会社の存続に必要なデータが破壊されるというおぞましい出来事が発生するのは、
何も暗い嵐の夜とは限りません。システムの安定やセキュリティは、
サイバー犯罪者やシステムエラー、ヒューマンエラー等により引き起こされる悪夢に
直面しています。迅速なリカバリーに失敗してしまうと、
データ回復のわずかなチャンスも無くなってしまいます。

 

 

しかし恐れてはいけません!企業のITシステムを守るために、システム管理者を悩ませるもっと恐ろしい7つの事柄に光を当てます。そうすれば、夜中、不気味な物音を立てようとシステムに潜んでいるものなどない、という確証を得ることができます。

 

 

1. アプリのアップデートに潜む、おぞましいバグ

システムは、ユーザーインターフェースの向上やセキュリティの強化に対応するためのアップデートに依存していますが、アップデート通知の影に潜むものは、最新のアップデートをひどい頭痛の種へと変貌させてしまうコード変更かもしれません。

2018年10月7日に30回目となったF1グランプリ「2018 FIA F1世界選手権シリーズ 第17戦 日本グランプリレース 鈴鹿30回記念大会」が鈴鹿で開催されました。30回目の記念大会となる今回は、タイトルスポンサーがホンダになり、ホンダの日本での人気などもあって来場者は前年に比べ大幅に増加したようです。
 

決勝は台風が近づいた前日までとは異なり、晴天と季節外れの気温上昇で、夏のような気候の中でのレースとなりました。お気に入りのチームを応援に来たファンも日差しと暑さで大変でしたが、チームによってはタイヤセッティングなどで混乱もあったようですね。

 

アクロニスはウイリアムズ・マルティーニ・レーシング・ フォーミュラ・ワン・チームと戦略的な技術提携をしています。

F1ではマシンの設計・製造・試験に関するデータ、各レースで大量に生成されるデータなど重要なデータが大量に存在しています。

各レースで収集したデータはリアルタイムに分析されているため、レース中にも分析に影響を与えずにデータを保護することが重要となります。 今回のレースでもアクロニスのバックアップやランサムウェア対策、ファイル共有といったテクノロジーが、ウイリアムズのデータ保護を支えています。

 

*ピットウォークは、普段は立ち入ることのできないピットレーンに立ち入ることができるイベントです。各チームがマシンのメンテナンスをしたり、グランプリに向けて準備を進めたりする様子を間近に見たり、各チームの配布するグッズを手に入れることができるため、人気の高いイベントとなっています。 アクロニスはサイバープロテクションとハイブリッドクラウドソリューションの世界的リーダーとして、ウイリアムズ・マルティーニ・レーシング・ フォーミュラ・ワン・チームと戦略的技術提携をし、チームのデータを保護するためのテクノロジーを提供しています。

バックアップは重要なファイルを保護するために行いますが、そのバックアップデータ自体も非常に重要なデータになります。
例えば、外付けHDDやDVDなどにデータをバックアップすれば、重要なデータもバックアップした各メディアに保存されることになり、このメディアもしっかり管理する必要があります。
今回は、バックアップファイルの保護の仕方を紹介します。



バックアップでは複数のメディアにデータを保存する事が推奨されています。複数のメディアにバックアップする事で、片方のメディアに事故があっても保存したデータには問題が無いようにするためです。
現在一般的なのは外付けHDDなどと、クラウドへのバックアップです。このように複数のメディアにバックアップを作成しておけば、どちらかに問題があってもデータは保護されます。
今回は、バックアップファイルを分割し、DVDなどへ保存する方法をご紹介します。

Acronis True Image 2018 や Acronis Backup 12.5を使ってバックアップする際、バックアップ対象やバックアップ先、それぞれのバックアップルールを設定することができます。例えば、日々作成しているデータ部分は頻繁に バックアップし、それ以外の部分は週に1回のみバックアップするような設定をするような、必要に応じたバックアップ条件の設定が可能です。
今回は、その方法についてご紹介いたします。



万が 一に備えて
2011年3月31日に、個人・法人問わず大切なデータを正しく保護する重要性を啓もうすべく、「World Backup Day」は誕生しました。
スマートフォン1台のデータの価値は、約140万円に匹敵されると推定するデータもあります。ノートパソコン、タブレット、すべてのデバイスを見れば、そ れを所有する人がどんな人か想像できるはずです。
あなたは、大切なデータを失って、悲しい思いをしたいですか?

データの保護で重要なのはバックアップをする事と、バックアップからデータを復元出来るようにすることです。

復元するデータの中には、例えば1週間前に間違えて書き換えてしまった前のデータが欲しい事もあります。
今回は、バックアップデータのバージョン管理に関して、ご紹介いたします。

バックアップは、パソコンの故障、ランサムウェアの様なサイバー犯罪などからデータを守るために必要です。
このような外的要因に備える事は重要ですが、それらと同等もしくはそれ以上に対策が必要なのが、うっかりミスのからの保護です。
今回はうっかりミスをどのようにして対策するかご紹介します。

Acronis Backup 12.5テクニカルセミナーでは、アクロニスのバックアップソリューションで利用出来る様々な機能、活用方法などを紹介しています。
今回は、データの非改ざん性を証明する Acronis Notary という機能について、テクニカルセミナーの中で紹介された、データの公証方法や非改ざん性の確認方法、その仕組みについて紹介します。