の全体像を活用します。
  • インシデント対応サービス
    インシデント対応サービス
    サービス提供チームの延長として機能するサイバーアナリストに直接アクセスして、すべての顧客トラフィックを監視し、誤検知の処理、修復、必要に応じたリリースなど、継続的なレポートと24時間年中無休のサポートで悪意ある意図を分析します。

Advancedプロテクションパックでサービスを拡張

他の強力なコンポーネントアドバンスドプロテクションパックを追加して、独自の機能でさらにサービスを強化。お客様が必要な機能にだけ支払いをしてコストをコントロール。

アドバンスドパックの内容:
  • Advanced Security
    ゼロデイ攻撃を含む脅威に対する検出率と応答性を高め、誤検知をゼロにすることで顧客が攻撃を受ける可能性のある対象領域をさらに制限します。サイバープロテクションをWebブラウジング、バックアップ済みのデータ、リカバリプロセス、エクスプロイト防止にまで拡張。バックアップ済みのフォレンジックデータを使用して調査を可能にします。
    • スマートプロテクションプラン
    • バックアップ済みのデータのマルウェア対策保護
    • セーフリカバリ
    詳細情報
  • Advanced Management
    パッチ管理をすることで脆弱性管理を容易にし、顧客のITインフラのギャップを速やかになくします。ディスクドライブの監視をすることで、ソフトウェアインベントリの可視性を高めてアップタイムを改善します。定期レポートによりIT管理を容易にします。
    • パッチ管理
    • フェールセーフパッチ
    • ディスクドライブのヘルスモニタリング
    詳細情報
  • Advanced Backup
    スケジュール設定によるバックアップと次のバックアップの間でも確実にデータ損失をなくし、顧客に提供されるデータ保護を強化します。SAP HANA、Oracle DB、アプリケーションクラスタにまでバックアップ機能を拡張。サービスプロバイダーは顧客のインフラストラクチャ全体の全てのデータ保護ステータスを一目で確認することもできます。
    • 継続データ保護
    • データ保護マップ
    • 計画バックアップレポート
    詳細情報
  • Advanced Disaster Recovery
    Acronis Cloudで瞬時にシステムを起動して任意の場所にリストアし即時に可用性を確保することで、わずか数分で顧客のビジネスを再開できるようにします。ディザスタリカバリの問題を解消し、オーケストレーション、ランブック、自動フェールオーバーで効率を改善。
    • ディザスタリカバリオーケストレーション
    • 本番環境のフェールオーバー
    • サイトからサイトへのVPN
    詳細情報
  • Advanced Email Security
    スパム、フィッシング、ビジネスメール詐欺 (BEC)、持続的標的型攻撃 (APT)、ゼロデイを含むEメールの脅威をエンドユーザーに届く数秒前に阻止します。Perception Pointの次世代テクノロジーを活用して、超高速の検出と簡単な導入、構成、管理を実現します。
    • フィッシング対策とスプーフィング対策エンジン
    • 回避対策技術
    • 次世代のダイナミックなゼロデイ検出

サポートが必要ですか?

よくある質問

  • Advanced Email Securityに含まれる機能とは何ですか?

    Perception Pointを搭載したAdvanced Email Securityは、スパム、フィッシング、BEC、なりすまし、マルウェア、APT、そして、複数の保護レイヤーを持つエンドユーザーにまで到達するゼロデイ攻撃を含む、すべてのEメールを介した脅威の防止に役立ちます。

    スパム対策エンジンは防御の最前線として機能し、IPレピュテーションチェックを含むスパム対策およびレピュテーションベースのフィルタを受信時にEメールに適用して、悪意のある通信や不要な通信をブロックします。

    次に、すべてのEメールは、回避防止テクノロジーによって、URLやファイルなどのより小さな個別のコンポーネントに再帰的にアンロックされます。このプロセスは埋め込まれたり、隠されたりしている悪意あるコンテンツを検出します。隠れた脅威をキャッチするために、URLとファイルは、後続のセキュリティレイヤーを介して複数のバージョンとパターンで個別に実行されます。

    Advanced Email Securityは、6つの市場をリードするソースからの強力な脅威インテリジェンスと、URLとファイルを実際にスキャンするPerception Pointのテクノロジーを組み合わせて、新たな脅威を先取りします。

    フィッシング対策エンジンは、市場をリードする4つのソースからのURLレピュテーションフィルタリングを、Webページで使用されているロゴや画像に基づいて未知の悪意のあるURLを検出する独自の画像認識テクノロジーと組み合わせて適用します。

    なりすましの試み、類似ドメイン、表示名の詐欺など、ペイロードレス攻撃(BEC)を阻止するために、Advanced Email Securityは、IPレピュテーション、送信者ポリシーフレームワーク(SPF)、DomainKeys Identified Mail(DKIM)、およびドメインベースのメッセージ認証レポートおよび適合性(DMARC)レコードチェックを備えた機械学習アルゴリズムを活用します。

    既知のマルウェアは、ユーザーのローカルマルウェア対策ソリューションの上に別の保護レイヤーとして機能する、Eメールを介した脅威を防ぐために特別に開発された、クラス最高のシグネチャベースの検出テクノロジーを利用して阻止されます。

    最後の防衛線は、ゼロデイやAPTなどの従来の防御を回避する高度な脅威を防ぐ次世代の動的スキャンです。独自のCPUレベルのテクノロジーは、他のどのソリューションよりも攻撃チェーンの早い段階で機能し、実行中にアプリケーションの実行フローを分析して、アセンブリコードに基づいて標準フローからの逸脱を特定することにより、エクスプロイトフェーズで攻撃をブロックします。

    さらに、サービスプロバイダーは、各Eメールのフォレンジックデータ、脅威に関するプロアクティブなインサイト、サービス提供チームがフォレンジックを必要とするファイルまたはURLの分析を使用して、組織全体の脅威の状況を全体的に把握できるダッシュボードにアクセスできます。

    インシデント対応サービスを使用すると、誤検知の処理、修正、必要に応じたリリースなど、継続的なレポートとサポートにより、すべての顧客トラフィックと悪意を監視するサイバーアナリストにもアクセスできます。

  • 別のソリューションからAdvanced Email Securityに移行するのはどのくらい簡単ですか?

    別のソリューションからAdvanced Email Securityに移行する場合、サービスをアップグレードするプロセスはかなりシームレスです。Advanced Email Securityは、MXレコードの構成など、追加の構成を必要とせずに、Eメールシステムに直接統合するAPIベースのEメールセキュリティテクノロジです。

    Acronis Cyber Protect Cloudを利用されている場合には、Advanced Email Securityの実装はスイッチを切り替えるだけです。

  • Advanced Email SecurityはクライアントのEメール配信に影響しますか?

    従来のサンドボックスソリューションの7〜20分と比較して、最長で数秒という優れた検出速度により、すべてのEメールは、エンドユーザーに配信される前にニアゼロの遅延でスキャンされ、毎日のビジネスプロセスを中断することなくプロアクティブな保護を保証します。

  • Eメールセキュリティとは何ですか?

    Eメールセキュリティは、Eメールを介した攻撃リスクを軽減するために、Eメール脅威を検出・阻止することにより、Eメールコミュニケーションの可用性、インテグリティ、真正性を確保します。

  • Eメールセキュリティ脅威の種類にはどのようなものがありますか?

    Eメールセキュリティ脅威には以下のようなさまざまな形態があります。

    • スパムは、一方的に大量に送信されてくる、不要なデジタルコミュニケーションです。
    • フィッシングは、機密情報にアクセスするために、信頼できると思わせるソースから詐欺のコミュニケーション(Eメール、インスタントメッセージ、SMS、Webサイトなど)を使用する、一般的な攻撃手法です。
    • ビジネスメール詐欺(BEC)は、なりすましや会社の知識を利用して従業員をだまし、送金やデータ転送、銀行口座情報の変更などを行わせるフィッシングメールです。
    • マルウェアは、システムに損害やデータの窃盗、ネットワークへの不正アクセス、通常、損害を与える意図をもって書かれたアプリケーションです。
    • ランサムウェアは、システムを感染させ、ファイルを暗号化するマルウェアの一種です。ユーザーは、復号化キーと引き換えに身代金が支払われるまでデータにアクセスできません。身代金が支払われても、必ず攻撃者により復号化キーが提供され、ファイルに再びアクセスできるようになる、という保証はありません。
    • 持続的標的型攻撃(APT)は、機密性の高いデータを収集したり、組織の事業運営を侵害したりすることを目標として、ネットワークに不正要素を長期的に潜ませる複雑な攻撃です。
    • ゼロデイ攻撃は、標的となっているソフトウェアのプロバイダーにはまだ認識されていない脆弱性を突く攻撃です。そのため、この攻撃に対抗するソフトウェア修正パッチは提供されません。

  • Eメールセキュリティは重要ですか?

    Eメールは主な攻撃ベクトルです。2019 Verizon Data Breach Investigations Reportによると、94%のマルウェアはメールを介して拡散されています。Verizon、HP、アクロニスによる最近の報告書では、Eメールを最も一般的な攻撃エントリーポイントの一つとしてとらえています。

    サイバー犯罪者は今後も、企業のEメールアカウントを標的にし、バックドアを利用して企業ネットワークへの侵入を試みるでしょう。そのため、顧客の最もリスクの高いコミュニケーションチャネルを保護することが重要です。従業員がどれほどトレーニングを受けていても、数百ものEメールを毎日受け取れば、Eメール疲れにより、悪意のあるEメールを誤ってクリックしてしまう可能性があります。

  • MSPはEメールセキュリティが必要ですか?

    デジタル脅威の数が増える中で、より多くのサービスプロバイダーが、サイバーセキュリティを、収益を生む主要な要素としてとらえています。Eメールセキュリティは、多数の企業にとって不可欠なサービスです。Eメールは今もなお、最も使用されているコミュニケーションチャネルであり、サイバー犯罪者にとって主な攻撃チャネルとなっているためです。

    競争力を維持し、顧客のセキュリティリスクを軽減するために、サービスプロバイダーは、Eメールセキュリティなど、複数の防御レイヤーを備えたサービスポートフォリオを提供する必要があります。こうしたサービスを提供することにより、MSPは、顧客ベースと1顧客当たりの収益を増加させることができます。

申し訳ありません。ご利用のブラウザはサポートされていません。

現在ご利用のブラウザのバージョンは、弊社の新しいウェブサイトと互換性がないようです。ただし、この問題は簡単に解決できます。ウェブサイトを正しい状態でご覧になるには、ブラウザをアップデートしてください。