アクロニスが初のESGレポートを発表し、基準と2022年の目標を公開

Acronis
Cyber Protect Cloud

アクロニスは、世界で最も優れたサイバープロテクションソリューションを提供することに注力し、急速に成長している大規模な組織です。その活動の一環として、また良き地球市民として、多様性、社会的責任、プライバシーなどを促進する献身的な取り組みを通じて、次世代のために機会創出、グローバルコミュニティの支援、業務の持続可能性を高める義務があります。私たちのコミットメントを示すために、本日初めて、環境・社会・ガバナンス(ESG)レポートを発表することを誇りに思います。

この報告書では、環境、社会、ガバナンスの重要な問題を推進するために、当社チームが開始した以下のような広範な取り組みを紹介しています。

  • 十分なサービスを受けられず、放置されているコミュニティの支援
  • IT分野におけるダイバーシティ&インクルージョンの拡大
  • 従業員と地域社会のための強固な安全衛生予防措置の確立
  • データセキュリティとプライバシーに関する基準の改善

また、アクロニスの2022年の展望と今後1年間に設定した目標についても紹介しています。これらの目標は私たちの取り組みの中心であり、アクロニスが気候変動や資源の効率的な利用ができるようにするためのものです。社員、顧客、地域社会に対して社会的責任を果たし、すべての業務において高い倫理基準を達成し、維持することです。

CEOであるパトリック・プルヴァミュラー(Patrick Pulvermueller)は、アクロニスのチームを率い、顧客やパートナーの成功に貢献すると同時に、より持続可能で包括的な世界を提唱できることを誇りに思っています。ここでは、2021年度のESGレポートのハイライトをご紹介いたします。これは、アクロニスのチームがこれまで行ってきた、そして2022年も引き続き行うであろう素晴らしい仕事を示しています。

アクロニスは資源の効率的かつ持続可能な利用に取り組んでいます。

アクロニスのコミュニティは世界中に広がっており、COVID-19のパンデミックが始まる前から、多くの社員がリモートワークに慣れていました。とはいえ、パンデミックが始まってから、リモートワークがいかに効率的で生産的であるかを認識するようになりました。これにより、出張が大幅に減り、CO2排出量も大幅に削減されました。

環境に与えるプラス影響を拡大するために、私たちはサイバープロテクション技術を提供し、SailGPやジ・オーシャンレース(Ocean Race)と共同でマシンインテリジェンスプロジェクトに取り組んでいます。また、フォーミュラEのパートナー向けに特注のマシンインテリジェンス技術をサポート・開発し、Acronis SIT Autonomous、ロボレース(Roborace)、エアスピーダー(Airspeeder・空飛ぶクルマ)など、持続可能なモビリティ技術の開発により電動パワーレースの限界に挑む組織に協力しています。

2022年度の環境目標については、2021年度版ESGレポートをご覧ください。

アクロニスは、十分なサービスを受けていないコミュニティや過小評価されているコミュニティに機会を創出し、拡大することに取り組んでいます。

当社の多様性、平等性、インクルーシブ(DEI)への取り組みは、当社のイベントやオフィスの健康と安全、歴史的に男性が支配的なテクノロジー業界における女性の能力向上、アクロニスサイバー財団が行うコミュニティ支援と教育活動に焦点を当てた組織全体のプログラムに示されています。

これらのプログラムは素晴らしい結果をもたらし、世界中の人々やコミュニティの生活を向上させてきました。

  • アクロニスサイバー財団のスクールイニシアティブは、設立以来、4,300人以上の子供たちを支援し、13の学校を建設してきました。
  • アクロニスサイバー財団のITスキルプログラムは、600人以上の成人と子供に80時間を超える基本的なITトレーニングを提供してきました。
  • 2021年に開始された#CyberWomenイニシアティブは100%の賃金平等を達成し、明日の女性リーダーのための支援、指導、教育を提供します。

私たちの2022年の社会およと多様性についての目標を紹介する2021年度「ESGレポート」をご覧ください。

アクロニスは安全、安全、倫理的な行動にコミットしています。

アクロニスは、社員一人ひとりがポジティブでコンプライアンスに則った環境を作り、安全、安心かつ倫理的な行動を促進する責任を負っています。私たちはこの目標に焦点を当て、2021年には、行動基準を定めた強固な社内行動規範を制定しました。

すべての従業員は、この行動規範の条項を読み、これに同意するとともに、アクロニスの制裁および輸出管理ポリシー、腐敗防止ポリシーおよびハラスメント防止トレーニングを完了する必要があります。

コンプライアンス管理基準を確実に向上させるため、コンプライアンス管理に豊富な経験を持つ弁護士を起用し、コンプライアンスオフィサーを設置しています。これらの役割を担う人々とともに、すべての従業員、取締役、役員が基本理念を守り、誠実かつ公正な事業活動を推進しています。

2021年度のESGレポートを読んで、2022年のガバナンスとコンプライアンスの目標をご確認ください。

アクロニスはどのようにESG目標を達成するのか

サポート、セキュリティー、プロテクションは、アクロニスのDNAの重要な要素です。これは、特に環境、社会、ガバナンス(ESG)要素に関して、グローバルに責任を負う大企業としての義務を果たす上で大いに役立つものです。この1年、私はアクロニスのチームを率いて、ESGの目標達成に向けた有意義なステップを踏み出すことができ、光栄に思っています。私は、これらの取り組みを常に支援・奨励し、アクロニスのチームが今後確実にESG目標を達成できるよう「決してあきらめない」姿勢を指導していくことを約束します。

これらの取り組みと2022年の目標について詳しくは、2021年度のESGレポートをご覧ください

アクロニスのその他の情報