Сomparison

クラウドサービスの比較2019

車の購入を検討していた時、あなたは環境に良いものが欲しいが手頃な価格のものも欲しいと思っていました。テスラは高価すぎました、しかし従来の車は二酸化炭素排出量が多すぎます。それで、あなたはハイブリッド車を選びました。デジタル資産の保管にも同じアプローチが機能します。 データ環境を保護するだけでなく、費用対効果の高いデータソリューションが必要です。多くの組織にと安全なハイブリッドクラウドが解決策を提供します。 ハイブリッドソリューションを使用するこを決めたら、クラウドサービスプロバイダの比較を行ってニーズと予算に最も合うものを判断する必要があります。

AcronisBackup Cloud

コスト削減はデータ保存ではない

多くの中小企業にとって、パブリッククラウドソリューションの安心感と手頃な価格は「考えるまでもないこと」のように感じます。 たとえば、Google Cloudプラットフォーム、Microsoft Azure、Amazon Web Servicesなどはすべてが簡単に展開可能なソリューションを提供します。これらのサードパーティベンダは、基本的なコンプライアンスを製品に組み込んで、新しい企業がデータを保護できるようにすることが多く、より迅速にいくつかの情報セキュリティ基準と規制を満たすインフラストラクチャとしてのソリューション(IaaS)を提供しています。

大規模な組織でも、ビジネスに不可欠なニーズに合わせて物理スペースを節約できるため、これらの定評のあるプロバイダに目を向けます。 大規模な組織では、データを保存するためにより多くのサーバーに投資するより、より少ないスペースでより高い柔軟性を提供するクラウドソリューションを使用した方がより簡単に拡張が可能となります。

ただし、パブリッククラウドサービスに関連したコスト削減には、多くの場合データコストがかかります。 有名なクラウドサービスプロバイダは、膨大な量のデータでハッカーを魅了します。ハッカーがすべてのソフトウェア、システム、およびネットワークで発見されていない脆弱性(「ゼロデイ攻撃」と呼ばれている)を求めるようになるにつれて、大規模プロバイダーは自ら進化し続けるデータが脅威の標的になっています。

cloud services

プライベートクラウドのデータ管理はコスト高

個人的なプライベートクラウドを確立することは、より良い解決策のように見えます。プライベートなITサービスはあなたの組織だけのために専用のクラウドインフラストラクチャをもたらします。 プライベートクラウドを内部で管理するので、自分で自分のデータを管理します。 欧州連合一般データ保護規則(GDPR)が現在施行されているので、EU市民と取引をしている多くの組織は、コンプライアンスを維持するためにローカルデータセンターを使用していることを証明する必要があります。 あなたの組織がじこのクラウドを所有している場合、自分の情報をどこに保存するかを制御します。

これは魅力的に思えますが、独自のプライベートクラウドを開発することはすぐにに法外なコストになります。まず、データセンターのインフラストラクチャと管理ツールの開発に専念する専任のITス第2に、導入は、取得、導入、サポート、および保守のすべてのコストが上がることを意味します。

ハイブリッドクラウドソリューションがコストとデータを節約する

ハイブリッドクラウドストレージソリューションは、費用対効果を維持しつつデータ制御と追加のセキュリティ保護を提供します。 ハイブリッドクラウドを使うと、パブリッククラウドサービスプラットフォームをベンダー提供のプライベートクラウドおよびオンプレミスのストレージソリューションに接続できます。

さらに、ハイブリッドクラウドソリューションを使用すると、プライベートクラウドからパブリッククラウドに大量のデータを送信できますが、利用した必要なものに対してのみ料金を支払います。たとえば、ハイブリッドソリューションを使用すると、パブリッククラウドを使用して必要に応じて重要度が低く機密性の低い情報を迅速に分散し、必要なデータサービスに対してのみ料金を支払います。

データのバックアップと修復のためにハイブリッドクラウドを使う

ハイブリッドクラウドを使うと、システム、ソフトウェア、データやネットワークをより安全に保護できます。 さらに、自然災害やランサムウェアによる攻撃が発生した場合、ハイブリッドクラウドによっては、企業のシステム、ソフトウェア、データ、およびオペレーティングシステムを迅速に修復して開始時の状態に戻せます。

組織がニーズに合わせて適切なハイブリッドクラウドを開発できるように、アクロニスはGoogle Cloud PlatformとMicrosoft Azureとのパートナーシップをしました。 これらのプラットフォームとネイティブ統合されているため、ユーザーは重要なデータ、システムやソフトウェアを保護しながら、好みのパブリッククラウドサービスにアクセスできます。 その一方で、Acronis Backup Gatewayは、Amazon Web Services(AWS)のような他のサードパーティソリューションにストレージを簡単に拡張します。 Acronisを使用すれば、ユーザーは(重要なデータをローカルに保存することで)緊急時の迅速な復元の必要性と、(重要度の低いデータを別の場所に保存することによって)予算とのバランスをとることができます。

hybrid clouds

クラウドサービスの比較

Azure、Google Cloud、やAWSのような人気のあるベンダのなかのどれかを選択するのは難し買ったりもします。 クラウドサービスを比較するとき、サービスプロバイダーは同じように見えるかもしれませんが、それらの性能やターゲット層の違いを理解することはより良い組織的な解決を可能にします。場合によっては、地理的な制約によって選択肢が完全に制限されることがあります。 たとえば、中国のユーザーはAlibabaのようなサービスに注目したいと思うかもしれません。

複数の選択肢がある場合は、Gartner Peer Insightsのような信頼できるソースで主要なクラウドサービスを比較できます。それらのクラウドサービス比較表は、ユーザーがツールの長所と短所として知っておくことを学ぶ機会を与えてくれます。ただし、ツールがどのように機能するのかについても知っておく必要があります。

以下に、Gartner Customers 'Choice 2018クラウドサービスプロバイダに関して購入前にそれらの機能を確認できるよう情報をまとめました。クラウドサービスに関してGartner Peer Insightsで顧客が評価したカテゴリに焦点を当てて、それぞれのベンダーのWebサイトから提供しているサービスの詳細を収集しています。このアプローチによりユーザーレビューや技術データを含めてより完全なクラウドサービスの全体像を確実にします

計算:Gartner Peer 視点のベスト:AWSとGoogle

Google Cloud Platform
インスタンステンプレートでは、管理対象インスタンスグループ、またはオーバーライドインスタンステンプレートフィールドを持つ個々のインスタンスと、指定したリソースゾーンにテンプレートを制限する機能が使用できます。
Amazon Web Services
AWSクラウド形成テンプレートは、Amazon EC2インスタンスと統合されています。
Microsoft Azure
リソースマネージャーは、Azure Power Shell、Azure CLI、Azureポータル、REST API、およびクライアントSDKと連携して、リソースグループを管理します。

ユーザー管理:Gartner Peer 視点のベスト:Google

Google Cloud Platform
ユーザー/マネージャツールの割り当てを最適化し、アカウントおよびコンテナレベルでユーザーの役割を管理し、Googleの伝統的なUIを取り入れています。
Amazon Web Services
IIAMユーザー管理を使用すると管理者はユーザーの作成や個々のセキュリティ認証情報を設定したり、一時的なユーザー認証情報を要求できます。
Microsoft Azure
Azure Active Identityは、Office 365とAzureおよびEnterprise Mobility + Securityを統合し、管理者はデバイス、データ、アプリケーション、およびインフラストラクチャ全体の管理を一元的に識別してアクセスできます。

ネットワーク:Gartner Peer 視点のベスト:Google

Google Cloud Platform
事前定義されたIP範囲と、サブネットとIP範囲の制御を可能にするカスタムモードを使い各地域から1つのサブネットを持つオートモードを提供します。
Amazon Web Services
AWS Direct Connectを使えばAWSとデータセンター、オフィス、またはコロケーション環境との間のプライベート接続を、プライベートIPスペースを持つ複数の仮想インターフェイスに分割してパブリック環境とプライベート環境を分けることができます。
Microsoft Azure
Azure Virtual Networkは、パブリックアドレスとプライベートアドレスを使用してカスタムプライベートIPアドレスを指定し、仮想ネットワークを1つ以上のサブネットに分割します、そしてAzure提供の名前解決を使用もしくは独自のDNSサーバーを指定します。

スケーリング:Gartner Peer 視点のベスト:Google CloudとAWS

Google Cloud Platform
管理対象インスタンスグループと連携し、CPUや負荷分散のキャパシティ、またはStackdriver Monitoring Metricsに基づく動作をします。
Amazon Web Service
Amazon EC2インスタンス、Spot Fleets、Amazon ECSタスク、Amazon DynamoDBのテーブルとインデックス、およびAmazon Auroraレプリカのスケーリングプランを有効にします。
Microsoft Azure
仮想マシンスケールセット、クラウドサービス、App Service - Webアプリ、およびAPI Managementサービスに適用されます。

開発者サービス:Gartner Peer 視点のベスト:Google Cloud

Google Cloud Platform
開発者ポータルは、オープンソースのDrupalを使用してコンテンツ管理システムとして機能し、コンテンツを構築し、APIドキュメントを作成するための一連のモジュール、さらにはブログやスレッドのフォーラムも提供します。
Amazon Web Services
Amazon Developer Services and Technologiesは、Alexaとの統合、AndroidとFireのアプリケーション開発、サービスの並べ替え、ツール、ドキュメント、およびサンプルコードなどを可能にします。
Microsoft Azure
Azureソリューションにはチームコミュニケーションツール、パイプライン、Gitリポジトリ、テスト計画、成果物、およびアプリケーション拡張などが含まれています。

DevOpsの有効化:Gartner Peer 視点のベスト:Google CloudとAWS

Google Cloud Platform
DevOps Solutionsは、従量制の規模に基づいて構成管理ツールを組み込み、アプリケーションのライフサイクルを管理します。また、Stackdriver Monitoring、Stackdriver Debugger、Stackdriver LoggingやApp Engineセキュリティスキャナーサービスも組み込まれています。
Amazon Web Services
AWS DevOpsサービスには、マイクロサービスと継続的デリバリー、継続的インテグレーションデリバリー、モニタリングとロギングプロセス、インフラストラクチャコード、コラボレーションツール、そしてセキュリティのためのきめ細かい制御と設定管理が含まれます。
Microsoft Azure
Azure DevOpsソリューションには、コードを自動的に構築およびテストする継続的統合、本番展開可能インフラストラクチャの一部としての継続的配信、コードとしてのインフラストラクチャ、監視ツール、Azure Resource Manager、Terraform、Ansibleによるプロビジョニングと構成の自動化、ロギングと監視の統合が含まれます。既存のダッシュボード、およびコンプライアンスとセキュリティのためのChef AutomateやAzure Policyを使用します。

管理ツール:Gartner Peer 視点のベスト:Google Cloud

Google Cloud Platform
Google Stackdriver内の統合監視、ログ記録と診断、フルスタック監視、リアルタイム管理分析、リアルタイム例外監視と警告、分散トレース用のStackdriver Trace、ログ記録ステートメントを使用せずにコードを検査するStackdriverデバッガ、リソースを確認するDeployment Manager 、AP管理、導入、拡張、生産診断のためのGoogle Cloud Console、Google Cloud Shell、Cloud Platform Mobileアプリ、課金APIのドキュメント、およびワークフローの管理と自動化のためのGoogle Cloud APIなどのサービスを提供しています。
Amazon Web Services
AWSはロビジョニング用のAWS CloudFormation、リソースの監視と運用タスクの自動化用のAWS Systems Manager、インベントリ設定用のAWS CloudTrail、クラウドリソースとアプリケーションの監視用のAmazon CloudWatch、さらに設定とスケールの管理用のAWS OpsWorksを提供しています。
Microsoft Azure
Azureは、プラットフォームコンポーネントの状態監視用Azure Monitor、オンプレミスおよびクラウドデータの収集用Log Analytics、パフォーマンスの問題を診断するためのApplication Insights、ネットワークの問題を監視するためのNetwork Watcher、リソースの自動化、環境管理のためのAzure Advisor、Azure Resource Manageを提供します。 リソースの管理とデプロイのためのScheduler、アプリケーションの作業のスケジュールのためのScheduler、パフォーマンスと可用性を制御するためのTraffic Manager、ソリューションのデプロイのためのAzure Managed Applications、環境の管理のためのMicrosoft Azureポータル、リソースを接続するためのAzure Mobile App 、支出を検討するためのコスト管理、包括的なポリシー設定のためのAzureポリシー、繰り返し管理される環境のためのAzure Blueprints、データ損失から保護するためのAzure Backup、災害復旧を可能にするためのAzure Site Recovery、さらに脅威から保護するためのセキュリティセンターを提供しています。

エンタープライズ統合:Gartner Peer 視点のベスト:Google Cloud

Google Cloud Platform
Google CloudはAPIクラウドストレージ用のApp Engine、データ収集用のBigQuery、データ処理タスク用のCloud Dataflow、変更追跡用のCloud Pub / Sub、データのインポート/エクスポート用のCloud SQL、モバイルおよびWebアプリケーションデータアクセス用のFirebase SDK、開発ツール 、遺伝子配列を格納するためのCloud Genomics、Hadoop、およびCloud Prediction APIなどのサービスを提供します。
Amazon Web Services
AWSでは、オンプレミスおよびクラウド環境用のAmazon Storage Gateway、データベース作成用のAmazon RDS、データ転送用のAWS Snowball、セグメンテーション用のAmazon VPC、専用ネットワーク接続を作成するためのAWS Direct Connect、IDとアクセス用のAWS IAMの管理、ワークロード用のAWS Directory Service、VMware環境にアクセスするためのAWS上のVMware Cloud、アプリケーションの設定と運用のためのAWS OpsWork、管理タスクを自動化するためのAWS CodeDeploy、ローカルデバイスを安全に接続するためのAWS Greengrass、およびAWSデータ転送用のAWS Snowball Edgeなどを提供しています。
Microsoft Azure
Microsoft Azureは、ワークフローを構築するためのLogic Apps、オンプレミスとクラウドアプリケーションを接続するためのService Bus、APIを公開するためのAPI Management、およびサードパーティサービスを接続するためのEvent Gridを提供しています。

クラウドサービスの価格比較

クラウドサービスの価格比較場合によっては、The Big Three(Google Cloud Platform 、Amazon Web Services、Microsoft Azure)のクラウドサービスプロバイダがそれぞれ似たような製品を提供していますが、それぞれが特定のターゲット層に焦点を当てています。Google Cloudは、ペイメントカード業界データセキュリティ標準(PCI DSS)に準拠の必要がある小売業者のためにネットワークの分離を容易にしつつモバイルストレージオプションを提供することでモバイルアプリ開発を可能にします。それぞれのサービスはそれぞれ異なる機能を異なった料金で提供しており、価格を比較することは、車とリンゴ、蝶とを比較するようなものです。しかし、どのようにそれらを使用するつもりなのかを理解することは、あなたにサービスのコストへの洞察を与えます。

差別化要因の検討

Google Cloud Platformでは、カスタマイズされたVMインスタンスを作成し、持続的な使用に対して割引が適用されます。 Google Cloud Platformはアジャイル開発者に継続的に更新してもらうための割引を提供しています。

AWSとGoogle Cloud Platformの両方は、ピーク時間外だとお金を節約することができます。 AWSとGoogle Cloud Platformはどちらも、オフタイムにソフトウェアの更新を行いたいだけであれば、低価格のユーザーに割引を提供するようです。中小企業の場合、展開がより柔軟かもしれないため、これらの価格設定オプションは低コストの選択肢を提供するかもしれません。

Microsoft Azureは、既存のEnterprise Agreementによる割引のみを提供しています。 Microsoft Azureは、密な関係を持つ大企業を対象としています。

cloud data control

最終的な結論

アクロニスは、パブリッククラウドへのバックアップの保存を簡単にし、合理化されたハイブリッドクラウドソリューションを実現します。 AcronisはGoogle Cloud PlatformおよびMicrosoft Azureとネイティブ統合され、Acronis Backup Gatewayは他のさまざまなクラウドサービスプロバイダへのアクセスを可能にします。そのため、データを最終的な場所にアップロードする前にローカルストレージをステージング領域として使えます。

コストを管理し、パフォーマンスを合理化し、GDPRなどの規制要件を満たすためには、それらのニーズを満たすクラウドサービスプロバイダが必要です。アクロニスは、クラウドワークロード、データセンター、オンプレミス、リモートオフィス、モバイルデバイスなど、さまざまな環境ですべてのクラウドデータを保護するように機能します。将来の選択肢であるハイブリッドクラウドでは、Google Cloud PlatformやMicrosoft Azureなど、あらゆるクラウドサービスプロバイダーを使ってて、データの保存、バックアップ、復元や保護をより有効にできます。