アクロニスでは、無償のランサムウェア対策ソフト「Acronis Ransomware Protection」の提供に合わせてランサムウェアやデータ保護に関する意識調査をしました。
今回は、調査結果についてご紹介いたします。

 
もしコンピュータが感染し、身代金を支払わなければパソコンにあるデータすべてにアクセスできなくさせる悪質なランサムウェアの被害に遭遇した場合、われわれアクロニスは、皆様のデータを守るためなら、できることはすべてやりたいと考えています。
今回は、先日発表したすべての方に無償で使っていただける 「Acronis Ransomware Protection」についてご紹介いたします。

2017年9月に動きを見せていたランサムウェアの「Paradise(パラダイス)は、今年初旬から新たな攻撃を携え戻ってきました。RSA暗号を使用してランサムウェアのサービスモデル (RaaS)として活用することで、Paradise系列は、ファイル暗号化にRSA暗号を使用し、暗号化スキームを提供します。これは珍しい暗号の選択肢です。
今回は、ランサムウェアParadiseについてご紹介します。

 

賞品
アクロニス オリジナル モバイルバッテリー(*1)および Acronis True Image 2018(*2) を毎月10名様(合計30名様)にあたります。
(*1) バッテリーは、ティ・アール・エイ社製 cheero Energy Plus 5000mAh (型番:CHE-074)に、アクロニスのロゴをデザインしたものになります。
(*2) Acronis True Image 2018 プレミアム サブスクリプション 5台のコンピュータ用 (1年版、1TBクラウドストレージ付属) のライセンスカードで提供されます。

応募期間
2018年2月1日(木)~ 2018年4月30日(月) 23:59まで
第1回応募期間:2018年2月1日 ~2018年2月28日23:59まで
第2回応募期間:2018年3月1日 ~2018年3月31日23:59まで
第3回応募期間:2018年4月1日 ~2018年4月30日23:59まで

対象のお客様
Twitterアカウントをお持ちの方で、日本在住の方。
(主催者は対象のお客さまの適格性について確認させていただく権利を有します。)
※社員ならびに関係者は応募できません。

応募方法


2018年に予定されているITやデータ保護に関連するイベントはいくつかあります。
これが全てではありませんが、代表的な物をいくつかピックアップしています。早めの対策が必要な物もありますので、今後のバックアップ計画作成にお役立てください。

アクロニス製品は、2クリックでバックアップ可能など、使用方法もシンプルなことが特徴です。
これと同様にアクロニス・アカウントも製品ユーザーの方、無償試用版を利用される方が登録する際に簡単に作成可能なアカウントです。
Acronis Ransomware Protectionを使用する場合にも、このアカウントが必要になりますので、どのくらい簡単なのか実際の操作画面で確認しましょう。

アクロニスの冬のバックアップキャンペーン 「Acronis True Image2018を使ってバックアップしようキャンペーン」は2017年10月から行われ毎回2千名を超える応募がありますが、いよいよ第4回となる最終抽選月の1月になりました。

送信元とメールアドレスを偽装したなりすましメールが増えています。
このなりすましメールを判断するために、メールのソースを確認しましょうと前回は説明しました。
これだけでもある程度は判断可能ですが、巧妙ななりすましメールの対策は、これだけでは不十分です。



世界で唯一不変のものは「変化」であり、それがテクノロジーの分野であればなおさらです。さて今回は、2018年に予想される変化にはどのようなものがある予測してみましょう。

2017年もまた、使いやすいバックアップ、AIを活用したランサムウェア対策、ブロックチェーン技術を応用したデータ認証を単一ソリューションに組み込み、包括的なデータ保護ソリューションを提供して参りました。
今回は、世界中で起きた出来事も含め、2017年を振り返ってみたいと思います。