2023年10月23日
プレスリリース

アクロニスのEDRが第7回年次CyberSecurity Breakthrough Awardsプログラムの「Endpoint Security Innovation of the Year」を受賞

 卓越した情報セキュリティ製品と企業を選出する権威ある国際アワードプログラム

※本リリースは2023年10 月5日にスイス・シャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスは本日、Acronis Cyber Protect CloudのAdvanced Security + Endpoint Detection & Response(EDR)がCyberSecurity Breakthrough ( https://cybersecuritybreakthrough.com/ )による第7回年次CyberSecurity Breakthrough Awardsプログラムの「Endpoint Security Innovation of the Year(2023年度のエンドポイントセキュリティイノベーション賞)」を受賞したことを発表しました。CyberSecurity Breakthroughは、世界の情報セキュリティ市場における優れた企業、テクノロジー、製品を評価する、権威ある独立マーケットインテリジェンス組織です。

Acronis Cyber Protect CloudのAdvanced Security + EDRは、シンプルな導入、AIによる迅速な検出、対応および復元、そして自動化を特徴とします。このソリューションは、Acronis Cyber Protectの定評あるバックアップおよび復元と、エンドポイント管理、エンドポイントセキュリティの各種機能との統合を活用した復元オプションを幅広く搭載しています。こうした復元オプションは、標準で搭載されているため、導入後すぐに利用することが可能です。

この革新的なソリューションは、NISTセキュリティフレームワーク全体を網羅する完全な統合型保護を単一のエージェントで実現しており、サービスプロバイダー向けに設計されています。アクロニスのEDRでは、潜在的なインシデントの優先順位付けとアラート疲労の軽減によって調査を効率化できます。自動相関とAIベースのガイド型攻撃解釈によって、数時間といった時間をかけることなく数分での分析が広範囲で可能になると同時に、MITRE ATT&CK®における可視性を向上させることで、攻撃の分析と影響を迅速に把握できます。

アクロニスのEDRユーザーは、ネットワークからのエンドポイントの分離、悪意あるプロセスの破壊、脅威の軽減、攻撃による変更のロールバック機能により、修復を実行できます。リモート接続とフォレンジックバックアップを使用したさらなる調査が行われ、分析された脅威の実行を阻止し、脆弱性を修正することで、将来の攻撃を防止できます。

アクロニスのプレジデントであるガイダー・マグダヌロフ(Gaidar Magdanurov)は、次のように述べています。「『Endpoint Security Innovation of the Year』を受賞でき、大変うれしく思っています。アクロニスは導入、管理、拡張がシンプルな単一エージェントの統合型ソリューションを提供し、複数の非統合型ソリューションにつきものであるコストや複雑さ、セキュリティギャップを解消します。当社のソリューションは、サービスプロバイダーとITチームのために信頼性を向上し、コストを低減します。また、今後もEDRとAI駆動の機能を拡張し続け、サイバー脅威からのITインフラの保護を容易なものにしていきます。」

CyberSecurity Breakthrough Awardsの使命は、クラウドセキュリティ、脅威検知、リスク管理、不正防止、モバイルセキュリティ、電子メールセキュリティを含む、広範な情報セキュリティカテゴリにおける卓越性を称え、イノベーションと多大な努力、成功を評価することです。今年のプログラムでは、世界20か国以上から数千社が受賞候補としてノミネートされました。

CyberSecurity Breakthroughのマネージングディレクターを務めるスティーブ・ヨハンソン(Steve Johansson)氏は、次のように述べています。「ほとんどのEDRツールは複雑で、実装や理解のためにコストや時間がかかってしまいます。アクロニスのEDRは導入が容易で使いやすいだけでなく、業界で一般的なスタンダードにも準拠しています。EDRの高度なセキュリティを実現し、迅速かつ簡単にセキュリティインシデントを分析して優先順位を付け、ダウンタイムを最小限に抑えて機密性の高いデータを保護しながらビジネス継続性を維持するという、ITプロフェッショナルのニーズに応えるアクロニスが受賞したことにお祝いを申し上げます。」

このソリューションの優先順位付けビューは、不審なアクティビティの調査にも役立ちます。広範なアクロニスのプラットフォームにおいてネイティブに統合されたツール、脅威インテリジェンスフィード、フォレンジックインサイトによって、脅威の検出に集中しやすくなります。また、Acronis EDRでは、振る舞い・シグネチャベースのエンジン、URLフィルタリング、イベント相関といった追加の機能を使用して、セキュリティ関連のイベントを継続的に監視できます。

####

CyberSecurity Breakthroughについて

世界のテクノロジーイノベーションとリーダーシップに関する権威あるマーケットインテリジェンス・評価プラットフォームであるTech Breakthroughの活動の一環として、CyberSecurity Breakthrough Awardsプログラムでは、情報セキュリティとサイバーセキュリティテクノロジー分野における卓越した企業、製品、人材を評価することに注力しています。CyberSecurity Breakthrough Awardsは、クラウドセキュリティ、脅威検知、リスク管理、不正防止、モバイルセキュリティ、Webおよび電子メールのセキュリティ、UTM、ファイアウォールなどのカテゴリにおける革新的な情報セキュリティ企業や製品の功績に関して公に評価するプラットフォームを提供しています。詳細はCyberSecurityBreakthrough.comをご覧ください。

Tech Breakthrough LLCは、評価プログラムに掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、受賞したベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。Tech Breakthrough LLCの評価は、Tech Breakthrough LLC組織の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Tech Breakthrough LLCは、明示または黙示を問わず、本評価プログラムの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

アクロニスについて:
アクロニスはデータ保護と サイバーセキュリティ を1つのソリューションに統合し、現代のデジタル社会の安全、アクセス性、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)問題の解として統合と自動化されたサイバープロテクションを提供します。アクロニスは、サービスプロバイダーやITプロフェッショナルすべてのシステム、データ、アプリケーション保護のニーズに、革新的な次世代のアンチウイルス、バックアップ, 、ディザスタリカバリ、人工知能(AI)によるエンドポイント保護管理とサイバープロテクションを柔軟な導入オプションで提供します。アクロニスは、最新のマシンインテリジェンスによる高度なマルウェア対策とブロックチェーンベースのデータ認証テクノロジーで、クラウド、ハイブリッドからオンプレミスまですべての環境を予算に応じて保護します。

アクロニスはシンガポールで設立されたスイス企業です。アクロニスは、45拠点に1800人以上の従業員を擁し、イノベーションに満ちた20年を迎えました。Acronis Cyber Protectソリューションは、150か国以上の国に26言語で提供され、2万0千社を超えるサービスプロバイダーで利用されており75万社を超える企業を保護しています。
プレス連絡先:
Yuka Ibara
日本ではパブリック・リレーションズ