ビジネスに最適なデータバックアップサービスを選択する方法

Acronis
Cyber Protect Cloud

データは、成功するビジネスの生命線です。 これにより、新興企業から世界最大の企業まで、通常どおりのビジネスを維持し、データに基づく戦略によって成長できます。 問題は、適切に維持され、すぐにアクセス可能なビジネスデータに、現代のビジネスの成功が集中しているため、データ損失の結果がこれまで以上に深刻になったことです。 そこで、データバックアップサービスがあります。

データバックアップサービスとは

データバックアップサービスは、すべてのデータを安全に保つために、必要な保護を企業に提供します。これらのサービスを導入することで、企業は、偶発的および悪意のあるデータ損失の事象から、自信を持って自社のデータ(および顧客のデータ)にアクセスし、確認と保護ができます。

サードパーティのデータバックアップと復元サービスは、バックアップの作成、管理、保管、および復元プロセスの責任を熟練した専門家に移す一方で、データ保護の取り組みを容易、効率的、かつ安全にするツールとサポートを提供する独立系ソフトウェアベンダ(ISV)またはマネージドサービスプロバイダ(MSP)によって提供されます。 簡単に言うと、データバックアップサービスは、企業を助けることに注目してリソースを他の場所に集中させる一方で、データを確実に保護するため、そのデータが常に安全で利用できることを確実にします。

Acronis
Data Backup services

これらの利点はすべてのビジネスに当てはまりますが、データのバックアップと復元のサービスを検討しだすと、ビジネスごとに機能と機能の優先順位を設定する方法に大きな違いがあることがわかります。 これらの違いは、企業規模、予算、コンプライアンス要件などから生じます。 ただし、データバックアップサービスを選択する際の最も重要な違いの1つは、組織がサービスのエンドユーザーとなるのか、顧客のポートフォリオにサービスを提供するかを決定できるMSPになるのかどうかです。

企業がデータバックアップサービスに求めるもの

エンドユーザーにとって、データのバックアップとリカバリサービスは、ビジネスを継続的に維持するための簡単で信頼性の高い方法です。 企業はこれらを導入することで、柔軟で安全なクラウドおよびオンプレミスストレージを介してデータ保護を強化しながら、バックアップと復元を維持するために、必要な時間や費用とリソースを削減できます。

当然のことながら、すべてのデータバックアップサービスの利点は、ESGリサーチによる最近のITプロフェッショナルの調査でも高く評価されています。 最も注目に値する回答は、サービス・バックアップ・ソリューションとしてのデータバックアップ(BaaS)の最も重要な機能で、スピード、柔軟性、セキュリティとクラウド復元機能であることを挙げています。

Acronis
Baas_solution

Tそうは言っても、これらの利点はソリューションから受け取るデータバックアップサービスが、信頼できるもので、説得力のある動機にすぎません。 実際、最近のAcronisの調査で、ビジネスユーザーは、安全性(保存されたデータを、完全な状態での復元する準備を整えている信頼できるバックアップとして定義する)がデータバックアップサービスの最も求められる機能であると報告しています。

Acronis
Backup-feature

バックアップの信頼性の実現には、ミッションクリティカルなデータを保護するデータバックアップサービスを選択する必要があります。選択したフォーマット、ボリューム、または保存先は何でも構いません。 データバックアップサービスを使用することで、ビジネスの個々のファイルやフォルダからサーバー全体に至るまで、必要に応じて、ほんの数分で復旧する準備ができているため、データの損失からデータを守れます。

さらに、ビジネスデータのバックアップサービスを使用することで、ITチームは自社のサーバーやストレージから、ビジネスデータのコピーを遠ざけることによってのみ可能となる極めて重要な保護層を獲得できます。 オフサイトのデータバックアップサービス、特にクラウドベースのデータバックアップサービスは、データ損失の最も一般的な原因(偶発的な削除やハードウェア障害)や 最も極端な原因(火事、洪水、その他の自然災害)からいくつかの問題の影響を軽減するのに役立つと同時に、保存データに対する極めて高いレベルのセキュリティを維持します。

データバックアップサービスに必要なマネージドサービスプロバイダ(MSP)

MSPにとって、上記のデータバックアップサービスのすべての利点は、MSPのビジネスの成功にとってさらに重要です。企業の事業継続性を維持するために、MSPが企業顧客のポートフォリオに対するITサービスの管理を担当している場合、信頼性と安全性の高いデータバックアップおよびリカバリサービスを提供することが重要です。

顧客を引き付け定着させるために、MSPは自社のサービス提供にビジネスデータバックアップサービスを含める必要がありますが、それだけでは不十分です。

MSPに最適なデータバックアップおよびリカバリサービスを見つけるには、サービス提供の統合と、顧客への実装を容易で収益性の高いものにする機能があることに必ず注目してください。 これらの最も重要なものは以下のとおりです。

オンサイトからクラウドへのバックアップ機能

最高のオンラインバックアップサービスは、さまざまなバックアップおよび復元オプションをサポートする効率的で安全なバックアップおよび復元機能を提供します。とはいうものの、KaseyaによるMSPの最近の調査では、オンサイトからクラウドへのデータバックアップサービスが世界中のMSPのウィッシュリストのトップにあることを示しています:そしてこの特定のデータバックアップサービスは、前年同期比で37%もの増加しています。

クラウドベースのオフサイトデータバックアップサービスは、すべての顧客のデータに対して高速データバックアップおよび復元サービスとエンドツーエンドの暗号化の両方を確実にする最良の方法の1つであるので、これは理にかなっています。クラウドベースのデータバックアップサービスの利点は、近年企業にとってますます明確になっています。 事実、75%の企業が現在、バックアップ計画にクラウドバックアップを含めています。MSPのお客様にとってクラウドの機能がいかに重要であるかを考えると、これらのリモートデータバックアップサービスがサービスを選ぶ上でのチェックリストの一番上にあるべきなのは明らかなことです。

既存のRMMおよびPSAツールとの統合

もちろん、顧客がデータバックアップサービスを通じて保護すると、厳密な目標復旧時間(RTO)を達成するためにこのデータを効率的に復元する必要があります。 また、このプロセス全体を通して、すべてのデータに対して安全な暗号化を使用し高レベルのデータ保護を維持するデータ転送サービス(転送中および保存中の両方)も必要です。

これらのニーズを満たすための最良の方法は、既存のリモート管理および監視(RMM)ツールおよびプロフェッショナルサービス自動化(PSA)ツールと統合するように事前設計された、データバックアップおよび復元サービスを組み込むことです。 これにより、シームレスな実装と既存のプロセスへの接続が保証されます。 データバックアップサービスは、原則としてすべてのRMMおよびPSAツールと統合することはできませんが、最良のオンラインバックアップサービスならできます。 投資するなら、迎え入れたものが仕事を単純化することを確実にするものにしましょう。

従量制ライセンス

MSPソフトウェア製品に含まれているすべてのサービスと同様に、顧客はデータのバックアップおよび復元サービスが従量制で利用できる場合、サービスへのアクセスに最も関心を持ちます。 このサービスにより、顧客の経費が節約されるだけでなく、簡単なデータバックアップサービスの利用状況追跡で毎月の請求が簡単になります。

さらに、この価格設定モデルを使用するデータバックアップおよびリカバリサービスを使えば、データバックアップサービスを顧客に提供でき、同じモデルを維持することが簡単になります。

データバックアップサービスホワイトラベリング

あなたのMSPが規模と評判が上がるにつれ、使うベンダのものとは別に自身のブランドを維持することが重要となります。 MSPのお客様向けに設計された一部のリモートデータバックアップサービスには、完全なサービスホワイトラベリングを通じて簡単にしています。

白ラベルのデータバックアップサービスを使用すると、専用のビジネスデータバックアップサービスの専門知識と信頼性を保ちながら、独自のブランドロゴ、色などに一貫性を保つことができます。 MSPにサービス提供に最高品質のサービスを追加とサービスを使用中に見たりきいたりする機会の両方が得られます。

完全な保護は単なるデータバックアップサービス以上のものを要求する

あなたがエンドユーザーかMSPのどちらかだとしても、データバックアップサービスは、偶発的または悪意のあるデータ損失が起こった時にも、ビジネスを生産的、安全、そして成功させるために欠かせません。

しかしながら、ビジネスがこれまで以上にデータに依存するようになり、サイバー脅威が日々巧妙化するにつれて、ビジネスデータのバックアップサービスは、もはや必要な保護を確保するのに十分ではなくなっています。今日のサイバーセキュリティとデータ保護に関するITの関心事を発展させるためには、サイバー保護という焦点にシームレスに接続する必要があります。

アクロニスは、安全性、アクセシビリティ、プライバシー、信頼性、およびセキュリティ(SAPAS)という5つのベクトルのサイバー保護のバランスをとり、データ保護とサイバーセキュリティの最も重要な目標を組み合わせて、可能な限り最も堅牢な防御を実現します。その取り組みの一環として、アクロニスは可能な限り包括的なソリューションを提供するためデータバックアップサービスを常に強化しています。その目的のため、数多くの革新的なビジネスデータバックアップサービスを開発しています。それはローンチしたばかりのスタートアップから、世界的に認知されているMSPや企業まで、企業固有のニーズを満たすように設計されています。

企業向けクラウド展開によるAcronis Backup

Acronis Backupは、世界で最も安全なデータバックアップサービスの一つであり、企業はあらゆる5つのサイバー保護ベクトルのバランスを取り、あらゆるデータ損失イベントを通じてビジネスの継続性を維持できます。 今日、Acronis Backupにより、企業は20を超えるプラットフォーム上のデータを保護し、いつでもどこでもデータを復元できます。

最高クラスのクラウドベースのデータバックアップサービスアドオンであるAcronis Cloud Storageを使用すると、ユーザーは個々のファイルからフォルダ、アプリケーション、またはシステム全体に至るまでをアクロニスクラウドで、あらゆるレベルのデータを保持し、さらに高い柔軟性、スピード、セキュリティを得られます。

Acronis Cloudに保存されているすべてのデータは、世界中の14以上のTier-IV設計およびSSAE-18準拠のデータセンターでサイバー犯罪者から安全に保持され、ユーザーがクリックするだけで入手できます。

MSP向けのAcronis Cyber Backup Cloud

Acronis Cyber Backup Cloudは、世界をリードするハイブリッドクラウドのサービスとしてのバックアップソリューションで、 仮想、物理、またはクラウドで使える、先行投資コストがゼロで、投資収益率に早く到達できるように設計された、従量制の簡単なビジネスモデルを備えた、ユーザーがあらゆる環境を保護できるようにするデータバックアップサービスです。

無限の柔軟性とスケーラビリティをサポートするためにAcronis Cyber Backup Cloudは、オンプレミスの保存先、およびAcronis Cloud Storage、Google Cloud、Microsoft Azure、AWSなどのさまざまなクラウドストレージ、つまり独自のデータセンターとサードパーティのデータセンターの両方の保存先に対する独自のワークロードおよびバックアップ機能の保護を提供します。

これらのソリューションを導入することで、ITチームは必要に応じてすべてのワークロードを合理化、サポート、および保護するデータのバックアップとリカバリのサービスを受けることができます。さらに、シームレスなIT防御、つまりサイバー保護に向けた重要な一歩を踏み出せます。

さらに詳しく知りたい方は、Acronis BackupまたはAcronis Cyber Backup Cloudの無料トライアルをリクエストして、データバックアップサービスが、どのように役立つかをご確認ください。

アクロニスのその他の情報