世界バックアップデー: 不測の事態に備えてデータを保護しましょう

Acronis
Acronis Cyber Protect
旧Acronis Cyber Backup
他の言語 English

貴重な情報を保護することは非常に重要ですが、サイバー脅威の増加に伴い、データの保護はこれまで以上に困難になっています。World Backup Dayは、3月31日に開催される毎年恒例の記念日であり、データのバックアップと保護の重要性を再認識する重要な日です。世界的なイニシアチブであるバックアップデーは、人々や組織が貴重な情報を保護するために積極的な対策を講じるよう意識を高めることを目的としています。

バックアップデーの起源

2011年、Redditのある投稿者が、データのバックアップの重要性を強調するために新しい記念日を作ることをグループの他の人に提案しました。スレッドの別の投稿者は、いたずらを避けるために4月1日 (エイプリルフールの日) の前日である3月31日に設定することを勧めました。

Acronis
当時のReddit投稿

グループの他の投稿者も同意し、これを提案した投稿者は数日のうちにworldbackupday.netのドメインを購入し、@WorldBackupDayというTwitterフィードを作成しました。

このアイデアは軌道に乗り、熱意のある企業とのパートナーシップにつながりました。13年たった今、このバックアップデーが世界中で記念されています。この記念日の一環として、人々は次のような誓いを立てることを奨励されています。

Acronis
世界バックアップデーの誓い

Worldbackupday.com日本語サイトに掲載された日本語訳は以下の通りです。

WORLD BACKUP DAY の誓い

“私は重要な書類や大切な思い出を3月31日にバックアップすることを誓います。” また、World Backup Day について友人や家族に教えます。バックアップがないことで友人が友人でなくなってしまわないように。

データバックアップは、重要なデータを保護する必要がある幅広い業種に関連するとされており、そこには事業継続のためにアクセスする必要があるデータなどがありますが、バックアップはビジネスだけの問題ではなく、個人の問題でもあります。重要なドキュメントから個人的な写真まで、個人のデータには大量の情報や思い出が含まれています。データを紛失することがビジネスの中断に関する問題が発生しない場合でも、痛みを伴う可能性があります。

紛失または破損したデータのバックアップ計画

バックアップコピーは1つだけでは十分ではありません。例えば、自宅のオフィスにある外付けドライブにコンピュータをバックアップするとします。コンピュータがクラッシュしても、バックアップコピーがあれば大丈夫です。しかし、自宅で火災が発生すれば、コンピュータも外付けドライブも破壊されてしまいます。

3-2-1バックアップルールは、この運命を回避するのに役立ちます。バックアップコピーをローカル、オフサイト、外部ストレージデバイスに保存することで、不測の事態や災害が発生した場合でも、データの保護が倍増します。

3-2-1バックアップ戦略

- オリジナルと2つのコピーを含め、3つのデータコピーを作成する。

- 外付けハードドライブ、USB、クラウドストレージなど、異なるメディア・ストレージ・タイプにデータを保存する。

- バックアップコピーを1部、地理的に離れた場所に保管する。

Acronis

3-2-1ルールと同様に重要なのは、システムを継続的にバックアップするために設定するスケジュールです。たとえば、3月31日にコンピュータをバックアップしても7月にハードドライブが故障した場合、4月から7月までのすべてのデータが失われます。

このため、アクロニスでは、頻繁にバックアップスケジュールを設定することを推奨しています。バックアップのスケジュールは、どれだけのデータを失っても支障が出ないかという評価に基づいて決定します。多くのバックアップ推奨者は、コンピュータの使用頻度に応じて、毎日または毎週バックアップしています。ームユーザーであれば毎月のバックアップでも問題ないかもしれませんが、ビジネスではより積極的にバックアップを取る必要があります。安心と安全を手に入れて、時間と労力を節約するために、システムとファイルを自動的にバックアップできるバックアップソフトウェアの利用をお勧めします。

世界バックアップデーは、データのバックアップと保護の重要性を再認識させる日です。潜在的なデータ損失やサイバー脅威から貴重な情報を保護するバックアップをこの機会に見直してみませんか?

アクロニスのその他の情報